CryptoGTは2018年6月にキプロスに設立された

仮想通貨を最大500倍のレバレッジをかけて取引できる海外FX業者です。今はまだBitMEXほどの利用者はいませんが今後圧倒的なサービスとともにBitMEXを抜いていくであろう新興海外FX業者であることは間違いありません。

今回はCryptoGTをこれから利用しようと検討している人に向けてCryptoGTの強みと弱みを簡潔にまとめていきます。

この記事をざっと読んでいただければCryptoGTの特徴を理解するとともに他の仮想通貨FX取引所との違いが理解できるようになります。

CryptoGTの強み
・仮想通貨取引が最大レバレッジ500倍
・追証なしのゼロカットシステム
・豊富なボーナス制度
・58種類の仮想通貨ペア
・入金できるコインが豊富
・入出金手数料無料
・24時間365日取引が可能
CryptoGTの弱み
・ロスカット水準が高い
・日本円入金ができない
・証拠金取引のみ

CryptoGTの7つの強み

仮想通貨を最大500倍のレバレッジで取引ができる

レバレッジ画像

CryptoGTはビットコインやイーサリアムを最大レバレッジ500倍で取引することができます。

レバレッジが500倍ということは取引対象を500分の1のお金で取引することができるということです。

例えばビットコインが100万円の場合、現物取引であれば100万円の元手がないとビットコインの取引はできません。

しかしレバレッジをかけることによって100万円のお金がなくてもそれよりも遥かに少ない元手でビットコイン取引をすることができます。CryptoGTの場合はレバレッジが最大500倍なので仮にビットコインが100万円だとしても2000円の入金をすれば1ビットの取引をすることが可能です。

ビットコインを買い損ねたという人にとっても少ない元手から取引できるのでリスクも少なく大きな取引チャンスを得ることができます。

関連記事:CryptoGTのダイナミックレバレッジとは?その他レバレッジの確認方法と変更方法は?

追証なしのゼロカットシステム

レバレッジは危険という認識があるのは日本人特有の概念ですが、あくまでも国内FXでレバレッジをかけるのは危険なだけです。CryptoGTではゼロカットシステムを提供しているため追証(借金)になることがありません。

どれだけハイレバレッジで取引をしても失うお金は元金までです。

仮に1BTCを取引するのであれば2000円で取引をして失ったとしても2000円までなのでリスクよりもリターンの方が圧倒的に大きくなります。

豊富なボーナス制度

CryptoGTのボーナス画像

CryptoGTは毎月ボーナスキャンペーンを提供しています。

これまで新規口座開設にて3000円の証拠金を無料でプレゼントしたり、初回入金額に対して50%のボーナスを付与していました。

現在のボーナスキャンペーンは
・初回100%入金ボーナス
・2回目以降50%入金ボーナス

を2020年3月31日まで提供しています。

ボーナスを受け取る場合にはCryptoGTで口座開設をして入金をするだけで自動的にアカウントに付与されるので

関連記事:CryptoGTのボーナス制度は?

58種類の取引ペア

58種類の豊富な通貨ペアを取引することができます。

仮想通貨の主要5通貨(BTC/ETH/LTC/XRP/BCH)をレバレッジをかけて取引できる海外FX業者はたくさんありますが、CryptoGTではその他にもADAやBNBなどの中堅アルトコインもレバレッジをかけて取引をすることができます。

入金できるコイン14種類と豊富

CryptoGTは日本円や米ドルでの入金を受け付けていません。

しかし仮想通貨での入金を受け付けているコインは14種類と非常に豊富で余らせている仮想通貨を保有している人はCryptoGTに入金して仮想通貨取引をレバレッジをかけて取引できるのはメリットですね。

※2020年3月16日にCryptoGTはクレジットカード入金にも対応しました。利用可能なクレジットカードはVISAとMASTERCARDのみです。

入出金手数料無料

入出金の手数料は基本的にCryptoGTが肩代わりしてくれるためどれだけ大きな金額を入金しても手数料は無料で入出金することができます。

しかし仮想通貨入金が基本なのでその際にマイニングしてくれるマイナーに支払う手数料は先に利用者が支払い、後からCryptoGTが補填して口座内のアカウントに振り込んでくれるという仕組みです。

