今回はこれからAxioryを実際に利用して行こうと考えている人に向けてAxioryを実際に利用している管理人がそれぞれの口座タイプを徹底的に比較検証していきながら経験値を踏まえてそれぞれの口座タイプにオススメな人を紹介していきます。

この記事のまとめ
・Axioryの口座タイプは4種類
・大きく分けてスタンダード口座とナノスプレッド口座の2種類
・取引プラットフォームはMT4とcTraderから選択する
・追加口座開設ができるため迷った人はまずはスタンダード口座を選択しよう

Contents

Axioryの口座タイプは4種類

Axioryの取引口座は4種類

Axioryの口座タイプは厳密に分けると以下の4つの口座タイプに分けることができます。
MT4スタンダード口座
・MT4ナノスプレッド 口座
・cTraderスタンダード口座
・cTraderナノスプレッド 口座
 スタンダード口座
(MT4)
スタンダード口座
(cTrader)
ナノスプレッド口座
(MT4)
ナノスプレッド口座
(cTrader)
注文処理方式STP方式STP方式ECN方式ECN方式
取引プラットフォームMT4cTraerMT4cTrader
最大レバレッジ400倍400倍400倍400倍
レバレッジ制限10万ドル未満:400倍
10〜20万ドル:300倍
20〜30万ドル:200倍
10万ドル未満:400倍
10〜20万ドル:300倍
20〜30万ドル:200倍
10万ドル未満:400倍
10〜20万ドル:300倍
20〜30万ドル:200倍
10万ドル未満:400倍
10〜20万ドル:300倍
20〜30万ドル:200倍
最低入金額200$〜
(約2万円〜)
200$〜
(約2万円〜)
200$〜
(約2万円〜)
200$〜
(約2万円〜)
取扱商品FX:61種類
株指数:10銘柄
貴金属:4種類
エネルギー:3種類
FX:61種類
株指数:10銘柄
貴金属:4種類
エネルギー:3種類
FX:61種類
株指数:10銘柄
貴金属:4種類
エネルギー:3種類
FX:61種類
株指数:10銘柄
貴金属:4種類
エネルギー:3種類
口座通貨JPY(日本円)
USD(米ドル)
EUR(ユーロ)
JPY(日本円)
USD(米ドル)
EUR(ユーロ)
JPY(日本円)
USD(米ドル)
EUR(ユーロ)
JPY(日本円)
USD(米ドル)
EUR(ユーロ)
口座開設費無料無料無料無料
最小注文単位1,000通貨〜1,000通貨〜1,000通貨〜1,000通貨〜
売買手数料6$/1往復Lot6$/1往復Lot
ロスカット水準20%20%20%20%
ゼロカット
両建て
EA取引
スプレッド変動制変動制変動制変動制
取引時間(夏時間)月曜午前06:04
〜土曜午前05:58
月曜午前06:04
〜土曜午前05:58
月曜午前06:04
〜土曜午前05:58
月曜午前06:04
〜土曜午前05:58
取引時間(冬時間)月曜午前07:04
〜土曜午前06:58
月曜午前07:04
〜土曜午前06:58
月曜午前07:04
〜土曜午前06:58
月曜午前07:04
〜土曜午前06:58
信託保全
ボーナス

大きく分けるとスタンダード口座とナノスプレッド口座の2種類

Axioryの口座タイプは厳密には4種類ありますが大きく分けるとスタンダード口座とナノスプレッド 口座の2つしかありません。

スタンダード口座とナノスプレッド 口座のそれぞれがMT4とcTraderの取引プラットフォームから選択することができるため厳密に言うと4種類の口座タイプとなります。

関連記事:Axioryの証拠金によるレバレッジ制限や規制まとめ

Axioryスタンダード口座の特徴

Axioryのスタンダード口座(MT4スタンダード口座,cTraderスタンダード口座)の方の特徴から見ていきましょう。

スタンダード口座の特徴は以下の3つの点でナノスプレッド 口座とは異なります。

・STP方式
・売買手数料なし
・スプレッドがナノスプレッド口座よりも若干広め

スタンダード口座はSTP方式

STP方式の図解

AxioryのMT4スタンダード口座とcTraderスタンダード口座はどちらもSTP方式を採用しています。

STP方式とはStraight Through Processing方式といいAxioryが一度顧客の注文を約定して市場に流すNDD方式の1つの注文処理方式です。

