HotForexの最大レバレッジは口座タイプごとによって異なります。また口座タイプによってはボーナスの選択ミスによってレバレッジが制限されてしまっていたということもよくあります。

今回はHotForexの各口座タイプの最大レバレッジやレバレッジ制限を受けないための注意点をわかりやすく丁寧に解説していくとともに、レバレッジ規制や制限を受けた際の対処法について詳しく解説していきます。

HotForexの口座タイプごとに最大レバレッジは異なる

HotForexにはイスラム口座を抜いて合計6つの口座タイプがありますが口座タイプごとによって最大レバレッジは異なります。どの口座タイプを選択するかによってレバレッジが300倍〜1000倍に変わるため注意してください。

マイクロ口座プレミアム口座ゼロスプレッド口座AUTO口座PAMM口座HFCOPY口座
1000倍500倍500倍500倍300倍400倍

HotForexのマイクロ口座がレバレッジが高く、最大1000倍のレバレッジで取引をすることができますが、そのほかの口座タイプを見ればわかるようにHotForexの平均的なレバレッジは500倍といったところです。

HotForexではコピートレード用に『PAMM口座,HFCOPY口座,AUTO口座』の3つがありますが、裁量トレーダーの場合はHotForexを利用する上では以下の3つの口座タイプを利用することになるでしょう。

・マイクロ口座(レバレッジ1000倍)
・プレミアム口座(レバレッジ500倍)
・ゼロスプレッド口座(レバレッジ500倍)

ではそれぞれの口座タイプごとのレバレッジについて詳しく見ていきましょう。

関連記事:HotForexの各口座タイプの特徴は?それぞれのアカウントを徹底比較してみた

マイクロ口座のレバレッジは最大1000倍

HotForexのマイクロ口座の最大レバレッジは1000倍です、色々なサイトでHotForexのレバレッジが1000倍であるように言われていますが、レバレッジ1000倍で取引できるのはマイクロ口座のみです。

マイクロ口座は最低入金額が5$(約500円)と他の口座タイプよりも、参入障壁が低いのが特徴ですが、それ以上に最大取引可能なロット数が制限されていることに注意する必要があります。

マイクロ口座は初心者向けだと言われているように、保有できるのは最大で7Lot(70万通貨)までです。口座に同時に保有できるのが70万通貨までですので一度全決済してしまえば新たに取引することができますが、取引ロットの上限が低くなっているため資金量が多いトレーダーはマイクロ口座は利用できても物足りなくなることでしょう。

またマイクロ口座はHotForexのボーナスでダントツ人気な『100%スーパーチャージボーナス』を選択することができませんし、さらにボーナスの受け取りの際に『30%スーパーチャージボーナス』を線細しかうしてしまうとマイクロ口座の最大レバレッジは500倍まで制限されてしまいます。

※現在30%スーパーチャージボーナスは提供していません。

関連記事:HotForexで最大580万円分のボーナスを受け取る条件と申請方法についてわかりやすく解説

プレミアム口座の最大レバレッジは500倍

HotForexのプレミアム口座の最大レバレッジは500倍です。最大レバレッジが500倍なのでそれ以下のレバレッジに変更することはできても、500倍以上のレバレッジになることはないのでご注意ください。

HotForexのプレミアム口座口座残高が30万ドル(約3,000万)以上になるとレバレッジ制限がかけられます。しかしこれは他の海外FX業者と比べるとレバレッジ制限が非常に緩くなっているため大口トレーダーにとっては高いレバレッジで取引することができますね。

HotForexのレバレッジ制限が緩いのはこの口座残高が30万ドル以上というのは『アカウント全体ではなく”1つの口座残高が3,000万円以上”』になった場合です。HotForexで複数口座を持っているとしてもプレミアム口座の証拠金が3,000万円未満であればレバレッジ制限がかけられることはないということです。

ゼロスプレッド口座の最大レバレッジは500倍

HotForexのゼロスプレッド口座の最大レバレッジは500倍です。レバレッジ的にはプレミアム口座と同じですがスプレッドが狭くなっています。しかしこのゼロスプレッド口座は他の取引口座とは違ってHotForexのボーナスは一切もらうことができません。

プレミアム口座とゼロスプレッド口座を選ぶ際にはボーナスを優先するのか、それともスプレッドを優先するのかを考えるようにしましょう。

AUTO(オート)口座の最大レバレッジは500倍

AUTO口座の最大レバレッジは500倍です。AUTO口座はMQL5で公開されているトレードシグナルやプロバイダーをコピーすることによって自分の口座で完全に自動で運用させることができます。

