FXをしているとNDD方式とDD方式という2つの注文処理方式があることを知ることになります。DD方式もNDD方式もどちらがいい悪いということはありません。しかしNDDとDD方式を知っていくと今後はA-bookとB-bookという言葉に出くわすことがあります。

NDD方式の業者=A-bookでありDD方式の業者=B-bookであると解釈されやすいですが実はそういうことではありません。

今回はA-bookとB-bookについてしっかり理解するとともにNDD方式とDD方式についてもさらに深く解説していきます。

関連記事:【誤認識多すぎ!】DD方式=呑み業者じゃない!NDDとDD方式について詳しく解説

A-bookとB-bookの間違った認識

NDDとDD方式の記事のサムネイル

A-bookはNDD方式を採用してくれている業者でB-bookはDD方式の呑み業者であるという間違った認識がまかり通っていますが実はA-bookだからと言ってNDD方式というわけでもなければB-bookだからと言って呑み業者であるということでもありません。

実はA-bookというのは『カバー先(インターバンク市場)に注文を通すこと』を指します。つまりDD方式の業者でもカバー先に注文を投げていればA-bookであるということができます。

反対にNDD方式でもB-bookであることもあります。B-bookとは『カバー先(インターバンク市場)に注文を通さないこと』を指します。

大手海外FX業者の中にはNDD方式を明言しているにも関わらずB-bookであることも多々あります。

それは利用者間でのマリー方式を採用することで約定率の向上とFX会社の取引手数料の増加をはかることができるからです。

NDDと言っておきながらB-bookなんて嘘じゃないかと思うかもしれませんがあくまでもカバー先に注文を通すこともあれば利用者同士でマリーができればそうするプログラムになっているサーバーもあるのです。

関連記事:インターバンク市場って何?初心者向けに丁寧に解説してみた

関連記事:マリー方式ってどんな仕組み?私たちの資産は呑まれないのか?

A-bookとB-bookの正しい認識

先ほども言ったようにA-bookとB-bookの違いとは『カバー先に注文を流すかどうか』という点で異なります。

NDD方式の場合はSTPとECNの両方ともインターバンク市場に注文を通すためA-bookと言われますが肝心なのはDD方式の海外FX業者がB-bookかどうかということです。

DD方式の海外FX業者の顧客の注文処理の方法は
・顧客の注文を呑む(Win-Loseの関係)
・顧客の注文を市場に通す(Win-Winの関係)

この2つの方法がありますがDD業者だとしても顧客の注文をインターバンク市場に通す場合にはA-bookということができます。

DD方式のFX業者=B-bookという認識が出てきてしまったのは『DD業者が顧客の注文を市場に通りしてるかどうかはブラックボックスだから』です。

私たちが理解できるのはFXブローカーのところまででありFX業者から先のカバー先にどのように注文が流れているのかは知ることができません。

私たちの注文が呑まれているかどうかは利用者にはわからないのです。

関連記事:NDD方式にも意外なデメリットが?!知らなきゃ損するNDD方式のデメリット

B-bookの海外FX業者の特徴

B-bookの判断基準

B-bookの海外FX業者の特徴を解説していきます。

公式HPでNDD方式を明言しているにも関わらずB-bookである可能性があるので今回はそれを見抜くための3つのポイントを解説していきます。

スキャルピングを嫌がるか

まずB-bookの業者はスキャルピングを嫌がります。

例えマリー方式ができるほど利用者が多いとしても1日に何十〜何百回とスキャルピングをされればマリー方式でも対応できずカバー先に頼む必要があります。

B-bookの業者であればインターバンク市場に注文を流していないのであまりにも膨大な注文は呑むしかありません。

呑んだ場合は利用者が勝つとFX業者は負けます。

関連記事:DD方式のメリットは?少額トレーダーは意外とDD方式の業者の方が有利だった!?