Axioryが顧客の注文を約定すると言ってもディーラーがいるわけではなくサーバーが自動で処理するためAxioryのディーラーの裁量が入ることは一切ありません。

この時インターバンク市場から仕入れたレートにAxioryがスプレッドを若干上乗せして提供するためAxioryとしても売買してもらえばしてもらえるほど手数料が入るWin-Winの関係値になります。

スタンダード口座は売買手数料なし

スタンダード口座の場合は売買手数料がないためスプレッド分が取引コストとして発生します。

スプレッド分しか取引コストがないため初心者にとっては非常にシンプルでわかりやすくなっているでしょう。

スプレッドは若干高め

AxioryのECN口座と比較するとスタンダード口座の方が若干スプレッドは広くなっています。

と言うのも利用者が直接インターバンク市場で売買するECN方式に対してAxioryが顧客の注文を一度約定するSTP方式は相場が急変した際にスプレッドがあまりに狭いとマイナスになる可能性があるからです。

サーバーが顧客の注文を約定し、カバー先に流すその一瞬でレートが急変するとAxioryの損失になることもあり若干スプレッドは広めに設定されています。

スプレッドが広めに設定されていると言ってもAxioryのECN口座と比較した場合であって他の海外FX業者のスタンダード口座と比べるとAxioryのスタンダード口座のスプレッドは狭いです。

ナノスプレッド 口座の特徴

スタンダード口座とは対象にナノスプレッド 口座があります。

ナノスプレッド 口座の特徴としては以下の3つの点が挙げられます。

・ECN方式
・売買手数料が6$/Lot
・スプレッドは最小0.0pips〜

ナノスプレッド口座はECN方式

ECN方式の図解

Axioryのナノスプレッド口座はECN方式を採用しているNDD方式の口座タイプです。

FX業者が注文に介在するSTP方式とは異なりECN方式の場合は利用者がインターバンク市場で直接的に金融機関と売買することができます。

プラットフォームを提供しているAxioryは取引に一切介在しないためSTP方式よりも透明性の高い取引環境でトレードすることができます。

Axioryとしても手数料を徴収しなければただのボランティアになってしまうため売買ごとに一定の外付け手数料を徴収しています。

売買手数料は1往復ロットに対して6$

Axioryのナノスプレッド 口座のかかる売買手数料は1往復ロットに対して6$かかります。これは実質的に0.6pipsになるため表面スプレッドとは別に1ロットに対して6$の売買手数料がかかることに注意しなければなりません。

0.1ロットの場合は0.6$(約60円)、0.01ロットの場合は0.06$(約6円)しか売買手数料がかからないためスプレッドと売買手数料を足した取引コストでもスタンダード口座よりもナノスプレッド 口座の方が取引コストは安くなります。

スプレッドは最小0.0pipsとスタンダード口座より圧倒的に狭い

スタンダード口座と比べてナノスプレッド 口座の場合スプレッドは圧倒的に狭くなっています。

ナノスプレッド 口座の最小スプレッドは0.0pipsからで最小取引コストは売買手数料の6$(0.6pips)だけということすら多々あります。スタンダード口座と比べるとナノスプレッド 口座の方が表面スプレッドやトータル取引コストの面で有利になっているため売買頻度の高いスキャルピングトレーダーや1回の取引量の多いトレーダーなどは取引コストが節約されるでしょう。

またこの売買手数料は経費にもなるため資金量の多いトレーダーや専業トレーダーなどで節税に困っている人には大変オススメです。

MT4とcTraderの違い

MT4とcTraderの違い

ではAxioryのスタンダード口座とナノスプレッド 口座の違いについて見てきました。しかしこれらの2つの口座タイプは両方ともMT4にもcTraderにも対応しています。

MT4とcTraderの違いはなんなのか。MT4を実際に利用している人は多いと思いますがcTraderを採用している海外FX業者は少なくなかなか利用してことがないという人も多いと思います。

