TitanFXの口座開設方法

TitanFXの公式HPに移動します。

リアル口座開設

『リアル口座を開設』をクリックします。

口座開設申請

ユーザー登録を行います。

口座を選択:個人口座 or 法人取引口座
メールアドレス:Gmailを推奨(携帯のメールアドレスの場合メールが届かない可能性がある)
パスワード:TitanFXのログインパスワードになります

上記にチェックマークを入れて『さあ、始めましょう』をクリックします。

※Bitwalletを持っている場合はBitwalletに登録しているメールアドレスを利用しましょう。Bitwalletと異なるメールアドレスと異なるとBitwalletでの入出金の際に少々面倒になります。

パスワードは以下の条件を満たしていること
・全てアルファベットor数字
・英語の大文字を最低1字
・英語の小文字を最低1字
・数字を最低1つ
・最低7文字以上であること

パスワードは必ず保存しておきましょう。今後TitanFXから送られてくるメールにログインパスワードは記載されていません。必ず登録したメールアドレスとパスワードは手元に保管しておくようにしましょう。

口座情報設定

プラットフォーム:MT4 or MT5
口座タイプ:スタンダード/ブレード
レバレッジ:500,400,300,100,50,1倍から選択
ベース通貨:MT4の表示される通貨になります(基本的にはJPYで問題ありません)

上記の情報を入力したらチェックマークを入れて『次へ』をクリックします。

MT4とMT5の違い
どちらもメタクオーツ社が開発する取引プラットフォームです。裁量トレーダーの場合はMT5を、EAトレーダーの場合はMT4を選択するようにしましょう。

口座タイプの違い
スタンダード口座はSTP方式でブレード口座はECN方式です。どちらもNDD方式ですが取引コストはブレード口座の方が安いですが1ロットあたり7$の売買手数料がかかります。初心者の方はスタンダード口座を、中上級者の場合はブレード口座を選択するといいでしょう。

関連記事:TitanFXのスタンダード口座とブレード口座の違いを徹底比較

レバレッジ
『500:1』がオススメです。レバレッジは高い場合は実行レバレッジを調節することによってリスクを増減させることができます。もし500倍のレバレッジが高ければ後からレバレッジを引き下げることも可能です。

口座情報入力

名(ヘボン式ローマ字):Tarou(ローマ字入力)
姓(ヘボン式ローマ字):Tanaka(ローマ字で入力)
生年月日:『日>月>年』の順番に入力します。
例)1991年1月2日の場合は"02/01/1991"と入力

どちらで当社をお聞きになりましたか?
→HPで問題ありません。

口座開設情報入力

国:Japan
電話番号:ハイフンなし
住所:
市区町村:〇〇-ku,〇〇-city,〇〇-cho
都道府県:Tokyo
郵便番号:ハイフンなしで入力

TitanFXに登録する住所情報は英語で入力しますがこちらのサイトで自動で英語変換してくれるサイトがあるのでご利用ください。

住所変換サイト”君に届け”

口座開設登録完了

先ほど登録したメールアドレスを確認します。

※メールが届いていない場合は迷惑メールフォルダを確認しましょう。自動配信メールになっているので登録したメールアドレスに即時届いているはずです。

メールアドレス承認

メールアドレスにある『確認』をクリックします。

メールアドレスの確認完了

『クライアントキャビネット』をクリックしてマイページにログインをします。

クライアントキャビネットログイン

先ほど口座開設の際に登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

※口座開設を承認されるまでに1営業日程度かかります。TitanFXから口座開設の承認がメールにて別途届くので届き次第マイページにログインすることができます。

TitanFXのデモ口座開設方法

TitanFXではリアル口座を持っていない人でもデモ口座を開設して取引することができます。

これまで国内FXを利用していた人はTitanFXのハイレバレッジやMT4などをノーリスクで体感することができるので初心者トレーダーや海外FX未経験者は先にデモ口座で取引してみることをオススメします。

また初心者のみならず裁量トレーダーやEAトレーダーも自分の取引ロジックを確認し検証することができるので積極的に利用していくのがいいのではないでしょうか。

デモ口座開設をクリック

TitanFXの公式HPを開いて『デモ口座を開設』をクリックします。

TitanFXの公式HPはこちら

デモ口座情報を入力

TitanFXデモ口座のユーザー登録に必要となる情報を入力します。

・名(ヘボン式ローマ字):MT4の名義(名前の部分)をローマ字で入力
・姓(ヘボン式ローマ字):MT4の名義(苗字の部分)をローマ字で入力
・メールアドレス:Gmailがオススメ※携帯メールアドレスの場合TitanFXからのメールが届かない可能性がある。
・プラットフォーム:MT4/MT5のどちらかを選択

上記の情報を入力したらチェックマークを入力して『さあ、始めましょう』をクリックします。デモ口座開設申請完了

すると先ほど登録したメールアドレスへ以下のようなメールが届くのでMT4(MT5)をダウンロードします。

デモ口座開設方法がメールで届く

デモ口座の開設方法
1:MT4/MT5をダウンロードする
2:『ファイル>デモ口座の申請』をクリックする
3:『新しいデモ口座にチェックを確認>次へ』をクリック
4:名前、メールアドレス、電話番号、デモ口座の詳細を入力
5:デモ口座の情報が届くのでログインして取引をする

