TitanFXのスプレッド全まとめ!














TitanFXのスプレッドは狭いって本当?ゴールドや原油まで他業者と比較してみた

TitanFXは国内FXにも負けないほどの低スプレッドで最大500倍のレバレッジを効かせて取引することができ、追証が発生することもないゼロカットなので国内FXでトレードをしていたスキャルピングトレーダーたちがこぞって愛用している海外FX業者です。

しかしTitanFXはスプレッドが低いというけど本当にそうなのか。全ての海外FX業者のスプレッドを比べて行ったら時間もかかれば他のサービスも考えていかなければいけないので普通に働いている人にとってはなかなか検証することはできないですよね。

そこで今回は管理人が皆さんの代表としてTitanFXのスプレッドは本当に狭いのか。

もっと狭い海外FX業者はあるのかを徹底的に比較検証していきます。

TitanFXには2つの口座タイプがある

TitanFX2つの口座タイプ

TitanFXにはスタンダード口座とブレード口座の2つの口座タイプがあります。どちらもレバレッジは最大500倍で最低入金額も2万円からと共通しているところが多いです。

しかし大きな違いとしてはTitanFXがどのように顧客の注文をカバー先に流すのかの違いです。

スタンダード口座もブレード口座もNDD方式ではありますがNDD方式の中でも顧客の注文の処理方法が異なります。

スタンダード口座はSTP方式といってTitanFXのサーバーが顧客の注文を相対してすぐにカバー先に注文を流します。したがって一瞬ですが”呑み”の状況が発生します。

この一瞬の呑みのうちに相場が急変するとTitanFXが損失を被る可能性があるのでSTP方式のスタンダード口座はスプレッドが若干広めに設定されています。

ブレード口座の場合はインターバンク市場にアクセスするためのプラットフォームを提供しているだけなので利用者はインターバンクの生のスプレッドで取引することができます。

TitanFXは利用者がインターバンク市場でトレードをしているだけなので赤字になることはありませんが利益もありません。そこでプラットフォーム利用料(場代)としてブレード口座の利用者はTitanFXに売買手数料を支払わなければいけません。

スタンダード口座とブレード口座のスプレッド比較

スタンダード口座とブレード口座のスプレッドはどちらが低いのか検証してみます。

TitanFX主要通貨ペア

FX通貨ペアスタンダード口座ブレード口座
(表面スプレッド)
取引コスト差
USDJPY
(米ドル/円)
1.3Pips1.03Pips
(0.33Pips)
0.27Pips
EURJPY
(ユーロ/円)
1.74Pips1.44Pips
(0.74Pips)
0.3Pips
EURUSD
(ユーロ/米ドル)
1.2Pips0.9Pips
(0.2Pips)
0.3Pips
GBPJPY
(ポンド/円)
2.45Pips2.15Pips
(1.45Pips)
0.3Pips
GBPUSD
(ポンド/米ドル)
1.57Pips1.27Pips
(0.57Pips)
0.3Pips
AUDJPY
(豪ドル/円)
2.12Pips1.82Pips
(1.12Pips)
0.3Pips
AUDUSD
(豪ドル/米ドル)
1.52Pips1.22Pips
(0.52Pips)
0.3Pips
※ブレード口座は1往復ロットあたり7$の売買手数料がかかります。

スタンダード口座よりもブレード口座の方が取引コストは平均的に0.3Pips程度安くなります。

これは1ロットの取引をした時に300円の取引コスト差が生まれるので10ロットの取引をした時に同じ利益幅を取っていたとしても3000円の利益を逃していることになります。

取引コストの差による利益の違い

USDJPY
(米ドル/円)
スタンダード口座
(1.3Pips)
ブレード口座
(1.03Pips)
取引コスト差
(0.27Pips)
1ロット1300円1030円270円
10ロット13,000円10,300円2700円
50ロット130,000円103,000円27,000円
100ロット1,300,000円1,030,000円270,000円

スタンダード口座とブレード口座のスプレッドは最も小さくてもドル円の0.27Pipsの差があります。
(他の通貨ペアは0.3Pipsの差額)

スプレッドは取引するたびに必ずかかるものなのでスキャルピングやEAトレードのような売買頻度が高い場合は取引すればするほど取引コスト文がもったいないことになっていきます。

具体的に言うとTitanFXでスタンダード口座を利用すると言うのは1ロットあたり270円の利益を逃しているということです。

これが10ロット、100ロットと売買量と頻度が多くなればなるほどスタンダード口座の方が損をしていることになります。

しかし逆を言えばそこまでスキャルピングや売買頻度の低いスイングトレーダーやデイトレーダーであればスタンダード口座でもそんなに大差は生まれないと言えます。

ではTitanFXのスプレッドはスタンダード口座(STP口座)よりもブレード口座(ECN口座)の方が低いと言うことがわかった上で他の海外FX業者と比較していきましょう。

関連記事:TitanFXで両建てはNG?!バレたら口座凍結?!