 MT4cTrader
開発会社MetaQuotes社
(ロシア)
Spotware System社
(イギリス)
対応海外FX業者ほぼ全てTradeview
Axiory
FXPro
時間足9種類14種類
通貨ペアを探す煩雑簡単
板情報の閲覧×
動作速度△(ゆったり)○(サクサク)
EAの豊富さ多いほぼない
EAの開発言語MQL4cAlgo
一括決済×
部分決済
ワンクリック注文可能可能
両建て可能可能
注文方式STP・ECNECN
経済カレンダー×
対応プラットフォームWebトレード
モバイルアプリ
パソコンアプリ
Webトレード
モバイルアプリ
パソコンアプリ

MT4とcTraderを比較検証しながら違いを解説していきます。

MT4とcTraderの比較項目

・板情報が観れるかどうか
・自動売買トレードの有無
・開発会社
・トレード機能

関連記事:AxioryのMT4ダウンロード方法から通貨ペア表示まで

板情報が見れるcTrader、板情報が見れないMT4

cTraderの第一の特徴と言えば『株式取引と同じように板情報を見ながら取引することができる』ということです。

MT4では市場の板情報が見れないため本当に自分の取引がNDD方式として流されているのかは明確ではありません。

しかしcTraderであれば市場の売買状況がリアルタイムでみれてその板に当てて注文を出していきます。

cTraderにMT4のEAは導入できない

cTraderは裁量トレーダー向けに開発されたFX取引専用プラットフォームです。

カスタマイズ性に優れたMT4とは異なりEAやカスタムインジケーターのために作成されたというよりも裁量トレーダーがより活躍できるものとして作成されています。

開発会社がそもそも違うということもありMT4で稼働させているEAがcTraderに導入することができるかと言えばそうではありません。

MT4はMQL4言語で開発されたソフトウェアが機能しますがcTraderの場合はcAlgoという開発言語を利用します。それぞれの取引プラットフォームでしか稼働することがないのです。

cTrader上で稼働する自動売買システムやカスタムインジケーターはまだ世界的にエンジニアも足りていないということもありMT4を利用した方がEAやカスタムインジケーターの導入は簡単ですし種類も豊富にあるというのが現状です。

開発会社が違う

MT4の開発会社はロシアのメタクオーツ社ですがcTraderの場合はロンドンのSpotware System社が開発しています。

1998年からFXの取引プラットフォーム会社として活躍してきたメタクオーツ社は今では海外FX業者の取引プラットフォームのスタンダードとなっています。

反対にcTraderを開発しているロンドンのSpotware System社はメタクオーツほど歴史はないものの新興企業にして早くも大手海外FX業者に採用されてきているため今後も知名度とcTraderの取引プラットフォームは広まっていくことでしょう。

トレード機能が違う

cTraderは複数ポジションを持っていてもポジションの一括決済をすることができます。また売りと買いの両方のポジションを複数ずつ保有していたとしてもどちらか一方のポジションだけを一括で決済したりとMT4にはない機能を持ち合わせています。

また時間足もMT4が9種類なのに対してcTraderは14種類の時間足を揃えています。特に短期足は豊富にありデイトレーダーやスキャルピングトレーダーのように短期間で売買を繰り返すトレーダーにとっては様々な時間足から相場を分析することができるためテクニカル分析がより鮮明になるでしょう。

Axioryの4つの口座タイプの共通点

4つの口座タイプの共通点

Axioryの口座タイプはまずスタンダード口座とナノスプレッド 口座に分かれます。

その後MT4を利用するかcTraderかを選択することによって合計4つの口座タイプに分かれますが、それらの4つの口座タイプでも共通している点が多くあります。

MT4とcTrader口座の共通点
・取引商品数
・レバレッジとレバレッジ制限
・最低入金額
・信託保全
・ロスカット水準
・ゼロカット
・ボーナスなし

取引商品数はどの口座タイプも変わらない

Axioryではどの口座タイプを選択したとしても取扱商品が少なくなったり増えたりすることはありません。

FX:61種類
貴金属:4種類
エネルギー:3種類
株式指数:10種類

全ての口座タイプでこれらの取引商品をトレードすることができます。

最大レバレッジとレバレッジ制限はどの口座タイプも一緒

Axioryではどの口座タイプを選択しても最大レバレッジは400倍です。

またレバレッジ制限もどの口座タイプを選択したとしても1000万円まで超えない限り最大400倍のレバレッジで取引することができます。

レバレッジの制限や規制、その他確認方法などに関してはこちらの記事に詳しく記載してありますので気になる方はこちらの記事をご覧ください。

最低入金額はどの口座タイプも200$〜

どの口座タイプも最低入金額は200$(約2万円)からとなっています。Axioryでは合計7つの入金手段が用意されていますが2万円未満の場合入金できないわけではありませんが入金手数料を1,500円徴収しています。