では上記の手順を1つ1つやっていきます。

MT4/MT5をダウンロードする

デモ口座開設方法がメールで届く

TitanFXメタトレーダー4のダウンロードは”こちら”をクリックしてMT4をダウンロードします。

『ファイル>デモ口座の申請』をクリックする

ファイル>デモ口座申請

MT4を開いたら画面右上に『ファイル(F)』という文字があるのでそちらをクリックします。

すると『デモ口座の申請(A)』とあるのでそちらをクリックします。

『新しいデモ口座にチェックを確認>次へ』をクリック

新しいデモ口座>次へ

『新しいデモ口座』のチェックマークを入れたら『次へ(N)』をクリックします。

名前、メールアドレス、電話番号、デモ口座の詳細を入力

デモ口座の詳細を入力

お名前:デモ口座の名義(本名でなくても可能)
Eメール:自分が持っているメールアドレスを入力
電話番号:+8108012345678
※実際の電話番号じゃなくても登録可能
口座タイプ:ブレード口座orスタンダード口座
証拠金:デモ資金の設定
レバレッジ:デモ口座のレバレッジを設定

上記の情報を入力したら『貴社からのニュースレター受け取りに同意します』のチェックボックスにチェックを入れます。

ここにチェックを入れないと次に進めないのでチェックを入れましょう。

※証拠金は5,000,000円までとなっています。口座タイプの選択時にJPYを選択しておかないとMT4でデモ口座にログインした際にUSD建での表記になります。

関連記事:TianFXのレバレッジは500倍!制限や規制まで丁寧に解説

デモ口座の情報が届くのでログインして取引をする

デモ口座の情報が届く

登録したデモ口座の情報が届くので
ログインID:MT4(MT5)のログイン情報
パスワード:MT4(MT5)のログインパスワード
パートナー:閲覧用パスワード(エントリーができない見るだけのパスワード)

これらの情報を使ってMT4にログインします。

ログインしたら既に仮想残高が入っているのでそのまま取引することができます。

TitanFXでデモ口座でトレードをするメリットとは

デモ口座を利用するメリットとは

ハイレバレッジの取引環境を体感することができる

TitanFXのレバレッジは最大500倍で取引することができますがこれまで国内FXで取引していた方からすると最小でも20倍のレバレッジの高さになるのでいきなりレバレッジ調節をするのは難しいでしょう。

デモ口座であればレバレッジの威力を体感することができる他、必要証拠金や証拠金維持率がどのように変化するのか自分のトレードをデモ口座で練習することができます。

特にCFD商品に関してはボラティリティが激しく海外FX業者によってレバレッジが異なるので業者ごとのレバレッジを確認するのであれば先にデモ口座でトレードするのもいいのではないでしょうか。

STP方式とECN方式の口座を試すことができる

TitanFXはスタンダード口座とブレード口座の2つの口座タイプを提供しています。これらの口座はスプレッドや売買手数料の有無など異なります。

TitanFXでどちらの口座タイプを利用しようか迷っている人は先にデモ口座を開設して取引してみるのがいいでしょう。

TitanFXのスタンダード口座とブレード口座はデモ口座開設時に選択をするので迷っている人は2つとも作成して取引環境を確かめてみるのがいいのではないでしょうか。

関連記事:TitanFXの2つの口座タイプの違いを徹底的に解説!

ロジックを確認することができる

EAを開発している人や運用をしている人はなるべく低スプレッドの取引環境がいいと考えます。

EAを開発してTitanFXで試験運用をさせることによって実際の相場でエビデンスをとることができます。

また裁量トレーダーの場合でもいきなりリアル口座でトレードをするのではなく自分が開発したロジックを一度デモ口座で取引することによってノーリスクで自分のロジックを確認することができます。

MT4の取引環境をノーリスクで確認することができるというのはデモ口座の最大のメリットと言えますね。

TitanFXのデモ口座 よくある質問

TitanFXのデモ口座よくある質問

Q:TitanFXのデモ口座を作成したのにログインができなくなりました

A:30日間ログインもせず取引もない場合はデモ口座は消滅します。

デモ口座の有効期限は30日間となりこの期間を過ぎると無効となるため新しくデモ口座を作成し直す必要があります。

Q:デモ口座を同時に作成することはできますか?

A:できます。

デモ口座の作成に制限はないのでEAを同時に試したい方や異なるロジックを試したいという場合にはデモ口座を複数作成してエビデンスを分けて取得することができます。

Q:デモ口座とリアル(ライブ)口座の違いはなんですか?

A:デモ口座では予期せぬトラブルがない理想の取引環境ですがライブ口座は違います。

デモ口座の場合はスリッページやリクオート、サーバー遅延などのリアル口座で起こりうる可能性のあるものが発生しません。一方でリアル口座の場合は取引参加者の違いでリクオートやスリッページ、サーバー遅延などのトレードとは別の外部の影響を受ける可能性があります。

Q:他の海外FX業者のMT4を持っているのですが新しくTitanFXのMT4をダウンロードしなければいけませんか?

A:既にMT4をダウンロードしてあるのであればそちらのMT4を利用すれば問題ありません。

MT4をダウンロードしてあるのであれば新たにTitanFXのMT4をダウンロードする必要はありません。既にダウンロードしてあるMT4で上記のデモ口座開設手順を踏んで口座開設すれば問題ありません。

しかしサーバー選択の際に『TitanFX-Demo1』と入力する必要があります。

TitanFXのデモ口座まとめ

TitanFXのデモ口座はEAの検証やロジックの検証、そしてTitanFXの取引環境を確かめることができるんはデモ口座の最大のメリットです。

特に国内FXを利用している場合には1ロットあたりの取引量やスプレッドの違いなどは国内と海外で大きく異なりますのでデモ口座で慣れてから取引するようにしましょう。

関連記事:TitanFXのボーナスはない!ボーナスがないことには実はメリットがたくさんあった?!

海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事