NDDがSTPとECN方式に分かれる














EA取引は絶対STP方式にした方がいい3つの理由

これから海外FXの口座を開設するという際に困るのが口座タイプです。

口座タイプには同じNDD方式の中でもSTP方式とECN方式などがあります。

今回はこのSTP方式の方を徹底的に解説していきます。

この記事でわかること
・STP方式の仕組み
・ECN方式との違い
・EA取引はECNじゃないとダメな理由

STP方式とECN方式の違い

NDD方式はディーラーを介在しない透明性の高い注文処理方式ですがそれにはSTPとECNの2つの注文処理方法があります。

ECNはインターバンクにそのままアクセスさせること

ECN方式の図解

ECNとはElectronic Communications Networkの略称ですが電子ネットワークシステムのことで各会社が私設取引システムを設立しそこで絶えず注文がマッチするシステムです。

証券会社やFX業者、ファンド会社や銀行などの大手金融機関が絶えず売買を繰り返しています。このインターバンク市場に直接アクセスすることができるためFX業者を挟まない公正で透明な取引をすることができます。

参加者の売買は板情報として見ることができるため自分がぶつけたい板情報があれば直接ぶつけることで約定されることから約定力には定評があります。

FX会社を通じてその電子私設取引に参加できるため取引の際に提示されているスプレッドはインターバンク市場の生のスプレッドですがECNの利用料として取引ごとに手数料がかかるのが特徴です。だいたい1ロットあたり4〜10$の売買手数料がかかります。

STP方式は顧客の注文を一度呑むこと

STP方式の図解

STP方式とはStraight Through Processingの略称ですが利用者から注文を受けた際にカバー先に注文をそのまま流すことを指します。

STP方式はディーラーを介さないNDD方式の1つですが具体的には使用するFX会社のカバー先の提携数によって流動性が変わってきます。

流動性とは約定力とも言えますがあまりにもカバー先と提携していないと他のFX会社よりもレートが悪かったり流動性が足りずスリップしてしまうなんてことにもなります。

このSTP方式はカバー先が提示するレートを1つにまとめて最も有利なレートを提示してくれる他、約定する際に有利な方にスリッページするポジティブスリッページが発生することもあります。

これはDD方式や相対方式の業者では絶対にありえないことなので指し値よりもいいところで利確されていた。なんてこともあります。

STP方式はさらに2つに分かれる

STP方式2つの種類

STP方式の場合はさらにインスタントエグゼキューションとマーケットエグゼキューションの2つに分かれます。

インスタントエグゼキューション

STP方式には2つの形態があります。

Instant:即時
Execution:実行

つまり即時実行ということですが具体的にいうと顧客からの注文が入ったと同時にサーバーが反対売買をしてその後カバー先に注文を出して手数料だけが発生するという仕組みです。

一瞬ではあるもののサーバーが顧客の注文を呑んでいますがサーバーはプログラムされているので注文ごとに呑んだり呑まなかったりと柔軟には対応することができません。

一瞬だけ呑みますがその後カバー先金融機関に注文を流しているので呑んでいる時間はほんの一瞬程度ですしそのまま呑まれることもありません。

マーケットエグゼキューション

マーケットエグゼキューションとは

Market:市場
Execution:実行

マーケットエグゼキューションはインスタントエグゼキューションと反対で、顧客の注文をFX業者が一瞬でも呑むことはせずそのままカバー先へと注文を流す方式になります。

これによって約定されないことはないもののカバー先金融機関のレートによってはスリッページが発生する可能性があります。

Market Executionを提供しているところはDMA(Direct Markets Access)というトレーダーの注文を金融機関の市場価格で約定させるという電子的なシステムを提供しているところもあります。

このDMAはマーケットと直接繋がっているためSTP方式の中で最も透明性が高いので遅延がほとんどない環境で取引をすることができます。しかし流動性によってはスリッページやスプレッドが大きく変動したりもしますので固定スプレッドを提供している業者はDMAを提供していることはありません。

ECN方式でEA取引してはいけない理由

EAがECN方式がNGな理由

ECN方式でEA取引をしてはいけない理由

ECN方式の場合はリクオートという概念がないのでエントリーしたら必ず約定されます。しかしもし取引時間の薄い週明けや早朝などにEAがポジションを発注してしまったとするととんでもないところでエントリーされてしまう可能性があります。

表面スプレッドも狭く取引コストも一定であるEAの方が節税にもプログラムするとしても楽というイメージがありますが実際に稼働してみるとリクオートがない環境でのEAというのは非常に危険です。

EA取引はSTPにするべき

裁量取引をするのであればECN方式の方が柔軟に約定力も高く取引するにうってつけですがEA取引をする場合にはSTPの口座を利用した方がいいと言えます。

というのもSTP方式の口座であればリクオートがあるのであまりにもスプレッドが広く市場が傾いている場合にはリクオートしてくれた方がEAも安全です。

特に週明けや早朝などの取引高のない時間帯というのはスプレッドが異常に広がることがあります。

そこでEAを入れていたとするとEAがとんでもないところで約定していたということにもなるのでリクオートがあった方がいいのです。

STP方式のまとめ

NDD方式の中にはSTPとECNの2つの注文処理方法があることはお伝えしました。

そしてSTP方式の中にもインスタントエグゼキューションとマーケットエグゼキューションの2つの処理方法がありますがどちらがいい悪いということではありません。

これらはそれぞれメリットとデメリットがあるのでしっかり理解した上で自分のトレードとどの注文処理方法が合致するのかを考えればいいのです。

本当にECNの取引環境でトレードをしたいのであればMT4ではなくcTraderやCurrinexなどの板情報がみれる取引プラットフォームを一度利用してみるといいでしょう。

これまでMT4に慣れていたせいで見れなかった市場の取引板が直接目に見えることでまたFXの世界が広がるのではないでしょうか。


海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事