この入金手数料は口座タイプにかかわらずかかるものであるためあらかじめ気をつけるようにしておきましょう。

関連記事:Axioryの入金方法はCurfexがダントツオススメ!その理由と使い方とは

どの口座タイプも信託保全付き

Axioryではどの口座タイプを選択してもAxioryの資産とは認識されず私たちの入金額は信託保全付きでしっかりと管理されています。

Axioryは海外FX業者としては珍しく顧客の資産を信託保全しているためAxioryが万が一倒産ということになったとしても利用者の入金額は保全され、返金される制度になっています。

またAxioryはFinancial Commissionに加盟したこともあり投資家とブローカー(Axiory)の間で問題が発生した際にはこのブローカーとの問題を専門的に取り扱う機関に申請をすることによって紛争解決の手段を利用者が行使できるようにしています。

ロスカット水準は口座タイプにかかわらず維持率の20%

Axioryのロスカット水準はスタンダード口座でもナノスプレッド 口座でも全て証拠金維持率が20%未満になると発生します。MT4の取引プラットフォームを利用していてもcTraderを利用していても関係なしに証拠金維持率が20%で損切りです。

全ての口座タイプは追証なしのゼロカット

追証なしのゼロカットリスクは最大入金額まで

Axioryは全ての口座タイプに対して追証なしのゼロカットを提供しています。

全ての口座で最大400倍のレバレッジで取引することができますが相場が急変してロスカットが間に合わずにマイナス残高を出してしまったとしても入金額以上の損失はAxioryが補填してくれるため利用者は追証になることがありません。

スタンダード口座でもナノスプレッド 口座でも関係なく全ての口座タイプが追証なしのゼロカットが適用されます。

取引プラットフォームの選択方法

取引ツールの選択方法

Axioryで口座タイプを迷う場合はまずは自分がMT4とcTraderのどちらの取引プラットフォームを利用するかを決めるのがいいでしょう。

管理人はMT4もcTraderもどちらも利用してきた経験上以下のような人にそれぞれの取引プラットフォームがおすすめです。

・MT4がオススメな人→EAトレードや複数の海外FX業者で口座を1活で管理したい人
・cTraderがオススメな人→裁量トレーダーで取引プラットフォームが別でも使いこなせる人

EAを使って取引したり他の海外FX業者も利用している人はMT4がおすすめ

自動売買システムはMT4で稼働するように作成されている(MQL4の言語で開発されている)ものが多いためcTraderの取引プラットフォームではEAは稼働しません。

自分が利用したいEAがMT4で稼働するように作成されているのであればMT4の取引プラットフォームを利用するしかありません。

cTraderでもEAで取引することは可能ですが開発言語が違い、またcTrader自体採用している海外FX業者やエンジニアが少ないことからEAがあったとしても英語だったり購入までが難しかったりとわざわざcTraderで自動売買をする意味はありません。

MT4はAxiory以外の海外FX業者の口座も一括で管理することができるため色々な海外FX業者を利用している場合にはMT4で管理した方が楽だという人はMT4を利用した方がいいでしょう。

裁量トレーダーの場合はcTraderを選択

複数海外FX業者を利用しているけどそれぞれ管理することができるという人であればcTraderをオススメします。また裁量トレーダーであればなおさらcTraderがオススメです。

MT4とcTraderを比較しても裁量トレーダー向けの完全ECNの取引環境で作成されているcTraderは時間足やテクニカルインジケーターが豊富に備わっており板情報がリアルタイムで閲覧できるためテクニカル分析と合わせて市場分析が鮮明になります。