AUTO口座もボーナスは対象外となっているためコピートレードで良いシグナルやプロバイダをMQL5コミュニティの中で見つけられればレバレッジ500倍の威力を最大限発揮できることになるでしょう。

HFCOPY口座の最大レバレッジは400倍

HFCOPY口座の最大レバレッジは400倍です。HFCOPY口座は先述したAUTO口座と同じくコピートレード用の口座になっています。HFCOPY口座を利用するには適性テストに合格する必要がありますが、そのテストは口座開設の延長のようなものなので誰でも簡単に受かることができるでしょう。実際のテストを見た感想としても一度FXを体験したことがある人なら誰もが合格できるくらいのレベルです。

またHFCOPY口座もボーナスは対象外となっているので注意してください。

関連記事:HotForexのコピートレードの評判とHFCOPY口座の特徴とは?

PAMM口座の最大レバレッジは300倍

PAMM口座の最大レバレッジは300倍です。

PAMMとは上記2つのAUTO口座とHFCOPY口座と同じくコピートレードの1種です。

PAMMのため自分で取引することはないため最大レバレッジが300倍だとしてもコピー元の口座であるマスター口座を管理しているトレーダーがレバレッジに気をつければ良いだけなのでPAMM参加者は特にレバレッジを気にする必要はありません。

しかしレバレッジが300倍なのでそれだけコピートレードに必要となる証拠金も増えます。最低必要証拠金が若干高くなるのがPAMM口座がレバレッジ300倍であることによる影響でしょう。

PAMM口座に関してはこちらの記事にて記載してありますので興味があればご覧ください。

関連記事:PAMMとMAMの違いとは?5つの項目を比較検証!

選択するボーナス制度によってレバレッジは異なる

HotForexはボーナス制度によってもレバレッジ制限がかけられる可能性があるので注意してください。

このことを知らずにボーナスに一目散に飛びついて、レバレッジが制限されていたということに気づくのが遅くなっている人もたくさんいます。

マイクロ口座で30%レスキューボーナスを選択すると最大レバレッジは500倍

HotForexのマイクロ口座で30%レスキューボーナスを選択してしまうと最大レバレッジは1000倍から500倍まで引き下げられることになります。通常の2倍以上の証拠金が必要となるためそれだけ証拠金維持率も圧迫されやすくなるということに注意が必要です。

またマイクロ口座では『100%スーパーチャージボーナス』を選択することができないので、マイクロ口座でボーナスを受け取り、レバレッジ制限なく1000倍で取引したいのであれば、ボーナスは『100%クレジットボーナス』のみとなります。

関連記事:HotForexのボーナスは意味がない?利用範囲や消滅条件までわかりやすく解説

HotForexのレバレッジ規制

HotForexのレバレッジ制限に関しては上記で解説しました。しかしHotForexは他の海外FX業者と同じくハイボラティリティの商品に対して一定期間のレバレッジ規制や取引制限をかけることがあります。

HotForexがハイボラティリティ商品に対する一定期間の処置内容
・レバレッジ制限(必要証拠金が多くなる)
・新規発注停止(それまで保有していたポジションをクローズ(決済)することのみ許可)
・取り扱い一時停止(取引の強制停止)

例えば2019年から2020年にかけてばイギリスがEUから抜けるとなる兆しが見えてくるとHotForexはしばしばポンド系の通貨に対してレバレッジ規制をかけたりしていました。

また2020年3月にはコロナショックの影響で原油価格が史上初のマイナスになった際には一部の商品ペアに対してレバレッジ規制をかけていたことも記憶に新しいですね。

関連記事:HotForexで出金拒否の噂はあるのか?口座凍結の対象となる5つの原因とは

HotForexレバレッジまとめ

HotForexは他の海外FX業者と比較しても相当レバレッジ制限が緩い海外FX業者です。HotForexを利用している限りレバレッジ制限がかかることはほとんどないと思っていいでしょう。

もし口座残高が3000万円を超えてしまうという場合は一部の資金を出金してレバレッジ制限を解除するか、もしくは別の口座を作成して資金移動をしてその口座の残高を3,000万円未満にしてレバレッジ制限の対象とならないようにしておきましょう。

口座残高でレバレッジ制限を受けることはないにせよ、ボーナスの選択ミスによってレバレッジ制限がかけられるということがないように気をつけてくださいね。

海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事