FBSのクロス円はスプレッドが広すぎる?!FBSの効果的な使い方とは

FBSはニーズによって使い分けられる5つの口座タイプがありますがFBSをガチガチのトレーダーとして利用する場合どの口座が最もスプレッドが低いのでしょうか。

またその他にもCFDや株式などのスプレッドは他の海外FX業者と比較して狭いのか。

今回はFBSでガチガチのトレードをしたい人向けに
・FBSのスプレッド
・他の海外FX業者と比較した際にスプレッド
・株式CFDなどのスプレッド

を徹底的に余すところなく解説していきます。

FBSはボーナスやレバレッジが魅力と思いがちですがスプレッドも忘れてはいけません。利益と損失に最も直結してくるものがスプレッドです。

FBSのスプレッド情報を初心者にもわかりやすく丁寧に解説していきます。

関連記事:FBSの評判は良くない?FBSの強みと弱みを徹底検証!

FBSの各口座のスプレッド情報

口座タイプスタンダードセントマイクロゼロスプレッド
(外付け手数料)
ECN
(外付け手数料込み)
スプレッドタイプ変動変動固定0Pips固定変動
取引手数料(ドル)00020ドル〜6ドル
EURUSD1.1Pips3.0Pips3.0Pips20ドル0.6Pips
USDJPY2.0Pips2.0Pips3.0Pips30ドル0.9Pips
EURJPY3.0Pips4.0Pips4.0Pips30ドル1.1Pips
GBPUSD0.9Pips3.0Pips3.0Pips30ドル1.1Pips
GBPJPY4.0Pips7.0Pips7.0Pips80ドル1.7Pips
AUDJPY3.0Pips10.0Pips10.0Pips70ドル1.1Pips

まずFBSの各口座ごとの平均スプレッドを調査してみたところオセアニア系の通貨とクロス円の通貨ペアのスプレッドが広いことがわかります。

豪華なボーナスつき、かつハイレバレッジで取引ができるスタンダード口座、セント口座、マイクロ口座はスプレッドが広いのが特徴です。

ゼロスプレッド口座は固定で0.0Pipsのスプレッドではあるものの外付け手数料が高くスタンダード口座と変わらない、もしくは通貨ペアによっては取引条件が悪いので使う必要はないでしょう。

FBSのスタンダード口座と他業者とのスプレッドを比較

平均スプレッド比較FBSXMAxioryTitanFX
USDJPY2.0Pips1.6Pips1.3Pips1.3Pips
EURUSD
1.1Pips1.6Pips1.5Pips1.2Pips
EURJPY3.0PIps2.6Pips1.5Pips1.74Pips
GBPUSD0.9Pips2.3Pips1.6Pips1.6Pips
GBPJPY4.0Pips3.5Pips2.0Pips2.5Pips
AUDUSD0.8Pips1.8Pips1.7Pips1.5Pips
AUDJPY3.0Pips3.0Pips1.9Pips2.1Pips

FBSのスプレッドを日本人知名度No1のXMやスプレッドが狭いと有名なAxioryとTitanFXと比較してみました。上記からわかることとしてはドルストレートの通貨ペアはFBSが業界の中でも最小スプレッドを提供していますがクロス円の通貨ペアは弱いことがわかります。

ドルストレートで取引をするのであればFBSがダントツNo1にスプレッドが低いですがクロス円をメインで取引している人はスプレッドだけを考えるとFBSを使うよりも他の海外FX業者を利用したほうがいいと言えるでしょう。

FBSのECN口座を他業者とのスプレッドを比較

ECN口座スプレッド比較Axiory
(ナノスプレッド口座)
FBS
(ECN口座)
TitanFX
(BLADE口座)
XM
(ゼロ口座)
外付け手数料
(10万通貨往復)
3$6$7$10$
USDJPY0.6Pips
(0.9Pips)
0.3Pips
(0.9Pips)
0.2Pips
(0.9Pips)
0.1Pips
(1.1Pips)
EURUSD0.5Pips
(0.8Pips)
0.0Pips
(0.6Pips)
0.1Pips
(0.8Pips)
0.1pips
(1.1pips)
EURJPY0.5Pips
(0.8Pips)
0.5Pips
(1.1Pips)
0.6Pips
(1.3Pips)
0.6Pips
(1.6Pips)
GBPUSD0.4Pips
(0.7Pips)
0.5Pips
(1.1Pips)
0.5Pips
(1.2Pips)
0.4pips
(1.4pips)
GBPJPY1.1Pips
(1.4Pips)
1.1Pips
(1.7Pips)
1.3Pips
(2.0PIps)
1.1pips
(2.1pips)
AUDUSD0.8Pips
(1.1Pips)
0.3Pips
(0.9Pips)
0.4Pips
(1.1Pips)
0.8pips
(1.8Pips)
AUDJPY0.9Pips
(1.2Pips)
0.5Pips
(1.1Pips)
1.0Pips
(1.7Pips)
0.8pips
(1.8pips)

FBSのECN口座はスプレッドに特化した口座といってもいいでしょう。他の海外FX業者と比較してもECN口座ではスプレッドが低く、トータル取引手数料も低いのでおすすめです。

