ECN方式の方がいいは間違い?!ECN方式のデメリットをわかりやすく解説

海外FXのECN方式について徹底的に開設していきます。

ECN方式もSTP方式もどちらもNDD方式であることには変わりませんがほとんどの海外FX業者は2つの口座タイプを提供しています。

ECN方式とはSTP方式と何が違うのでしょうか。

今回は初めての方にもわかりやすくECN方式のメリットとデメリットについて解説していきます。

関連記事:NDD方式のデメリットとは?メリットばかりではないことを知らないと危ない!

NDD方式には2つの処理方法がある

NDD方式にはSTP方式とECN方式の2つの注文処理方法があります。FX業者のサーバーが顧客の注文を一度約定してカバー先と決済するSTP方式は顧客の注文を一瞬だけですが呑むことになります。

DD方式の相対業者(OTC方式)よりも透明性や信頼性は高いものの厳密にはSTP方式の場合にはそのFX業者のカバー先にリクイディティプロバイダーやカバー先の銀行がどれだけいるのかは把握することはできません。

反対にECN方式の場合にはFX業者のプラットフォームを借りてカバー先に直接注文を出すことができるのでFX業者を挟まずに取引をすることができます。

関連記事:DD方式は怪しいと評判なのになぜほとんどのFX会社はDD方式を採用するのか?

ECN方式とは

ECN方式とはElectronic Communications Network(エレクトロニックコミュニケーションズネットワーク)の略称ですが日本語訳ですと『電子取引所取引』と訳されます。

ECNの最大の特徴としては利用している海外FX業者を経由せずにそのままカバー先へと注文をすることができることですがカバー先に流れるということは直接インターバンク市場に流れるということです。

インターバンク市場に流された注文は世界中の大手金融機関のリクイディティプロバイダーたちと約定されるのでFX業者が取引に介入しない点でSTP方式よりも透明性があります。

インターバンク市場ではオークション形式で約定され、取引参加者の売買注文は板情報として目視することができるため板があればどれだけ大口の取引量だとしても取引が成立するのが特徴です。

関連記事:インターバンク市場ってどこ?初心者向けに丁寧に詳しく解説します

ECN方式のメリット

STP方式よりも取引コストが安い

ECN口座を利用する人の最大のメリットとしては取引コストが安くなるということです。STP方式の場合は一度FX業者のサバーが約定をするため一瞬だけ注文を呑むことになります。その一瞬のうちに為替変動起こってしまうとFX業者には損失になる可能性があります。したがってSTP方式の場合にはスプレッドが高く設定されています。

しかしECN方式の場合にはFX業者は投資家の注文をカバー先に直接流すため損失を出す可能性というのが0になります。だからこそSTP方式よりも合計取引コストが低くなります。

ECN方式の場合にはカバー先の生のスプレッドが提示され、FX業者には1ロットあたり4〜10$程度の売買手数料を支払うことになりますがSTP方式よりも取引コストは安くなります。

板情報を見ることができる

ECN方式の特徴として板情報を閲覧しながら取引をすることができます。

板情報を参照することでどれだけの注文量が市場に流れていてどの価格帯で最も売買が激しくなるかを見ることができます。

これは世界中全ての注文が集まるインターバンク市場に直接アクセスができるからこそ見れるのでありFX業者を介するSTP方式ではできないことです。

板情報に入力されるのは指値のみなので成行注文は板情報を参照することはできませんが大口がどこで待ち構えてるか見ることができるというのは取引の戦略を図る上でとても大切な指標になるでしょう。

大口ロットでも注文が通る

インターバンク市場では大手金融機関同士で大口取引をしているため中には100万ロット以上の取引も存在しています。

STP方式の場合は利用するFX業者によってカバー先の数と質は限られてきますが直接インターバンク市場に参入することで無数のリクイディティプロバイダーたちと取引をすることができます。