24時間365日取引が可能

仮想通貨はボラティリティが激しい商品ですので24時間365日取引できるというのは最大の魅力でしょう。XMやFXDDでは仮想通貨商品を提供してはいるものの、土日は基本的に市場を閉めています。

今回のようなコロナショックでビットコインが1日にて数十%の暴落が土日に起こってしまえばなすすべなくロスカットされることになりますがCryptoGTでは土日も市場を開けているため急激な相場の変動に対しても柔軟に対応することができます。

CryptoGT3つの弱み

ロスカット水準が高い

ドクロとCryptoGTのロスカット水準

CryptoGTのロスカット水準は証拠金維持率が100%を下回った際に、含み損の大きなポジションから自動的に決済されていきます。

証拠金維持率=有効証拠金➗必要証拠金×100

CryptoGTは証拠金が仮想通貨になるので常に価格変動する仮想通貨で証拠金維持率を計算するのは非常に難しいでしょう。

そこでCryptoGTが提供している証拠金シュミレーターを利用して自分が入金している金額とどれだけの取引をしたら維持率がどれだけ圧迫されるのかというシュミレーションはたくさんしておいてください。

日本円入金はできない

CryptoGTが対応しているのは仮想通貨入金のみです。日本円での入金には対応していません。

クレジットカードでの入金にも対応していますがクレジットカードで仮想通貨に変換してCryptoGTに入金をするという形になりますので

証拠金が仮想通貨

CryptoGTの入金は仮想通貨のみに対応していますが証拠金も仮想通貨での取引になります。

仮想通貨はただでさえ価格変動が激しいため一度の全部の仮想通貨が暴落してしまえば証拠金維持率も一気に圧迫されロスカットされやすくなります。

仮想通貨建での取引に慣れていない人は一度CryptoGTのデモ口座を作成して仮想通貨建での取引になれるようにするといいでしょう。

その他CryptoGTに関して抑えておきたいこと

両建て取引が可能

はい、両建て取引が可能となっております。
❈ボラティリティの変動に伴って必要証拠金が変動し、強制ロスカットが発生する場合がございますため、ご留意くださいますようお願いいたします。

両建てとは同一の通貨ペアで売りと買いの両方を保有することですがうまく利用することによって証拠金維持率を一定に保ち、利益を上げることができます。

スプレッドはマーケットデプス方式

CryptoGTのスプレッドは取引量に応じて変動します。取引ロットが小さければ小さいほどスプレッドは狭く、取引ロットが大きければ大きいほどスプレッドは広くなります。

当社は「マーケットデプス」を実装しており、通貨ペアの流動性を加味した上で、ご注文いただくロット数に応じて価格が変化する仕様となっております。
具体的には少ないロット数でポジションを保有する場合にはスプレッドは狭く、ロット数が大きくなるにつれてスプレッドが広くなっていく仕様となっております。
 

取引プラットフォームはMT5

取引プラットフォームはMT5です。

MT5の方が動作も速度も速いのですが、MT4がそもそも仮想通貨を取り扱っていないということもありどこの海外FX業者でも仮想通貨取引はMT5でのみとなっています。

これまでMT4を利用してきた方なら何ら問題なく直感的に操作することができますので問題ないでしょう。

1つだけ気をつけるべきこととしてはMT4を使ってEAで取引していた人はMT5ではそのEAが使えなくなるということです。MT4で使っていたEAはMT5では使えないということだけ理解しておきましょう。

レバレッジの変更はサポートに申請する必要あり

CryptoGTのサポートは日本語対応でスピード抜群です。

サポートへの申請方法はメールかラインアット、もしくはHPのチャットボットにて連絡をすることができます。

CryptoGTサポート連絡先
チャットボット:CryptoGT公式HP
メールアドレス:jpsupport@cryptogt.com
Line@:CryptoGTのLine@はこちら