しかしこのECN口座にはボーナスがつかないことと、初回入金額が1000$必要なので初心者で少額から始める場合にはスタンダード口座などでボーナスを受け取り存分に利用した上でFBSのECN口座を追加口座開設すればいいでしょう。

FBSのその他マイナー通貨ペアのスプレッド一覧

 スタンダードセントマイクロゼロスプレッドECN
USDBRL1.01---
USDCNH1.51.5-30-
USDJPY2.023300.3
USDCAD3.033300.6
USDCHF7.077800.5
USDMXN10.010---
USDTRY10.010---
USDZAR20.020---
USDRUB100.0----
AUDCAD5510901.3
EURUSD1.11.13200.0
EURGBP1.533300.6
EURCNH2.02-30-
EURJPY3.034300.5
EURTRY5.55.5---
EURCAD6.06121101.2
EURCHF7.077700.6
EURNZD7.0712160-
EURAUD11.0117701.4
GBPUSD0.933300.5
GBPNZD6.06690-
GBPCHF7.077801.2
GBPJPY4.047801.1
GBPAUD5.05121103.1
GBPCAD7.07121103.1
AUDUSD0.80.83300.3
AUDJPY3.0310700.5
NZDCAD5.05101101.4
AUDNZD6.0612110-
AUDCHF7.0710901.2
NZDJPY2.22.2101100.9
NZDCHF3.43.4101101.8
NZDUSD4.044400.6
CNHJPY24.024-30-
CHFJPY7.0710700.9
CADCHF2.3710901.4
CADJPY4.0410800.8

FBS CFDのスプレッド一覧

 スタンダード口座セント口座マイクロ口座ECN口座
パラジウム295Pips---
プラチナム285Pips---
XAGUSD
(シルバー)
5Pips6Pips25Pips(250$)-
XAUUSD
(ゴールド)
30Pips4PIps35Pips(350$)-

CFDのスプレッドを他の業者と比較

 FBSXMAxioryTitanFX
XPDUSD
(パラジウム)
295Pips50.0Pips200.0Pips30.0Pips
XPTUSD
(プラチナム)
285Pips42.5Pips17.2Pips30.0Pips
AXGUSD
(シルバー)
5.0Pips3.8Pips2.2Pips2.2Pips
XAUUSD
(ゴールド)
3.0Pips3.6Pips1.7Pips2.3Pips

FBS エネルギーのスプレッド一覧

 スタンダードセントマイクロゼロスプレッドECN
BRN2.0Pips2.0Pips2.0Pips2.5Pips
(25$)
-
WTI2.0Pips2.0Pips2.0Pips2.5Pips
(25$)
-

エネルギーのスプレッドと他業者と比較

 FBSXMAxioryTitanFX
BRENT2.0Pips0.5Pips-0.71Pips
WTI2.0Pips-0.4Pips0.69Pips

FBSのドルストレートのスプレッドが狭い理由

海外利用者が多いから

FBSではクロス円のスプレッドが広く、ドルストレートはスプレッドや取引コストが総じて安いです。それはFBSの利用者のほとんどが海外のトレーダーが多いことが挙げられます。

FBSは2009年から11年間にわたって海外の利用者を顧客に営業をしてきました。よく海外FX業者だけど日本人向けの業者としてやっているところとは違い正真正銘の海外FX業者です。

世界190カ国以上にサービスを提供し1400万人以上の口座開設者がいます。そのほとんどが海外の利用者なのでドル建での取引がメインになります。流通量も多いことからドルストレートに関してはスプレッドが狭くなっているのでしょう。

今後日本人トレーダーが増えていけばクロス円の通貨ペアのスプレッドも狭くなっていく可能性は大いにありますね。

ドル建てでの管理をしているから

もう一つFBSがドルストレートの通貨ペアのスプレッドが異常に低い理由としては顧客の資産をドル建てで管理しているからでしょう。世界の基軸通貨はドルですので円建てでの取引は一度ドルに変換されて通貨の売買が行われます。

FBSでは顧客の資産をドルもしくはユーロで管理をしているため円に一度両替して取引をすると二重にスプレッドがかかってしまいます。ドルで管理しているためドルストレートの通貨ペアのスプレッドは非常に低いのです。

FBSのスプレッドまとめ

FBSのスプレッドはスタンダード口座やセント口座、マイクロ口座などのボーナス対象の口座はスプレッドが広めの設定になっています。またその中でもクロス円の通貨ペアは特にスプレッドが広いのでクロス円メインで取引をしてくのであれば他の海外FX業者を利用したほうが長期的にみても取引コストを少なくすることができるので他業者に移ったほうがおすすめです。

しかしFBSはドルストレートの通貨ペアに関しては海外FX業界でも最小スプレッドを提供しています。FBSでは本人確認書類提出無しで口座開設ボーナスを提供していますのでFBSをこれから使っていく予定の人はまずはスタンダード口座で未入金ボーナスを存分に利用し、そこで作った資金でECN口座で運用してくのがいいでしょう。

海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事