100万ロットを超えるような注文でも約定することができるのはECN方式のメリットといえるでしょう。

取引制限なしでEAもスキャルピングもし放題

売買量だけでなく売買速度にも制限がないのがECN方式の特徴です。ECN方式の場合FX業者のサーバーが一度約定することはないのであまりに短期間で売買をするとサーバーに負担がかかり約定速度が落ちたりリクオートが発生します。

しかしECN方式の場合はFX業者を介してインターバンク市場に参入するためFX業者のサーバーに負荷がかかることはありません。インターバンク市場に参入しているリクイディティプロバイダーたちの板が有る限りどれだけ大口の取引でもどれだけ短期の売買でも制限されることがありません。

EAやスキャルピング難民の人はECN方式を利用すれば制限なく取引をすることができます。

関連記事:EA取引は絶対にSTP方式の口座にしたほうがいい理由とは

取引の透明性は最も高い

ECN方式はNDDというだけでDD方式よりも透明性は高いですが一度FX業者が約定するSTP方式はその後カバー先に注文が流れているのかどうかは定かではありません。NDD方式でも実施にはDD方式の海外FX業者も多数います。

ECN方式であればインターバンク市場に直接参入するのでDD方式の呑み業者のようにスリッページやリクオート、ストップ狩りの被害にあうことはないでしょう。

STP方式よりもECN方式の方がFX業者としての負担もなく勝手に売買手数料が入ってくるので意図的に顧客を負けさせるのはFX業者に取っても損失になってしまいますからね。

関連記事:DD方式の方がメリットがあった?!DD方式の正しい理解とメリットとは

節税対策になる

海外FXを利用している場合には年間38万円以上の利益を出すと確定申告をする必要がありますがECN口座の売買手数料はMT4の履歴にしっかりと残るので経費として計上することができます。

STP方式の場合はその売買ごとのスプレッドがどれだけかかったかということは明確ではないので経費にすることはできませんがECN方式の場合は取引手数料の痕跡が残ります。

売買手数料は利益を出すために必要だったのでちゃんと経費にすることが可能です。STP方式で取引をするよりもECN方式の方が節税対策になるのでおすすめです。

ECN方式のデメリット

取引コストを計算しながら取引しなければいけない

ECN方式の口座の場合は表面スプレッドは安いものの取引ごとに一定の売買手数業がかかるため慣れるまで取引コストを考えながら取引しなければいけません。

MT4で取引をしていてもそのポジションが含み益にも関わらずまだ含み損の表記になるというようにECN口座に慣れていない方からすると気持ち悪いように感じます。特に複数ポジションを保有する場合には一つ一つ売買手数料を加味した上で取引をする必要があるので慣れるまでは面倒に感じるかもしれません。

取引時間によっては約定力が落ちる

ECN方式はインターバンク市場に直接注文を出すので取引時間によっては約定力が落ちることも多々あります。具体的には週明けや早朝の時間帯、日本時間などはインターバンク市場の取引が薄いため約定力が落ちます。

これらの時間帯に市場にはないほどの注文を出すとスプレッドが広いためとんでもないところで約定される可能性があります。

ロンドン市場やニューヨーク市場が開くと約定率はグンと上がります。

特に22時〜翌2時のゴールデンタイムは板がある限りどれだけ大口取引でもサクサク約定するようになるのでECN口座を利用する場合にはこれらの時間帯に取引するのがおすすめです。

関連記事:少額投資家こそDD方式の業者を利用するべき3つの理由

ボーナスが適用されない

ECN口座の場合ボーナスをつけていないFX業者がほとんどです。XMではスタンダード口座(STP方式)の口座には口座開設ボーナスや入金ボーナスを提供していますがXMゼロ口座(ECN方式)にはボーナスをつけていません。

ECN方式の口座を利用する以上完全自分のお金での取引になるため初心者はSTP方式のボーナスがつくFX業者で資金を増やした後にECN方式に乗り換えることをお勧めします。

成り行き注文の場合リクオートされない

ECN方式の場合リクオートという概念はなく成行注文を出すと板があるところまで約定されます。インターバンク市場で反対売買の板がどれだけ離れていたとしても必ず約定されるため間違ってエントリーをしてしまうととんでもないところで約定される可能性があります。