レバレッジは取引量に応じて変動する

CryptoGTのレバレッジは取引量に応じて変化する独特なダイナミックレバレッジ制度となっています。取引量とレバレッジの関係については以下の図をご覧ください。

ステージ 取引ボリューム(USD) レバレッジ マージン%
ステージ1 0 - 10,000 1:500 0.2%
ステージ2 10,000 - 50,000 1:200 0.5%
ステージ3 50,000 - 100,000 1:100 1%
ステージ4 100,000 - 200,000 1:50 2%
ステージ5 200,000 - 1:20 5%

上記の取引量というのは保有中のポジション量のことですので一度ポジションをクリアすればレバレッジは最大500倍に戻ります。

10,000ドル(約100万円)までレバレッジ500倍であれば2000円の入金で1BTCの取引が可能ですね。

その他ハイブリッド仮想通貨取引所と比較

仮想通貨とFXの両方をレバレッジをかけて取引できるFX会社のことをハイブリッド取引所と言いますが

CryptoGTの他にも代表的なハイブリッド取引所がありますのでいくつかご紹介します。

FXGT

FXGTHP画像

FXGTの特徴
レバレッジ:500倍
※ダイナミックレバレッジ(取引量に応じて変動)

仮想通貨数:主要5通貨(BTC/ETH/LTC/XRP/BCH)
入金方法:仮想通貨のみ
取引時間:24時間365日

FXGTはCryptoGTと非常によく似たハイブリッド取引所です。

レバレッジは同じく500倍で取扱商品数がCryptoGTよりも少なく5種類となっています。

FXGTの特徴としてはCryptoGTよりも口座解説が簡単だということが挙げられますが商品数や利用者などをみるとCryptoGTの2番煎じというしかないでしょう。

BitEclipse

BitEclipse公式HP

BitEclipseの特徴
レバレッジ:200倍
※レバレッジ制限なし

仮想通貨数:主要5通貨(BTC/ETH/LTC/XRP/BCH)
入金方法:BTC/ETHのみ
※入金後ドルや円に両替して仮想通貨取引が可能
取引時間:24時間365日

BitEclipseはハイブリット取引所としてCryptoGTやFXGTの上をいく最先端取引所です。

FXや仮想通貨以外にもバイナリーや仮想通貨のレンディングサービスも展開しています。

MAMなどのプロのコピートレードの仕組みも提供しているため一言で言うなれば『金融商品プラットフォームの総まとめ』と言えるでしょう。

入金はビットコインかイーサリアムのみですが入金後に円やドルに両替して円建てでの取引が可能となっています。

仮想通貨を証拠金としてトレードするのは価格変動リスクがあるので円やドル建てで取引できるのはCryptoGTやFXGTとは大きく違うところですね。

CryptoGTがオススメな人

ではCryptoGTやその他ハイブリッド取引所を比較してきましたが結論としてCryptoGTの利用に向いている人の特徴としては

CryptoGTがオススメな人
・数万円程度からハイレバレッジで取引がしたい
・追証なしの安心できる環境で取引がしたい
・中堅アルトコインもレバレッジ取引がしたい
CryptoGTにオススメできない人
・仮想通貨ではなく日本円やドル建てで取引がしたい
・板情報を見ながら取引がしたい
・仮想通貨以外にもCFDなどをメインに取引がしたい
CryptoGTに当てはまらない場合はBitEclipseを検討してみてもいいでしょう。
レバレッジこそ200倍ですがレバレッジに制限なく、またドルや円で仮想通貨が取引できます。
また板情報もリアルタイムで見ながら取引できるのでスリッページや約定拒否がありません。

関連記事:BitEclipseの評判は?日本円やドルで仮想通貨取引ができる最先端取引所

CryptoGTまとめ

CryptoGTは仮想通貨業界において最大のレバレッジを提供しているため少額から取引を開始したい人に向いていると言えます。

レバレッジは危険というイメージがありますがCryotoGTでは追証がないので資金効率を最大化してレバレッジ取引がしたい人にオススメです。

リスクは入金額までに限定されてリターンは無限大に作れるのはCryptoGTの最大の特徴ではないでしょうか。この機会にこれまで現物取引で仮想通貨を取引していた人はCryptoGTでレバレッジ取引をしてみてもいいかもしれませんね。

 

海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事