FX業者にはDD方式の業者とNDD方式の業者がありますがこれらの違いをしっかりと認識している人は意外にも少ないです。

というのもDD方式の業者=呑み業者という間違った認識が通ってしまっていますので今回はDD方式とNDD方式に関して初心者でもわかりやすく丁寧に解説していきます。

FXのお金の流れ

まずFXの全体像を把握していきましょう。FXは私たち個人投資家以外にも世界中のトレーダーや金融機関(ヘッジファンドや銀行系)が参入してくるまさに弱肉強食の世界です。

ここで私たちはFX会社を通じることで世界中の市場にアクセスすることができています。

例えば私たちが中央銀行に口座を持っていないのと同じです。個人投資家はFX会社(正確にはFXブローカー)を通じて世界中の取引に参入します。

顧客→FXブローカー→カバー先→インターバンク←カバー先←FXブローカー←顧客

私たちにとってのFX会社はFX会社にとってのカバー先なのです。

そのカバー先がインターバンク市場から通貨を仕入れてFXブローカーに卸し、手数料が上乗せされた状態で取引ができるのです。

関連記事:インターバンク市場って何?なんの取引をするところか具体的に解説します

NDD方式とDD方式とは

NDD方式とDD方式

NDD方式やDD方式とはつまり『FX会社が顧客の注文をどのように処理するか』の注文処理方法の違いになります。

NDD:No Dealing Desk(ノーディーリングデスク)
DD:Dealing Desk(ディーリングデスク)

ディーリングデスクというのはつまりFX会社の中のディーラー(人)を指します。つまりDD方式の業者ということはそのFX会社の中のディーラーが顧客の取引注文をカバーするかそれとも相対するかを決めます。

DD方式とは

DD方式

DD方式とはOTC方式と呼ばれることもありますが厳密には異なります。

OTC方式は相対方式と呼ばれ顧客と証券会社の利害は相反します。例えば株式の現物取引なんかがわかりやすいでしょう。

その株が上がると見込んだ投資家は証券会社から買います。そしてその証券会社は顧客に株を売ります。

その株が上がれば投資家は儲かり売る(利確する)際には証券会社は売った価格よりも高い価格で買い戻すことになりますので損失になります。

このようにOTC方式とは別名相対方式とも呼ばれ顧客と証券会社(FX会社も含む)の利害は相反するビジネスモデルです。

DD方式とは厳密にいうとこのOTC方式も含むことがDD方式です。

関連記事:DD方式のメリットデメリットを徹底解説!

DD方式で顧客の注文を呑む場合(OTC方式の場合)

DD方式のFX会社でもOTC方式を採用しているところがあります。つまり顧客とFX業者の利害が相反するビジネスモデルを採用しているとことがあります。

この場合、例えば顧客が1ロットの買いを入れた際にFX業者は1ロットの売りを入れて約定させます。

為替が上がったら顧客が勝ち。為替が下がったらFX業者の勝ちになります。

よくDD方式=呑み業者だという認識ができてしまっているのはこの誤解が強いためです。

しかしDD方式でも市場で決済するシステムも可能です。

DD方式でも市場で決済する場合

DD方式でも市場で決済する場合があります。例えば顧客が1ロットの買いを注文したら一度FX業者が1ロットの売りで約定させます。

FX業者は売ったのでカバー先から買いを入れます。するとFX業者は手数料だけを抜いた状態で顧客が勝ったとしても負けたとしても手数料は入ってきます。

関連記事:少額投資家はDD業者を利用するべき3つの理由とは

NDD方式とは

NDD方式

NDD方式の場合はディーリングデスクがないという意味ですのでFX業者が顧客の注文に介在しないことを指します。

つまり顧客の注文はそのままカバー先に投げられ、FX業者は手数料だけが利益になります。

このNDD方式の場合はディーラーが介在しないためFX業者のサーバーが自動的に顧客の注文をカバー先に投げるためFX業者が顧客の注文を呑んだり呑まなかったりの柔軟な対応をすることはできません。

NDD方式の方がいいというのはこのようにディーラーが介在しないことで取引に透明性が持てるからという理由からそう言われています。

関連記事:STP方式のメリットとデメリットを解説!EA取引は絶対にSTP方式の業者をお勧めする理由とは

NDD方式にはSTPとECNの2つの方式に分かれる

NDDがSTPとECN方式に分かれる

STP方式とは

STP方式とはStraight Through Processingの略称ですが顧客の注文をFX業者のサーバーが一度決済をしてカバー先に注文を投げる方式を言います。

