HotForexでは合計7つの口座タイプを提供しています。

しかしそのうちの1つはイスラム口座なのでイスラム教でスワップ(金利)が禁止されている人専用の口座タイプになっているため多くの利用者はそれ以外の6つの口座タイプから選択することになるでしょう。

裁量トレーダー(自分でトレードする人)向けの口座タイプ
・マイクロ口座
・ゼロスプレッド口座
・プレミアム口座

コピートレードやPAMMを利用する人向け
・AUTO口座
・PAMM口座
・HFCOPY口座

宗教上スワップ(金利)が禁止されている人
・イスラム口座

今回はHotForexのイスラム口座を除く6つの口座タイプを徹底的に検証していくとともに、HotForexの口座タイプを比較検証していきます。
レバレッジやロスカット水準などを考慮し、自分の取引スタイルに合わせて口座タイプを選ぶようにしていきましょう。

裁量トレーダー向けの4つの口座タイプ

 ゼロスプレッド口座マイクロ口座プレミアム口座
取引ツールMT4
MT5
WebTrader
MT4
MT5
WebTrader
MT4
MT5
WebTrader
最大レバレッジ500倍1000倍500倍
注文処理方法NDD・STP方式NDD・STP方式NDD・STP方式
最低入金額200$
(約2万円)
5$
(約500円)
100$
(約1万円)
最小取引ロット0.01Lot0.01Lot0.01Lot
最大取引ロット60.0Lot7.0Lot60.0Lot
最大可能ポジション500.0Lot150.0Lot300.0Lot
マージンコール50%40%50%
ロスカット20%10%20%
口座通貨USD,EUR,NGNUSD,EUR,NGNUSD,EUR,NGN
取引手数料あり--
ボーナス-ありあり

HotForexの口座タイプな合計6種類ありますが、コピートレードやPAMMを利用しない限り上記の3つの口座タイプを利用することになるでしょう。

関連記事:HotForexの追加口座を作成する方法と複数口座を利用するメリットとは

マイクロ口座

ボーナス最大レバレッジ最低入金額ロスカット取引プラットフォーム
あり1000倍5$
(約500円)
10%MT4/MT5
WebTrader

マイクロ口座の特徴としては最大1000倍のレバレッジで取引することができるという点です。最大1000倍のレバレッジでロスカット水準も証拠金維持率の10%になっているためHotForexで最もロスカットされにくい口座タイプということができます。

また最低入金額は5$(約500円)からと低めに設定されているため参入障壁も低く、少額からハイレバレッジで資金効率を最大化して取引したい人にオススメです。

ボーナスもつくためレバレッジ1000倍と掛け合せれば全ての口座タイプで最も資金効率を上げて取引することができます。

プレミアム口座

ボーナス最大レバレッジ最低入金額ロスカット取引プラットフォーム
あり500倍100$
(約10,000円)
20%MT4/MT5
WebTrader

プレミアム口座は最大レバレッジ500倍で最低入金額は1万円からになっています。1万円未満の人はマイクロ口座を利用するしかありませんがレバレッジ500倍であることを考えると最低入金額が1万円からとはいえもう少し入金する必要があるでしょう。

またプレミアム口座はマイクロ口座と同様にHotForexの豪華なボーナスが対象となっています。プレミアム口座は他の海外FX業者でいうスタンダード口座のようなもので、HotForexの利用者のほとんどが最低でも1つは保有しているのがプレミアム口座です。

ゼロスプレッド口座

ボーナス最大レバレッジ最低入金額ロスカット取引プラットフォーム
なし500倍200$
(約20,000円)
20%MT4/MT5
WebTrader

ゼロスプレッド口座は他の海外FX業者でいうところのECN口座のようなものです。ボーナスがつかない代わりにスプレッドを極限まで低下させ利用者に還元しています。

口座の最大レバレッジはプレミアム口座と同じく最大500倍に設定されており、最低入金額は200$(約2万円)と他の口座タイプと比較すると若干高めに設定されていますが、スプレッドが狭く最小0.0pipsで取引することができるためレバレッジよりもスプレッドを重視するスキャルピングトレーダーやデイトレーダーにオススメな口座タイプです。