これはMT4にはできないことでありcTraderの特権ともいえるでしょう。

取引プラットフォームが変わっても自分で操作方法を学習しながらトレードしてくという専業トレーダー気質のあるからはcTraderがオススメですが、副業程度でFXをやっている人やEAでのトレードをメインにしている人はわざわざcTraderを利用する意味はないといえるでしょう。

取引口座タイプの選択方法

では取引プラットフォームを決定した後には口座タイプを選択する必要があります。

スタンダード口座とナノスプレッド 口座のどちらかを選択することになりますが管理人としては以下の人がそれぞれの口座タイプにオススメです。

・ナノスプレッド口座→売買頻度や取引量の大きい人
・スタンダード口座→初心者やデイトレーダーのように売買頻度が少ない人

売買頻度の高い人はナノスプレッド口座

スキャルピングトレーダーや1回の取引量が大きな資金量の多いトレーダーは多少のスプレッド差はトレード利益に直結してきます。ナノスプレッド 口座とスタンダード口座の1回あたりの取引にかかるコスト差は微々たるものかもしれませんが回数をこなせばそのスプレッドの微々たる差額が相当な金額になってくることになります。

売買頻度の高いスキャルピングトレーダーや資金量が大きく、売買手数料を経費にしていきたいというトレーダーはナノスプレッド 口座を選択するのがいいでしょう。

初心者やデイトレーダーのように売買頻度の低い人はスタンダード口座

上記で解説したように売買頻度が多い場合はスプレッド差が相当な金額に積み重なってしまいますが1日に数回程度のトレードのデイトレーダーやスイングトレーダーのように売買頻度の少ない人はAxioryのスタンダード口座でも取引コストにそこまで大きな差は出ません。

またFX初心者の場合は売買手数料が発生しないスタンダード口座の方がMT4の表記もシンプルなので最初はスタンダード口座で始めた方がわかりやすいと思うためオススメです。

いずれにせよ最初にスタンダード口座を選択してもナノスプレッド口座を選択したとしても後から追加口座開設をすることができるため気に入らなければ追加口座開設をして新しい取引プラットフォームや口座タイプを試してみるのがいいかと思います。

Axioryの口座タイプに関するよくある質問

口座タイプに関するよくある質問

Q:口座開設費用はかかりますか?

A:かかりません。

Axioryで口座開設に費用はかからず完全無料で口座開設をすることができます。

関連記事:Axioryの口座開設方法を画像で1つずつ丁寧に解説

Q:口座の維持手数料や継続費用はかかりますか?

A:かかりません。

Axioryでは口座維持手数料がかからないため口座を放置したからといって手数料を支払わなければならないといったことがありません。

Q:口座開設後に口座タイプの変更はどうすればいいですか?

A:開設した口座のタイプを変更することはできないので追加口座を開設しましょう。

Axioryで口座を開設したらその口座のアカウントタイプを変更することはできないので追加口座開設をして口座を増やすしかありません。使わなくなった口座は削除しても放置していてもどちらでも構いません。

関連記事:Axioryの追加口座開設の手順とメリットを画像でわかりやすく解説

Q:Axioryでスキャルピングは認められていますか?

A:認められています。

Axioryではスタンダード口座もナノスプレッド口座ともにスキャルピングが認められています。取引回数の制限やポジションの保有時間などに上限はありません。

Q:AxioryでEA取引は認められていますか?

A:認められています。

AxioryはNDD方式のため取引頻度の高いEA取引の方が手数料が発生します。EA取引を認めているためMT4やcTraderにEAを当てはめて取引することが可能です。

Axioryの口座タイプまとめ

Axioryではスタンダード口座とナノスプレッド口座の2つの口座タイプがありますがそれぞれMT4とcTraderに対応しているため厳密には4つの口座タイプに分類することができます。

どの口座タイプを利用するかは自分自身のトレードスタイルや証拠金の大きさなどと相談しながら検証していくといいでしょう。

先述したようにAxioryは追加口座開設ができるため悩んでいる人はまずはMT4のスタンダード口座を作成し、実際に取引をしてみてからナノスプレッド 口座やcTraderなどの口座を追加で作成していけばまず間違い無いでしょう。

関連記事:Axioryで追加口座開設をする方法と4つの有効利用方法とは

関連記事:Aixoryが過去に提供してきたボーナス一覧と来年のボーナスに備える方法を紹介

海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事