FX業者が一度顧客の注文を約定しているから呑み業者じゃねえかという声も上がってきそうですが、確かにFX業者は一度顧客の注文を呑みます。

しかしこれはほんの一瞬の出来事でありサーバーが自動的に処理をするため必ずカバー先に注文を流します。

関連記事:EA取引は絶対にSTP方式の口座にした方がいい理由とは

ECN方式とは

ECN方式とはElectronic Communications Networkの略称でSTP方式の場合はFX業者のサーバーが顧客の注文を一度約定してカバー先に流すという仲介役をしていましたが

ECN方式の場合には仲介すらも入らず顧客はインターバンク市場に直接アクセスすることによって世界中のファンド会社や証券会社などの金融機関を相手に売買をしていきます。

NDDの中でもECN方式の方が透明性があっていいという人もいますがECN方式の特徴としてはスプレッドは安いものの一定の取引コストがかかるというのが特徴です。

STP方式の場合はスプレッドが取引手数料となりFX業者の利益ですがECN方式の場合は顧客がインターバンク市場に直接アクセスするためスプレッドによる取引手数料が発生しません。

そこで多くの海外FX業者が外付け手数料と呼ばれる一定の取引手数料を徴収しています。

具体的には1往復ロットあたり4〜10$程度の取引手数料を徴収していますがFX業者によって異なりますし外付け手数料が安いからといって表面スプレッドが高いということもあります。

関連記事:ECN方式の方がいいは間違い!実はECN方式の知らないデメリットもあった?!

NDD方式とDD方式のFX業者を利用するべきか

NDDとDDで悩む人

海外FX業者を選ぶ際にDD方式かNDD方式かは非常に重要な判断になるのではないでしょうか。結論から言うとNDD方式とDD方式でもどちらも個人投資家からすると取引している感覚としてはあまり関係ないということができます。

なぜそう言えるかというとFXで勝つことができる人というのはDD方式でもNDD方式でもどちらでもいいのです。

エントリーポイントと決済ポイント(売買のポイント)を間違えなければNDD方式でもDD方式でも構わないのです。

DD業者=勝ったら出金停止

という誤認識がありますがDD業者だからといって呑み業者というわけでもなく、DD業者だからこそマリー方式でカバーしてくれるということもあります。

DD方式だから、NDD方式だからということはなく、そのFX業者のスプレッド、約定力、入出金周りなどの評判の方が圧倒的に重要になってくるでしょう。

とはいえやはりDD方式かNDD方式かによってトレードの戦略は変えていきたいですね。

関連記事:DD業者の特権であるマリー方式とはどんな仕組み?

関連記事:NDD方式の方が見栄えがいいのになぜDD方式を採用するの?FX業者の裏側を暴露します

NDDとDD方式の特徴

DD方式はサブ口座として利用しよう

DD方式を採用しているところは約定力が高い場合もあれば低い場合もあります。

またスプレッドも高いところもあれば低いところもあり約定力とスプレッドがDD業者の方がいいとはいえません。

しかしDD業者はNDD方式の業者と比較してレバレッジが比較的高い設定になっています。NDD方式の業者はだいたい200万円以上になるとレバレッジは200倍未満になるところがほとんどです。

カバー先のレバレッジ提供(もしくはFXブローカー)が200万円以上は厳しいのでしょう。

しかしDD方式の業者は比較的レバレッジが高いので少額からでもサブ口座として資金効率を高めハイリターンを求めるのにはぴったりです。

DD業者のサブ口座で資金を作った後にNDD方式の業者に移していくというのがいいのではないでしょうか。

NDD方式はメイン口座として利用しよう

NDD方式の場合は自分がFX取引でメインとして使っている口座はNDD方式の業者の方がいいでしょう。

NDD方式の場合カバー先から板を仕入れているためスプレッドはやや高めではあるものの約定力は基本的に強いです。

自分のお金が入っているメインの口座にもなってくるので最も避けたいことが出金停止です。

NDD方式を真っ当に採用している海外FX業者の場合は手数料商売なので出金停止になることもありませんがNDD方式と明言しているにも関わらず内部の実態はDD方式の呑み業者だった。

なんてこともありますのでその海外FX業者の実態をしっかりと見定める必要があります。

関連記事:NDD方式のメリットデメリットを徹底解説!

