TitanFXは最大500倍のレバレッジと豊富なリクイディティプロバイダーを要するNDD方式の海外FX業者です。

スキャルピングトレーダーや大口トレーダーから人気を博していますが口座開設の後に本人確認書類を提出しないと入金やトレードをすることはできません。

TitanFXは口座開設ボーナスや入金ボーナスはないので本人確認書類を提出して入金をしないと証拠金がありません。

今回はTitanFXで必要となる本人確認書類と提出方法に関してわかりやすく丁寧にまとめてみました。

関連記事:TitanFXの評判は?12の強みと3つの弱みを徹底的に解説してみた

TitanFXは口座開設だけなら本人確認書類の提出は必要ない

口座開設だけなら本人確認は必要ない

TitanFXでは口座開設時には本人確認書類の提出を要求されないのでトレードを実際にしないのであれば本人確認書類がなくても口座開設だけはすることが可能です。

口座タイプはスタンダード口座とブレード口座の2つのタイプがありますがどちらの口座でも本人確認なしで開設することができます。

しかし実際にトレードをする際には入金する必要がありますが、そのためには本人確認書類を提出して承認されて口座が有効化される必要があります。

・TitanFXのスプレッドの変動をみてみたい
・MT4/MT5の仕様だけでもみておきたい
・TitanFXのマイページの使い心地だけでも確認したい

というのであれば先にTitanFXで口座開設だけ済ましておいてもいいでしょう。

関連記事:TitanFXの口座開設方法を画像で丁寧に解説します

TitanFXの本人確認書類は顔写真付き身分証と住所証明証

必要となる身分証明書は2つ

TitanFXで必要となる本人確認書類は以下の2つの書類が必要となります。

・顔写真付き身分証明書
・現住所証明証

口座開設をした後に上記2つの書類をTitanFXのマイページであるクライアントキャビネットから提出をする必要があります。

顔写真付き身分証明証

TitanFXで提出可能な顔写真付き身分証明書
・パスポート
・運転免許証
・マイナンバーカード

国内FXと同じくマイナンバーカードも身分証明書として利用することはできますが通知カードは顔写真が載っていないので利用することはできません。

住所証明証

TitanFXで提出可能な住所証明書は以下のものになります。

TitanFXで提出可能な住所証明書
・住民票
・携帯電話料金請求書
・クレジットカード利用明細書
・保険証
・公共料金受領証(電気・ガス・水道代請求書)

TitanFXで本人確認書類が受理されない時の原因と対処法

書類が承認されない原因と対処法

TitanFXで本人確認書類が受理されない時の原因として考えられるのは以下の原因があります。

・顔写真身分証明書と住所証明書の住所が一致しない。
・顔写真付き身分証明書と住所証明書がはっきりと撮影されていない。
・住所証明書が発行から3ヶ月以上経過している。
・住所証明書が自分名義ではない場合
・TitanFXに登録してある名義と提出した書類の名義が異なる場合

顔写真身分証明書と住所証明書の住所が一致しない。

TitanFXに提出した顔写真付き身分証明書と住所証明書の住所が一致していない場合には確認書類が受理されません。

例)運転免許証と住民票を提出した場合。
運転免許証:秋田県〇〇市〇〇町
住民票:東京都〇〇区〇〇町

上記のように提出した2つの身分証の住所が一致している必要があります。

顔写真付き身分証明書や住所証明書がはっきりと撮影されていない。

TitanFXに本人確認書類や住所証明書を提出する場合には書類を郵送する必要はありません。

写真で撮影をしてTitanFXのマイページ(クライアントキャビネット)にアップロードをすれば問題ありません。

しかしその際に撮影した写真の住所が記載されているところがボヤけていたり写真からはみ出して住所がよく確認できない場合には本人確認書類が受理されません。

住所証明書が発行から3ヶ月以上経過している。

住所証明書は発行から3ヶ月以内のものを提出する必要があります。

3ヶ月以内のものがない場合には最も手早いものはマイナンバーカードを利用して近くのコンビニで住民票を取得するのが最も効率的です。

マイナンバーがない場合には近くの市役所に行って住民票を取得するか毎月送られてくる公共料金請求書を待つしかありません。

住所証明書の名義人が自分ではない場合

住所証明書の名義人が自分ではない場合も本人確認書類が受理されることはありません。

公共料金請求書(電気・ガス・水道代)の請求されている名義(名前)が自分ではない場合はTitanFXで本人確認書類が受理されることはありません。

顔写真付き身分証明書の名義と住所証明書の名義が必ず一致している必要があります。

TitanFXに登録してある名義と提出した書類の名義が異なる場合

TitanFXで口座開設をした際に登録した名義と提出した身分証明書の名義が異なる場合も本人確認書類が受理されることはありません。

TitanFXで口座開設をする際には必ず自分の名義で登録するようにしましょう。そして提出する身分証明書や住所証明書は自分の名義であることを確認してから提出するようにしましょう。

TitanFXの本人確認書類まとめ

TitanFXの本人確認書類は顔写真付き身分証明書と現住所証明書の2つが必要となります。

TitanFXで口座開設をした際の名義
顔写真付き身分証明書の名義
現住所証明書の名義

上記の3点が必ず一致していないとTitanFXの口座は有効化させることはできないので本人確認書類がなかなか承認されない場合には上記で解説したいずれかに該当していないか再度確認してみてください。

関連記事:TitanFXの口座開設方法を画像で丁寧に解説します

海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事