政策金利はファンダメンタルズ分析をする上で米国雇用統計と並んで欠かせない重要指標の1つです。

政策金利とはその国の金融政策の表れですが、その国の中央銀行が金利を上げたり下げたりすることで自国の経済を調節しているのです。

関連記事:ファンダメンタルズ分析とは?最低限知っておきたい4つの指標

金融政策とは

金利を変更させ経済調節をする

政策金利をより詳しく知るためには金融政策について知る必要があります。

金融政策とはその国の中央銀行が金利を上げたり下げたりすることによって経済を調節する役目を果たしています。その政策金利とは中央銀行が民間銀行に貸し付ける際の金利水準です。

そして民間銀行は私たちに金利を提供してくれているので民間銀行は勝手に独自の金利を提供することはできないのです。

金利が変動することによる影響とは

ではなぜ政策金利を変動させることが経済を調節することに繋がるのでしょうか。一般的に、経済がイケイケの状態、つまり経済が良好な状態の場合は政策金利を上げて経済を締め付けますがこれを金融引き締めと言います。

反対に経済が不況の場合には政策金利を下げることによって不況を乗り越えようとします。これを金融緩和と言います。

なぜ政策金利によって経済が引き締められたり緩和されたりするかと言うと好景気というのはお金が潤沢に回ることによって訪れます。金利が低ければそれだけ不動産をローンで購入する人や、起業家たちは資金調達をしやすい状況になります。

しかし金利が高い場合には不動産ローンを申請した人はローンに対して支払わなければならない金利が大きくなってしまうためなかなか購入することもないでしょう。また起業家も資金調達をする際に高い金利を支払うというのは借りずらくもなるのでお金の流れがゆっくりになります。

このようにして政策金利の変更によって経済を引き締めることが可能なのです。

なぜ経済を引き締める必要があるのか

ではなぜ政策金利によって経済を引き締める必要があるのでしょうか。

少しFXとは外れているように思えるかもしれませんがここをしっかり理解しておくことによって今後政策金利の変動などが起こった際にファンダメンタルズ分析を上手に活用することができるようになります。

政策金利を上げて経済を引き締める必要があるのは一言で言うならば『物価の上昇を防ぐため』です。

政策金利をわかりやすく言うのであれば

・政策金利の上昇→民間からお金を巻き上げる
・政策金利の低下→民間に資金を放出する

政策金利は銀行預金の金利にも大きく影響するのでほぼ元金保証の状態で金利を得られるのであれば株式よりも銀行預金の方に流れるため民間に出回る資金量は少なくなります。

反対に政策金利が下がれば銀行に預金していてもほぼ金利がつくことはないため株式投資やFX投資などに資金が流れるため民間に資金が放出されるようになります。

政策金利が低いと物価が上昇する原因

政策金利が低いと物価が上昇する原因としては『市場にお金が溢れかえっているから』です。政策金利が低いと民間に資金が流れることはお伝えしましたがあまりにお金が市場に流れすぎてしまうと『お金の価値が下落』してしまいます。

お金の価値が下落してしまうと極端な話『パン1枚が100万円』の価格がつくこともあるのです。

しかしこれはパンが100万円の価値になったのではなく、お金100万円がたった1枚のパンにしか交換できなくなってしまっている現状なのです。

例えば世界にパンが10枚と10円しかないとしましょう。この場合パンは1枚あたり1円の価格がつきますが、パンの数はそのままでお金が100円に増えたとしたら単純計算パン1枚に10円の値段がつきます。

このように政策金利を引き下げて市場にお金がどんどん供給されていくとお金の価値は下がり物価が上昇するのです。

その代表的な事例が2000年のジンバブエで起きたハイパーインフレです。

政策金利が為替相場に与える影響

政策金利が相場に与える影響は?

では政策金利を理解したところで政策金利の変動が相場にどのような影響を及ぼすのかを見ていきましょう。

政策金利の経済指標発表の際に発表されるのはいずれかになります。

・政策金利の引き上げ(金利水準を引き上げて経済を締め付ける)
・政策金利の引き下げ(金利を下げて経済を活性化させる)
・政策金利の据え置き(金利水準変わらず)