ボーナスをつけているか

基本的にボーナスというのは2つの方法で付与されます。

・自腹でボーナスをつける
・あるはずのない架空のお金を付与する

この2つの方法がありますがB-bookの中でも呑み業者の場合は『あるはずのないお金を付与する』タイプです。この場合誰でもありえない金額のボーナスをもらうことができます。例えば口座開設をするだけで数万円のボーナスをもらうことができ、そしてハイレバレッジで取引できるようにする。というタイプです。

次に自腹でボーナスをつけるのはFX業者がマーケティングの一環として自腹でボーナスを付与していることになります。例えば入金額に対して5〜10%程度のボーナスを付与しているのはその極端な事例でしょう。

この程度のボーナスをつけているところはA-bookで市場に流していることが多いです。

大口取引を嫌がる

B-bookの業者は大口取引を嫌がります。というのもほとんどの海外FX業者がマリー方式できるほどの利用者を抱えていないのが現状であまりに大口取引をされると注文を呑むしかないのです。その場合先ほども言ったように顧客に万が一大口取引で勝たれてしまったら自社のポケットマネーから支払わなければならないリスクを背負うことになります。

またこのような場合B-bookの業者はレバレッジを高く提供しているので10万円の証拠金しかない人が10Lotの取引をしてきたとしたら呑むとしてもFX業者の呑み分は最大10万円。1000Pips(1円)勝たれた時点で100万円の出費になります。

つまりB-bookの業者はリスクとリターンが合わないので大口取引を嫌う傾向にあります。

このような場合海外FX業者の利用規約において『大口取引のスキャルピングは事前に申請をしてください』と書かれていることが多いです。

A-bookの海外FX業者の特徴

A-bookかどうかを判断するポイント

では今度はA-bookの海外FX業者を見分けるための3つのポイントを解説します。

レバレッジ制限が200万円程度

A-bookの海外FX業者を見分けるポイントとしてはレバレッジ制限があるかどうかです。ほとんどの海外FX業者は証拠金によってレバレッジ制限をかけていますが基本的には200万円以上の証拠金で200倍のレバレッジ制限がされることがほとんどです。

1000万円で1000倍のレバレッジで取引をするとなると100億円分の取引を可能にするということですが実際にインターバンク市場で100億円を一人の利用者が取引するというのは不可能です。

またレバレッジを提供しているのはFXブローカーかもしくはカバー先ですがレバレッジをあまりに高くしてしまうとマイナス残高が発生する可能性が高くなります。

ゼロカットを提供している場合はその赤字を負担する必要があるのであまりにハイレバレッジでA-bookでやってしまうとそれだけFX業者とカバー先がリスクを犯すことになってしまいます。

したがってA-bookの特徴としては証拠金が200万円程度になるとレバレッジが100〜200倍程度に抑えられるのが特徴です。

関連記事:FXのカバー先ってなんの役割があるの?実は日本の超一流のあの企業もカバー先だった!

EAやスキャルピングがOK

A-bookのビジネスモデルは『手数料商売』です。

A-bookの場合は利用者が取引をしてくれればしてくれるほど取引手数料が大きくなります。それだけ自社の利益が大きくなるのでスキャルピングを歓迎することがほとんどです。

B-bookの場合は市場に注文を通していないのであまりにスキャルピングをされるとマリー方式では間に合わず自社で注文を呑まなければならなくなります。

呑んだ場合はレバレッジを効かせているのでFX業者のリスクリターン的には割りに合わないことは先ほど説明しました。

B-bookはスキャルピングを嫌いますがA-book(インターバンクにつないでいるところ)はスキャルピングをしてくれればしてくれるほど取引手数料が発生するので歓迎するのです。

関連記事:EA取引をするなら絶対にSTPの口座でやるべき理由とは

大口取引がOK

A-bookの場合先ほどお伝えした通り手数料商売になります。

この取引手数料というのは『取引回数×取引量』のことです。

仮にドル円のスプレッドが1.0Pipsの場合、顧客が1Lotの取引をするとFX会社には1000円の手数料が入ります。

10Lotの取引をすると10,000円の取引手数料が入ります。A-bookでの取引手数料というのは取引回数だけでなく取引量にも関わってくるため大口取引も歓迎するのがA-bookの海外FX業者の特徴です。

カバー先を明確にしているか

最もわかりやすい事例としてはTitanFXが自社のカバー先を明確に公開しているのですがこのようにカバー先を公開しているかどうかがA-bookかどうかわかりやすい事例でしょう。

