FX業者を選ぶ際に指標となる大きなことがNDD方式とDD方式のどちらを利用するかということですが多くの方がNDD方式を良しとしていますがNDD方式にもメリットとデメリットがあるのはご存知ですか?

NDD方式だからといって向いている人と向いていない人がいます。今回はNDD方式について初心者の方でもわかりやすく丁寧に解説いたします。

・NDDのメリット
取引に透明性がある
意図的な介入をされることがない

・NDDのデメリット
少しの証拠金ですぐにレバレッジが下がる
ボーナスがつくことがない
約定力がカバー先に依存する

関連記事:NDD方式とDD方式の違いを初心者向けにわかりやすく解説!

NDD方式の強み

取引に透明性がある

NDD方式の海外FX業者は取引が全てカバー先へ流れる仕組みになっているので取引に透明性があります。

NDD方式の反対のDD方式の場合は市場に注文が流れているのかそれとも飲まれているのか完全にブラックボックスになっています。

NDD方式にはサーバーが一度顧客の注文を約定して市場で決済するSTP方式と投資家をカバー先に直接繋げるECN方式の2つの形態がありますがどちらも注文が市場に流れるのでDD方式と比べて取引に透明性があります。

FX会社と利益が一致する

NDD方式のFX業者は利用者が取引してくれればしてくれるほど手数料が入ってくるので顧客が利益を出し続けて取引し続けることが最も利益になります。

DD方式の呑み業者とは異なり顧客とFX業者の利益が一致しますので投資家にとって最高の環境を提供しようと尽力します。

関連記事:DD方式の業者の特権!マリー方式とは?

スキャルピングしてもOK

FX業者の収益上取引手数料が主な利益となるためスキャルピングトレーダーが歓迎されます。DD方式の場合はスキャルピングをするとサーバーに負荷がかかるということで取引に制限がかかることもありますがNDD方式の場合にはスキャルピング取引をしてくれた方が会社に手数料利益が発生するので歓迎されます。

大口取引OK

こちらも取引手数料と関係してきますがFX会社の手数料は売買の回数と取引の量が関係してきますので大口取引もNDD方式のFX業者は歓迎されます。

DD方式の呑み業者の場合には大口取引の場合は顧客が勝ってしまうとFX業者の損失となってしまうため取引に制限をかけることもありますがNDD方式であれば大口取引のスキャルピングトレーダーは好まれるので制限されることはありません。

関連記事:【知らないとやばい】FX業者がDD方式を採用する理由

EAの制限もない

EAとはExpart Advisorの略称で自動売買システムのことですがNDD方式のFX業者であればEAの制限もありません。

どれだけ取引をしてくれても手数料が入ってくるのでEAを制限する理由がないのです。

もしEA取引をするのであればNDDのSTP方式の口座でEAを取引したほうがいいでしょう。

関連記事:EAはSTP方式の口座で取引したほうがいい理由とは

NDD方式の弱み

レバレッジ制限が厳しい

NDD方式の場合レバレッジを提供しているのはFX業者もしくはカバー先ですので一定の証拠金に達するとレバレッジに制限がかかります。

基本的には200万円以上の証拠金になるとレバレッジは200倍以下になりますがFX業者によって100倍になる場合もあります。

インターバンク市場の取引量というのは限られてきますのであまりにハイレバレッジで取引をしてしまうとマイナス残高を出した際にFX業者が補填しなければいけない金額が大きくなってしまいます。

FX業者やカバー先がゼロカットを提供していないとしたらマイナス残高は顧客が補填しなければいけなくなるのでどちらにせよレバレッジ制限をかけることでリスクを下げるようにしているのです。

関連記事:A-bookとB-bookって?NDD方式とDD方式と違うの?

関連記事:インターバンク市場ってどこのこと?初心者向けに丁寧に解説

ボーナスが薄い

DD方式の呑み業者の場合はボーナスをつけてもないお金を取引させることができますがNDD方式の場合顧客にボーナスをつけたらその分を負担してカバー先に通さなければいけません。

NDD方式はボーナスが豪華ではなく入金額に対して10%程度と提供しているとしても取引ボーナス(FX業者に入ってくる取引手数料のバック)をしているくらいでしょう。

関連記事:FX少額投資家はDD方式の呑み業者を利用したほうがいい件

約定力がカバー先に依存する

NDD方式の海外FX業者は複数のカバー先と提携していますが約定力はカバー先に依存します。

DD方式の呑み業者の場合には約定した程にすることができますがNDD方式の場合にはカバー先から提供される流動性を超える取引を提供することはできません。

大口取引やスキャルピングは歓迎されますがFX業者が提供する流動性を超えるほどの取引をするとスリッページや一部リクオートされる可能性もあります。

NDD方式の約定力はカバー先の量と質によるということができます。

関連記事:DD方式のメリットデメリットを徹底的に解説

NDD方式の海外FX業者

XMTrading

XM公式HP

XMは2009年から営業を開始し2020年現在では250万人以上の利用者を獲得し日本で最も利用者が多い海外FX業者になります。

口座開設をするだけで3,000円の未入金ボーナスと100%入金ボーナスは少額からでも十分に取引をすることができmカス。

888倍のレバレッジと追証なしの取引環境は中上級者のトレーダーから愛用されています。

TitanFX

titanfx公式HP

TitanFXは最大500倍のレバレッジとゼロカットシステムを提供しています。

NDD方式としては珍しく公式HPでカバー先を後悔しています。14社の豊富なリクイディティプロバイダーと契約しており低スプレッドの取引環境はスキャルピングトレーダーやガチガチの裁量トレーダーに人気になっています。

Axiory

Axioryのカバー先

AxioryもNDD方式でカバー先を公開しています。400倍のレバレッジとcTRaderなどの板情報が見れる取引プラットフォームは裁量トレーダーやスキャルピングトレーダーに人気を博しています。

関連記事:Axioryの評判は?実際に利用してみてわかった強みと弱み

関連記事:Axioryの口座開設方法を画像を使って超わかりやすく解説してみた

海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事