FX業者にスリッページさせられたという人もいますがECN方式はリクオートがないためスプレッド(売買板との距離)がどれだけ広くても約定されるのでスリッページのような感覚になりますがそれは正常なのです。

STP方式の方がインターバンク市場でスプレッドが一定の範囲を超えた場合には自動的にリクオートされる仕組みも揃っているのでFX取引に慣れていない場合にはSTP方式の口座を利用するようにしましょう。

関連記事:初心者トレーダーはA-bookとB-bookを知らないと100%負けるのはなぜか

海外FXでオススメなECN口座

TitanFX BLADE口座

titanfx公式HP

レバレッジスプレッド売買手数料最低取引枚数最低入金額
500倍USDJPY:0.337$/往復0.01lot
(1000通貨)
200$
(約2万円)

TitanFXのブレード口座は表面スプレッドがドル円0.33Pips程度で売買手数料も7$です。

TitanFXのブレード口座がECN方式の中でも人気なのはレバレッジが500倍でドル円平均1.03Pips、ユーロドル平均0.9Pipsの程スプレッドハイレバレッジで取引することができるという点です。

XMのゼロ口座でもレバレッジ500倍で取引することができますが証拠金によってレバレッジ制限がかかります。

しかしTitanFXの場合は証拠金に関係なくレバレッジ500倍で取引できるので大口取引もスキャルピングも可能になります。

最大レバレッジ500倍、追証なし、高約定力、1000通貨からの少額取引OKなのは初心者トレーダーから上級者トレーダーまで安心して使える口座タイプでしょう。

TradeView ILC口座

Tradeview公式HP

レバレッジ平均スプレッド取引手数料最低取引量最低入金額
200倍USDJPY:0.1Pips5$/往復0.1ロット
(10,000通貨)
10万円

TradeviewのILC口座は取引コストを極端に抑えたい資金力のあるトレーダーにおすすめです。というのも最低入金額が10万円からと最低取引枚数は1万枚からでレバレッジも200倍なのである程度の資金力がないと使うメリットはないでしょう。

しかし10万円以上の資金力がある場合にはECN口座の中で最も取引コストが安いため大口トレーダーには特におすすめの口座になっています。

最大レバレッジ200倍、ロスカット水準100%、初回入金額10万円以上をクリアできる人、もしくはボーナスがつく海外FXを利用して資金を作った後に乗り換える口座としては最適でしょう。

XM ZERO口座

XM公式HP

レバレッジ平均スプレッド取引手数料最低取引枚数最低入金額
500倍USDJPY:0.1Pips往復10$/Lot0.1ロット
(10,000通貨)
10,000円

XMゼロ口座はECN方式の口座でレバレッジ500倍、最低入金額1万円と少額からECNの口座を利用するにはぴったりの口座タイプです。

またECN口座には珍しくボーナスがつきます。

口座開設をするだけで3,000円の証拠金がボーナスとして付与されるためECN口座を使ったことがない人が未入金のままノーリスクでECN方式の口座を体感するのにおすすめです。

ボーナスを使って得た利益はもちろん出金できるのでボーナスを使い切ったタイミングで他のFX業者に移るというのも1つの戦略です。

ECN口座まとめ

ECN方式の口座は多くの海外FX業者が提供していますがインターバンク市場に直接アクセスするためどの方式の口座よりも透明性が高く大口取引やスキャルピングトレーダー向きの口座になっています。

しかしその反面で取引時間帯によっては約定力は落ちたり、リクオートがないため板情報をしっかり見ながら取引しないととんでもないところで約定されてしまったということにもなりかねません。

ECN方式の口座は中上級者向けの口座タイプです。FX初心者の方や少額投資家はSTP方式の口座やボーナスがふんだんに着く海外FX業者で資金を作ってからECNの口座に切り替えるのがいいでしょう。

関連記事:DD方式=のみ業者だと思っていると恥ずかしい!NDDとDD方式の正しい理解

関連記事:本当のWin-Winの関係はマリー方式?FX業者の究極の約定方法とは


海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事