政策金利の引き上げによる相場への影響

政策金利を引き上げると言うことはその国の銀行に預金をしておくだけで高い金利を受け取ることができます。

例えば日本が金利0%/年だとして米国が金利2%/年だとすれば日本の投資家は米国へ投資をしたくなるでしょう。

なぜなら預金というのは銀行は顧客の資産に対して預金保険機構に申請し保険をかけているのでほぼ元本保証で年間2%の金利を受け取ることができるからです。

つまりこの場合日本円は売られて米ドルが買われやすくなります。

ドル円のチャートであれば上昇要因となります。

政策金利の引き下げによる相場への影響

政策金利を引き下げる場合はその国が不況に陥り経済を上昇させたい際にとられる金融政策です。

この場合投資家は受け取れる金利が少なくなるので政策金利が下がる通貨は売られやすいという傾向があります。

・日本(JPY):政策金利0%
・欧州(EUR):政策金利2%
・米国(USD):政策金利2%から1%の引き下げ

この状態から米国が政策金利を1%引き下げると相場はどのように変化するでしょうか。

政策金利の高い順だと『欧州>米国>日本』ですが

政策金利引き下げによって米ドルを売ってユーロを購入する投資家が増えると米ドルの価値が下がります(ユーロドル上昇)

またユーロドルの相場の動きはドル円の相場にも影響を与えます。

日本円の価値がそのままであれば米ドルの価値は下がっているのでチャートはドル安(下がる)可能性があります。

政策金利の据え置きによる相場への影響

政策金利発表の際には政策金利の据え置きという可能性もあります。

据え置きというのは政策金利の水準を変えないで維持するということですがこの場合2つのパターンがあります。

・政策金利据え置きをポジティブと捉える場合
・政策金利据え置きをネガティブと捉える場合

政策金利据え置きをポジティブと捉える場合は政策金利が歴史的にも安く経済も好調にも関わらず政策金利を据え置きにすると、より好景気になるのでその国の通貨は買われやすくなります。

反対に政策金利の据え置きをネガティブと捉える場合は金融緩和をしなければいけないにも関わらず金利は未だに高いような状態はネガティブ材料となりその国の通貨は売られる可能性も高くなります。

世界の政策金利

政策金利

参考:外為どっとコム

このように各国の政策金利は新興国通貨は高く、先進国の通貨は金利が低いというのが特徴です。

新興国通貨は金利を高くすることで諸外国からお金を集まることによって国内経済の活性化につなげることができます。しかし新興国通貨は世界経済がリスクオフになった場合には真っ先に売られやすいという傾向があるのでスワップ(金利)狙いの長期保有をする場合にはスワップでのプラスよりも価格変動による為替差損になる可能性も注意する必要があります。

リスクオンとリスクオフとは

政策金利が高いからといって必ずしもその通貨が買われやすいかと言えばそうではありません。

リスクオンの際には政策金利が高くより大きな金利がつく通貨が人気となりますがリスクオフの際には金利の高い国の通貨は真っ先に売られやすくなります。

リスクオンとリスクオフとは投資家の心理状態のこと
リスクオン→投資家がリスクをとってリターンを積極的に取りに行く姿勢(世界経済が良好な際)
リスクオフ→投資家がリスクを取らずに資産を守りに入る姿勢(世界経済が悪化する際)

世界経済が低迷したりテロなどの何かしらの有事の事態が起こると金利が高い通貨でも経済的にまだ未熟であれば投資家は発展している先進国の通貨に避難をするので新興国通貨は金利が高くても売られることがあります。

FOMCは世界2大イベントの1つ

FOMC

世界のGDPの20%をしめる経済大国アメリカの金融活動は世界経済に影響を与えます。

アメリカの中央銀行であるFRB(The Federal Reserve Board)が政策金利の調節を行いますがその政策金利の方針を決めるのがこのFOMCです。

FOMCとは(Federal Open Market Committee=連邦公開市場委員会)はアメリカの金融政策の方針を決める会合です。日本では、「日銀金融政策決定会合」がありますがそれにあたるのがこのFOMCです。

日本では政策金利と言いますが米国のFOMCは政策金利のことはFF(Federal Fund)金利といいます。

FOMCは年間8回行われる米国雇用統計と並ぶ世界2大イベントの1つなので毎回必ず確認しておくようにしましょう。

関連記事:米国雇用統計とは?世界2大イベントのもう1つが与える影響を解説します

政策金利まとめ

政策金利とはその国の金融政策の方針ですがその国の経済を安定して発展させるために調節する役割を持っています。

日本でいう『日銀政策決定会合』が米国でいう『FOMC』です。FOMCは年間8回公表されますが米国雇用統計と並ぶ2大イベントなので相場が大きく動く可能性があります。

特に、アナリストの予想値と結果が大きく乖離すればするほどそれだけ相場も大きく動く可能性が高まります。

FOMCの日にはトレードをしない、もしくは損切りをしっかり決めてトレードをするということを気をつけて行くことが大切になるでしょう。

海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事