TitanFXのその他メジャー通貨のスプレッド一覧

FX通貨ペアスタンダード口座ブレード口座取引コスト差
USDCHF1.92pips0.92pips1.0Pips
USDSGD3.37pips2.37pips1.0Pips
USDCAD1.55pips0.55pips1.0Pips
USDJPY1.33pips0.33pips1.0Pips
CADJPY2.1pips1.1pips1.0Pips
CADCHF2.64pips1.64pips1.0Pips
CHFJPY2.31pips 1.31pips1.0Pips
CHFSGD5.95pips4.95pips1.0Pips
EURAUD2.75pips1.75pips1.0Pips
EURCAD2.4pips1.75pips0.65Pips
EURCHF2.04pips1.04pips1.0Pips
EURGBP1.53pips
0.53pips1.0Pips
EURJPY1.74pips0.74pips1.0Pips
EURNZD4.69pips3.69pips1.0Pips
EURSGD5.18pips4.18pips1.0Pips
EURUSD1.2pips
0.2pips1.0Pips
GBPAUD3.94pips2.94pips1.0Pips
GBPCAD3.86pips2.86pips1.0Pips
GBPCHF3.32pips
2.32pips1.0Pips
GBPJPY2.45pips
1.45pips1.0Pips
GBPNZD5.81pips4.81pips1.0Pips
GBPSGD6.48pips5.48pips1.0Pips
GBPUSD1.57pips0.57pips1.0Pips
NZDCAD4.24pips3.24pips1.0Pips
NZDCHF3.99pips
2.99pips1.0Pips
NZDJPY2.62pips1.62pips1.0Pips
NZDUSD1.86pips0.86pips1.0Pips
SGDJPY3.16pips2.16pips1.0Pips
AUDCAD
(豪ドル/カナダドル)
2.51pips1.51pips1.0Pips
AUDCHF2.41pips1.41pips1.0Pips
AUDNZD3.03pips 2.03pips1.0Pips
AUDJPY2.12pips1.12pips1.0Pips
AUDUSD1.52pips
0.52pips1.0Pips
AUDSGD3.55pips
2.55pips1.0Pips
※ブレード口座は売買手数料が上記スプレッドとは別に7$/ロットかかります。

TitanFXのマイナー通貨のスプレッド一覧

FX通貨ペアスタンダード口座ブレード口座
USDTHB3.22pips2.22pips
USDPLN3.24pips2.24pips
USDMXN4.52pips3.52pips
USDCNH9.28pips
8.28pips
USDTRY11.57pips10.57pips
USDSEK 29.25pips28.25pips
USDZAR36.69pips35.69pips
USDNOK41.47pips40.47pips
USDCZK61.8pips60.8pips
USDRUB801pips800pips
EURZAR8.01pips7.01pips
EURCZK13.53pips12.53pips
EURPLN21.31pips20.31pips
EURTRY26.92pips25.92pips
EURSEK30.73pips
29.73pips
EURNOK70.02pips70.02pips
GBPTRY 27.43pips26.43pips
GBPSEK 57.73pips56.73pips
GBPNOK 87.57pips86.57pips
NOKSEK
2.49pips1.49pips
NOKJPY2.07pips1.07pips
ZARJPY1.44pips0.44pips
SEKJPY3.05pips2.05pips
※ブレード口座は売買手数料が上記スプレッドとは別に7$/ロットかかります。

TitanFX株式指数CFD商品のスプレッド一覧

TitanFX株式CFDのスプレッド

株式指数CFD平均スプレッド日本語スタンダード口座ブレード口座
JP225日経2250.87pips1.4pips
(0.7Pips)
US30米ダウ300.32pips0.9pips
(0.2pips)
NAS100米ナスダック1000.320.9pips
(0.2pips)
US500米S&P5000.16pips0.74pips
(0.04Pips)
UK100英FTSE1000.22pips0.8pips
(0.1pips)
AUS200オーストラリアS&P/ASX2000.22pips0.8pips
(0.1Pips)
EUSTX50欧Stocks0.32pips0.9pips
(0.2Pips)
GER30独DAX300.22pips0.8pips
(0.1Pips)
FRA40仏カック400.22pips0.8pips
(0.1Pips)