海外FX業者の中にはNDD方式でA-bookですよと明言しているにも関わらずLP(カバー先)を明確にしていないことがほとんどです。多くの会社がカバー先との契約上、名前を出すことができないと言いますがカバー先を公開しているFX業者がある以上、カバー先の名前を開示してはいけないという契約を巻いているかどうかというか怪しいところです。

自分が取引をしている海外FX業者がA-bookかどうかを確認する場合には

カバー先を公開しておりスキャルピングや大口取引を歓迎しているかどうか、レバレッジ制限は理にかなっているかどうかを確認することが大切です。

関連記事:少額トレーダーこそDD方式の呑み業者を利用するべき3つの理由

完全A-bookで取引する場合はMT4ではダメ!

もしあなたがB-bookだと怖いというのであればMT4を利用することはやめたほうがいいでしょう。MT4はレベルクオーツ1であり取引板は見ることができません。

本当にインターバンク市場の売買板に注文を通したいというのであればMT4ではなくcTraderやCurrinexのようなガチガチの裁量トレーダーが利用するレベルクオーツ2のFX取引プラットフォームを利用するべきでしょう。

cTraderやCurrinexで取引をすると板情報がリアルタイムで見ることができ刻一刻と変動する板に注文を直接ぶつけていきます。

ECN方式に近いので一定の取引手数料はかかりますがまだまだ世界中で利用されているのはMT4が主流なのでこれらの取引プラットフォームを利用する場合にはデモ口座から始めるのがいいでしょう。

cTraderやCurrinexを提供し、完全A-bookとして定評のある2社を紹介します。

TradeView

TradeViewのHP

TradeViewは2010年から営業を開始している海外FX業者ですがNDD方式で透明性のある海外FX業者として非常に有名です。

日本のマーケット進出はしていないので日本人にとってはあまり知名度がないように思えるかもしれませんが海外FXの世界最大の口コミサイトであるFPA(Forex Pease Army)では3.855という評価を受けています(XMが3.0の評価)。

TradeViewの最大レバレッジは500倍ですが口座によって変動します。1000万円を超えると100倍にレバレッジが制限されるものの低スプレッドと高約定率は全世界のトレーダーに人気となっています。

Axiory

Axioryctraderの画面

AxioryもA-bookとして評判が高い海外FX業者です。最大400倍のレバレッジと99.98%の注文が1000分の1秒以内に約定されるという公正な取引環境を提供しています。

TradeViewと同じくcTraderとCurrinexも提供しているのでレベルクオーツ2の取引環境で取引をすることができます。MT4に慣れている場合は数日程度はデモ口座や取引プラットフォームを吟味する必要があるのでしょう。

私も実際に使ってみましたが直感的に操作でき動作スピードもサクサクを動いていたので裁量トレードをするのであればこれらの取引プラットフォームで完全A-bookで取引するのもいいのではないでしょうか。

関連記事:Axioryの評判は?実際に利用してみてわかった強みと弱み

関連記事:Axioryの4つの口座タイプを徹底検証!実際に利用するべきオススメ口座を紹介します

A-bookとB-bookについてまとめ

A-bookだから安心。B-bookだからのみ業者で危険ということはなくA-bookかB-bookかというのはそのFX業者がカバー先に注文を通しているかどうかという点で異なります。

NDD方式を採用しているFX業者でもマリー方式をしていればそれは市場に注文を通していないのでB-bookということができますし、DD方式の業者でも顧客の注文を約定した後にカバー先と決済していればA-bookということができます。

もしA-bookの取引環境でやりたいというのであればMT4を利用している以上私たちの注文が本当に市場に通っているのかどうかは明確にはなりません。

MT4はレベルクオーツ1なので取引板は見ることができません。注文が呑まれているかもしれませんし市場に通されているかもしれません。

自分が利用している海外FX業者がA-bookかどうかは先ほど解説したポイントをじっくりと検証し判断してみてください。

もしA-bookで取引をするのであればTradeViewやAxioryのようなcTraderなどを提供しているFX業者を利用するのも手でしょう。

関連記事:【FX業界の黒い闇】なぜほとんどのFX業者はDD方式を採用するのか

海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事