DD方式の海外FX業者

GEMFOREX

GEMFOREXの口座開設ボーナス

GEMFOREXは2010年からGEMTradeという自動売買システム(EA)を無料配布することで国内No1EA配信サービスを提供し、その後2013年から海外FX事業を提供しています。

GEMFOREXは運営から5年間(2018年まで)は金融ライセンスを持っておらず危険な海外FX業者であるという烙印を押されていましたが2019年ニュージーランドの証券投資委員会に登録したことでそれらの弱みが解消されました。

最大1000倍のハイレバレッジと口座開設をするだけで最大3万円のみ入金ボーナスは海外FX初心者にとってはノーリスクで大きな金額を取引することができます。

まだ口座開設をしたことがない人は海外FXを体験するでもよし、せっかくならボーナスを受け取って未入金取引をしてみるでもいいと思います。

関連記事:GEMFOREXの評判は?GEM歴4年の私が語るGEMFOREXの強みと弱み

is6com

is6入金ボーナス

is6は2016年に設立された比較的新しい海外FX業者ですが口座開設をするだけで1万円の未入金ボーナスと最大200%の入金ボーナスを受け取ることができます。

is6に10万円を入金すれば30万円の証拠金となりかつ最大1000倍のレバレッジで取引をすることができるので合計3億円分の取引をたったの10万円で行うことができます。

もちろんゼロカットなので追証はありません。リスクは最大でも入金額までとなっておりリスクは限定、リターンは無限大にすることができるFXサービスを提供しています。

金融ライセンスを保有していないのがデメリットですが未入金でも取引が可能なボーナスと少額から入金ボーナスを利用して証拠金を倍増させられるのは少額投資家にとっては心強い味方になりますね。

関連記事:is6の評判は?金融ライセンス無登録業者の実態を暴く!

NDD方式の海外FX業者

XMTrading

XM公式HP

XMはセーシャルに所在する日本人知名度と利用者共にNo1の海外FX業者です。

2009年から営業を開始し利用者は250万人を突破しています。口座開設をするだけで3000円の未入金ボーナスをもらえるほか、100%入金ボーナスを付与して信頼度、知名度、利用者数共に日本人が最も利用している海外FX業者になります。

まだ海外FXを利用したことがないという人にオススメなFX業者がXMです。追証なしのままノーリスクで取引することができるNDD業者の代名詞といえばXMでしょう。

TitanFX

titanfx公式HP

TitanFXはNDD方式の海外FX業者としてスキャルピングトレーダーに愛用されています。

2013年の営業開始から低スプレッド、DMAなど取引環境の透明性は業界No1と言っても過言ではありません。

口座開設ボーナスや入金ボーナスはないもののボーナスよりも取引コストを重視している中上級者向けの海外FX業者になります。

口座タイプはスタンダード口座(STP方式)とブレード口座(ECN方式)の2つがありますがどちらもNDD方式です。スキャルピングトレーダーや透明な取引環境を重視するトレーダーにオススメです。

FBS

FBSの公式HP

FBSは2009年から海外FX業者として活動を開始し最大3000倍のレバレッジと追証なしの取引環境を提供してきました。近年インスタグラムやYoutubeなどで積極的に広告を打ち出しており日本市場に進出し始めているグローバル海外FX業者です。

世界190カ国以上にサービスを展開し利用者数は1400万人に上ります。

FBSは口座開設をするだけで100$(約1万円)の口座開設ボーナスを受け取ることができるので未入金のまま3000倍のレバレッジを生かして取引をすることができます。

DD方式とNDD方式のまとめ

DD方式もNDD方式にもどちらもメリットとデメリットがあります。しかしNDD方式のFX会社だから勝てる。DD方式のFX会社だから負ける。というのは二流である証拠です。FXで利益を上げる場合にはたった1つで『売買のタイミング』が利益を上げられるかどうかにかかってきます。

DD方式やNDD方式かを考えるのは2の次です。また今回理解していただきたかったこととしてDD方式=呑み業者ではないということは理解していただけましたか。

DD方式でもカバー先をつないで注文を通しているところもあります。DD方式だから呑み業者。呑み業者だから出金停止になるというように単純なことではないということをしっかり理解しておきましょう。

関連記事:【実は間違い?!】A-bookとB-bookって呑み業者かそうでないかじゃないの?

海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事