両替サムネイル














ビットウォレット内部で法定通貨を両替する方法や手数料レートを徹底検証!

Bitwalletはシンガポールの法人が提供するオンラインウォレットですが主に海外FXへの入出金手段として利用されています。

しかしそれ以外にも個人間送金やウォレット内での両替など多くの機能を有しているため海外FX以外にも国内外での送金のやりとりがある方は1つは持っておきたいウォレットです。

今回はBitwallet内で法定通貨や仮想通貨の両替に関して手数料や気をつけるべきことなどを徹底的に解説していきます。

関連記事:Bitwalletって使う意味ある?調べてみたら超使えるサービスだった

法定通貨の両替をする方法

まずBitwalletのマイページにログインします。まだBitwalletの口座を開設していない方は以下の記事にてBitwalletの口座開設方法をまとめてありますのでご覧ください。

関連記事:Bitwalletの口座開設方法を画像を使って超わかりやすく解説してみた

ビットウォレット両替

①画面左下にある『両替・交換・売却』というところをクリックします。

②何を両替するのかを選択します。

Bitwallet内で両替可能なものは
・法定通貨(米ドル/日本円/ユーロの3通貨)
・仮想通貨(BTC/BCH/BTD/ETH/XRP/LTCの5通貨)

③両替する通貨と金額、そして両替後の通貨を入力します。

これらの入力が終わったら『計算スタート』をクリックします。

日本円から米ドルへの両替

両替後の金額が出てくるので問題なければ『変換する』をクリックします。

両替元の通貨と両替先の通貨を選択

①両替元の通貨を選択
②両替先の通貨を選択
③両替する元の通貨を入力

例)日本円から米ドルへ600円の両替をする場合の記入例
①両替元の通貨:JPY(日本円)
②両替先の通貨:USD(米ドル)
③両替する元の通貨:移動元の金額/600JPY

入力が完了したら『ご入力内容の確認』をクリックします。

セキュアーIDの入力

最後に両替金額と両替後のレートを確認したらセキュアIDを入力します。

セキュアIDとはログインパスワードとは異なります。
マイページから確認することができますが確認方法は後ほど解説します。

最後に『両替する』をクリックすれば両替が完了になります。

両替後の写真

現在のウォレット残高の欄に両替した金額が載っていれば完了です。

両替完了後のメール

最後にメールにて両替の詳細が届いたことを確認しましょう。

セキュアIDの確認方法

BitwalletのセキュアID確認方法

セキュアIDを確認する場合は
クライアントメニュー>ご登録情報・設定>セキュリティ情報>セキュアID』から確認することができます。

マイページ内だとしてもセキュリティ上見ることはできないので忘れてしまった場合には『リセットする』もしくは『メールで送付する』を選択します。

私がセキュアIDを忘れてしまった時にメールで送付するよりもリセットの方が早かったので早くセキュアIDが欲しい場合にはリセットの方を選択するといいでしょう。

セキュアIDとは
ログインパスワードとは別に送金などの重要な操作をする際に必要となるパスワードになります。第三者に知られることがないようにしましょう。
セキュアIDのリセット完了画面
セキュアIDをリセット申請すると自動返信メールにて新しいセキュアIDが届きます。この情報をもとに送金や両替をしましょう。
セキュアIDは非常に大切なパスワードになるので第三者に見つからない方法で保管するようにしましょう。


海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事