コピートレーダー向けの3つの口座タイプ

 AUTO口座HFCOPY口座PAMM口座
取引ツールMT4
WebTrader
MT4
WebTrader
MT4
最大レバレッジ500倍400倍300倍
注文処理方法NDD・STP方式NDD・STP方式NDD・STP方式
最低入金額200$
(約20,000円)
600$
(約60,000円)
250$
(約25,000円)
最小取引ロット0.01Lot0.01Lot0.01Lot
最大取引ロット60.0Lot60.0Lot-
最大可能ポジション300.0Lot300.0Lot
(オープンオーダー数)
500.0Lot
(オープンオーダー数)
マージンコール50%50%50%
ロスカット20%20%20%
口座通貨USD,EUR,NGNUSDUSD
取引手数料---
ボーナス---

コピートレーダー向けの口座タイプには以下の3つの口座タイプがあります。

・AUTO(オート)口座
・PAMM(パム)口座
・HFCOPY口座

これらはいずれも売買手数料は発生しませんが、HotForexのボーナスは一切つかない点では共通しています。

ではそれぞれが同じコピートレード口座だとしてもどのように違ってくるのか見ていきましょう。

関連記事:HotForexの無料VPSを利用する条件と申請方法まとめ

オート(AUTO)口座

ボーナス取引プラットフォーム最大レバレッジ最小入金額ロスカット 
なしMT4
WebTrader
500倍200$
(約20,000円)
20%

HotForexの提供するAUTO口座というのはMQL5コミュニティにある無料(一部有料のものもある)トレーディングシグナルを利用することによってHotForex上で世界中のエンジニアやトレーダーが開発したロジックをコピーして運用するための口座になります。

利用者はAUTO口座を開設することによってMQL5コミュニティ内のロジックをコピーすることができます、もし有料のロジックをコピーする場合には1ヶ月間の検証期間があるため気に入ればそのまま利用し、気に入らなければ退会することができます。

PAMM(パム)口座

ボーナス取引プラットフォーム最大レバレッジ最小入金額ロスカット
なしMT4
WebTrader
300倍250$
(約25,000円)
20%

HotForexのPAMM口座というのは世界中の専業トレーダーのトレードをコピーすることができます。AUTO口座とPAMMの共通点としては他人のトレードをコピーするという点です。

わかりやすくいうのであればAUTO口座は売買シグナルなどのエントリー補助機能(中には売買までしてくれる機能もある)を自分の口座に紐づけるのに対して、PAMMの場合はマスター口座と呼ばれるコピー元の口座のトレードをそのままコピーします。

PAMMであればそのマスター口座を裁量トレーダーが管理しているためEAのように経済指標の際などにEAを調節したりONやOFFにする作業をしなくていいので完全フルオートで運用することができるのがメリットです。

HFCOPY口座

ボーナス取引プラットフォーム最大レバレッジ最小入金額ロスカット
なしMT4
WebTrader
400倍500$:Strategy Provider
100$:Follower
20%

HFCOPY口座の取扱商品はFX通貨(Forex)やビットコイン、そしてゴールドなどの貴金属商品です。

最大レバレッジは400倍ですが他のコピートレードの口座との違いは最低でも600$(約6万円)程度の資金が必要になるということです。このうち500$(約5万円)はシグナルプロバイダーと呼ばれるコピートレードの取引ロジックを提供してくれているトレーダーに支払い、それ以外の100$以上の金額はそのコピートレードを利用する人が得るものです。

HotForex6つの口座タイプを4つの項目から比較検証

HotForexの各口座タイプを最低入金額で比較

マイクロ口座プレミアム口座ゼロスプレッド口座AUTO口座PAMM口座HFCOPY口座
5$
(約500円)
100$
(約10,000円)
200$
(約20,000円)
200$
(約20,000円)
250$
(約25,000円)
600$
(約60,000円)

