TItanFXの金融ライセンスはバヌアツ














TitanFXが保有するバヌアツ金融ライセンス(VFSC)の安全性と信頼性を検証

TitanFXが保有しているVFSC(バヌアツ金融ライセンス)の信頼性はどうなのでしょうか。

海外FX業者の保有する金融ライセンスは一見その国の金融庁に認可を受けているように思えるかもしれませんが中には登録が容易だったり、金融ライセンスがあってないようなものだったりすることがあります。

今回はTitanFXの保有するバヌアツ金融ライセンスに関して信頼性やその他評判に関して徹底的に検証していきます。

関連記事:TitanFXの評判は?強みと弱みを徹底解説!

TitanFXが保有するバヌアツ金融ライセンスの信頼性

TitanFXのライセンスはバヌアツ登録番号:40313

TItanFXが保有するバヌアツ金融ライセンスは、所得税や法人税のかからない完全タックスヘイブンの国です。

バヌアツ金融サービス委員会は1993年に設立されましたが金融ライセンスの信頼性は厳格かと言われればまだそうとは言えません。

CySEC(キプロス金融ライセンス)やFCA(イギリス金融ライセンス)は金融ライセンスを取得する場合には顧客の資産を信託保全する義務がありますがバヌアツ金融ライセンスには信託保全の義務はありません。

バヌアツ金融ライセンスを保有しているのはTitanFXの他にはTradersTrust,FXPrimusなどがありますが比較的マイナーなライセンスであることは間違いありません。

TitanFXがバヌアツ金融ライセンスを取得した背景

TitanFXがバヌアツの金融ライセンスを取得した背景としてTitanFXは元Pepper Stoneの役員陣で構成されていることに着目してみると面白いです。

PepperstoneはASICの金融ライセンスを持っていましたが日本の金融庁の圧力がかかり現在は日本人顧客へのサービスを中止しています。

日本の金融庁は数々の海外FX業者を名指しで指摘していますが日本の投資家が海外に流れることを防ぎたかったのでしょう。

日本国内のFX業者と国民であれば税金も両方から取れますし、税金の取りっぱぐれになることもありません。

PepperStoneは日本人顧客へのサービスを中止しなければならなくなりましたが、TitanFXは失った日本人顧客を取り戻そうと2014年に設立されました。

最初はニュージーランドのFSPライセンスとセントビンセントグレナディーン金融ライセンスを保有していましたが、2018年7月1日にバヌアツ金融ライセンスに移動しました。

バヌアツ金融ライセンスから見るTitanFXの信頼性

金融ライセンスから見る信頼性

金融ライセンスを与える機関も登録料などで一定の金額を徴収しているのが普通です。

TitanFXが保有するバヌアツ金融ライセンスの取得費用と会社設立費用で合計25,950USD(約280万円程度)かかりますが申請から取得まで何も問題がなければ1週間程度で取得することができてしまいます。

最低限の条件をクリアしていればライセンスを取得することができてしまいます。

バヌアツ金融庁は2019年3月初旬から新規政策開始

これまで会社本社の所在地をバヌアツにすれば金融ライセンス取得に関して一切問題がありませんでした。

しかし2019年3月初旬にVFSCは金融ライセンスを保有している金融機関に対して新規政策を開始しました。

・金融ライセンスをA/B/Cに分類
・ライセンスのランクによって提供できるサービスを制限する
・全ての法人の取締役は最低5年の証券投資経験が必要である
・法人経営者もしくは取締役は1年間のうち6ヶ月以上はバヌアツに滞在すること
・金融機関を監査する独立監査法人は事前にVFSCの認可を得る必要がある
・ライセンスを保有している法人は”專門職業賠償責任保険”への加入が義務付けられる

VFSCの目的は『世界的に信頼性のある金融ライセンスとして認知されること』にあるので今後もこのような規制はより厳しくなっていくでしょう。

関連記事:TitanFXを利用するならスタンダード口座?ブレード口座?両者を徹底比較してみた

TitanFXのライセンスの信頼性から学ぶこと

TitanFXの保有するバヌアツ金融ライセンスは信託保全がなくても取得が可能であるためTitanFXが公式HPでどれだけ分別保管をしていると言っても誰も監視したことがないので信頼できるかと言われれば『できない』と言えるでしょう。

TitanFXは自社の資産と顧客の資産を分離して管理し、日次残高を含み損益まで毎日調節しているということです。

これまでの運営実績や経営陣などを見て一定の信頼性はあるものの、やはりこまめに出金するようにするのが望ましいでしょう。

TitanFXの資産と私たちの資産が保管されているナショナル・オーストラリア銀行はオーストラリア最大級の銀行であり、ムーディーズの格付けでは『Aa3』とトップクラスの信頼性を誇っています。

銀行が倒産する可能性は低いとしてもTitanFXに資金がある場合には度々出金する方が安全です。

TitanFXとバヌアツ金融ライセンスのまとめ

TitanFXが保有しているバヌアツ金融ライセンスはまだそこまで厳格な金融ライセンスで世界的にも信頼性が高いかと言われれば答えはNoでしょう。

しかし今後、信頼性が高まっていく可能性があるかと聞かれれば”Yes”と答えることができます。

TitanFXがバヌアツの金融ライセンスを取得したのが2014年でまだ規制も緩く比較的簡単に取得することができたので今後TitanFXがその金融ライセンスを継続して維持していけるかどうかがTitanFXの信頼につながるでしょう。

関連記事:TitanFXのレバレッジは500倍!商品CFDのレバレッジや制限はあるの?

関連記事:TitanFXの取引時間まとめ!原油や貴金属の取引時間は?


海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事