HotForexの最低入金額は5$(約500円)〜600$(約6万)です。最低入金額が低いことのメリットとして初めてHotForexを利用する人はリスクを最小限に抑えることができるということです。

HotForexは追証なしのゼロカットのため入金額以上の損失が発生することはありませんが、最低入金額が高ければ、最低でもその金額はリスクにさらすことになります。

例えばHotForexのゼロスプレッド口座は最低でも2万円からの入金になっているため、2万円がロスカットされれば2万円の損失になります。しかしマイクロ口座であれば最低入金額は500円なので2万円未満でも入金することができます。

つまり、マイクロ口座であればロスカットされるとしても2万円未満に損失を抑えることができるのです。

また最低入金額が低いことのメリットとして資金を追加したり口座間での資金移動をしたりする際に不便になることがないということもメリットでしょう。

関連記事:HotForexの入金方法や手数料その他入金に関するルールをわかりやすく解説

HotForex各口座タイプをレバレッジ面から比較

マイクロ口座プレミアム口座ゼロスプレッド口座AUTO口座PAMM口座HFCOPY口座
1000倍500倍500倍500倍300倍400倍

HotForexの各口座タイプの最大レバレッジは300倍〜1000倍に設定されています。最もハイレバレッジなマイクロ口座は最低入金額が低く設定されていることは先ほど解説しましたが、少額を入金してもレバレッジ1000倍までかけることができるので十分な取引ができます。

上記の表からも分かる通りHotForexの平均的なレバレッジは500倍程度です。海外FXの平均的なレバレッジが400倍であることを考えると相場よりも平均レバレッジが高くなっています。

関連記事:HotForexの最大レバレッジは1000倍!制限や規制をわかりやすく解説

HotForex各口座タイプをロスカット水準から比較

マイクロ口座プレミアム口座ゼロスプレッド口座AUTO口座PAMM口座HFCOPY口座
10%20%20%20%20%20%

HotForexのロスカット水準は10〜20%に設定されています。国内FX業者のロスカット水準が50〜100%が相場であり、海外FX業者のロスカット水準の相場は20〜50%です。

HotForexは海外FX業者の平均相場と比べても圧倒的にロスカット水準が低いためロスカットされにくくなっています。ロスカットがされにくいということはそれだけギリギリまで実行レバレッジを高めて取引することもできれば、損失が発生したとしてもギリギリまで対処することができるということです。

ロスカット水準は100%未満の場合はデメリットは一切ないと言っていいでしょう。ロスカット水準が100%未満であればその水準が低ければ低いほどメリットになります。

特にマイクロ口座は証拠金維持率が10%になって初めてロスカットがされるので他の口座よりもロスカットされにくくなっている上、レバレッジも最大1000倍までかけれるため最もロスカットされにくい口座と言えるでしょう。

関連記事:HotForexで得た利益に対する税金計算方法や確定申告のための節税方法まとめ

HotForex各口座タイプをボーナスの有無から比較

マイクロ口座プレミアム口座ゼロスプレッド口座AUTO口座PAMM口座HFCOPY口座
ありあり----

HotForexでは口座開設ボーナスや入金ボーナスなどを常時開催していますがボーナスがつくのはあくまでもマイクロ口座とプレミアム口座の2つだけです。

それ以外の口座タイプにはボーナスは一切付与されないのでボーナスをもらう予定の人は注意してください。HotForexのボーナスの内容は以下の3つです。

・口座開設ボーナス
・入金ボーナス

HotForexの口座タイプまとめ

HotForexの口座タイプは計6種類あり、そのうち3つは裁量トレーダー用。残りの3つはコピートレード用と半分ずつに用途が分かれています。HotForexでは世界中のトレーダーが集結しているため自分で取引ができないとしてもコピートレード用の口座を利用すれば問題ありません。

最低入金額やレバレッジ、ロスカット水準などを口座タイプごとに比較検証してきましたが自分の取引スタイルに合わせて口座タイプを選択してみるのがいいでしょう。

海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事