TitanFXの貴金属CFDのスプレッド一覧

TitanFX貴金属のスプレッド

貴金属平均スプレッドスタンダード口座ブレード口座
XAUEUR
(金/ユーロ)
2.39pips2.27pips
XAUUSD
(金/米ドル)
2.23pips2.11pips
XAGEUR
(シルバー/ユーロ)
2.73pips2.61pips
XAGUSD
(シルバー/米ドル)
2.13pips2.01pips
XPDUSD
(パラジウム/米ドル)
30.12pips30.00pips
XPDEUR
(パラジウム/ユーロ)
30.12pips30.00pips
※ブレード口座は売買手数料が上記スプレッドとは別に7$/ロットかかります。

上記の表を見ると貴金属CFDの取引をする場合にはス表面スプレッド上はスタンダード口座の方がスプレッドが高いように見えますが上記はあくまでも表面スプレッドです。

ブレード口座には1ロットあたり7$(0.7Pips)の売買手数料がかかるため貴金属メインで取引をしている人はスタンダード口座の方が取引コストを抑えることができます。

TitanFXの原油(エネルギー)のスプレッド一覧

『OIL-JUN〇〇』

原油平均スプレッドスタンダード口座ブレード口座
XBRUSD
(ブレント原油/米ドル)
0.71pips1.29Pips
(0.59Pips)
WTIUSD
(WTI原油/米ドル)
0.69Pips1.27pips
(0.57Pips)

TitanFXが取り扱っている原油はBRENT(ブレント原油)WTI(ウェストテキサスインターミディエイト)原油の2つです。

こちらもブレード口座よりもスタンダード口座の方が取引コストが安いためTitanFXで追加口座開設をして原油専用の口座とで使い分けて取引する方がいいでしょう。

TitanFXのスプレッドを他業者と比べてみた

スプレッドを他業者と徹底比較

FX通貨ペアTitanFX
(ブレード口座)
Axiory
(ナノスプレッド口座)
XM
(ゼロ口座)
Tradeview
(ILC,cTrader口座)
売買手数料7$/ロット6$/ロット10$/ロット5$/ロット
USDJPY
(米ドル/円)
1.03Pips
(0.33Pips)
1.0Pips
(0.4Pips)
1.1Pips
(0.1Pips)
0.6pips(0.1pips)
EURUSD
(ユーロ/米ドル)
0.9Pips
(0.2Pips)
1.0Pips
(0.4Pips)
1.1Pips
(0.1Pips)
0.6pips(0.1pips)
EURJPY
(ユーロ/円)
1.44Pips
(0.74Pips)
1.3Pips
(0.7Pips)
1.6Pips
(0.6Pips)
0.9pips(0.4pips)
GBPJPY
(ポンド/円)
2.15Pips
(1.45Pips)
2.3Pips
(1.7Pips)
2.0Pips
(1.0Pips)
1.0pips(0.5pips)
GBPUSD
(ポンド/米ドル)
1.27Pips
(0.57Pips)
1.5Pips
(0.9Pips)
1.4Pips
(0.4Pips)
1.0pips(0.5pips)
AUDJPY
(豪ドル/円)
1.82Pips
(1.12Pips)
1.5Pips
(0.9Pips)
2.0Pips
(1.0Pips)
1.0pips(0.5pips)
AUDUSD
(豪ドル/米ドル)
1.22Pips
(0.52Pips)
1.2Pips
(0.6Pips)
1.6Pips
(0.6Pips)
0.7pips(0.2pips)

TitanFXのブレード口座をスキャルピング口座として定評を持つ”Axioryナノスプレッド口座”と”XMゼロ口座”と比較してみました。

主要通貨ペアの場合はAxioryのナノスプレッド口座が最もスプレッドが安くなっていますがTitanFXはユーロドルとポンドドルのスプレッドが一流です。

これはTitanFXが契約しているリクイディティプロバイダーにも関係してきますがTitanFXが採用しているエクイニクスサーバーがニューヨークのデータセンターにあり数々のリクイディティプロバイダーがユーロドルの取引が豊富であることが関係しているのではないでしょうか。

TitanFXのスプレッドまとめ

FX通貨ペアスタンダード口座ブレード口座
(表面スプレッド)
取引コスト差
USDJPY
(米ドル/円)
1.3Pips1.03Pips
(0.33Pips)
0.27Pips
EURJPY
(ユーロ/円)
1.74Pips1.44Pips
(0.74Pips)
0.3Pips
EURUSD
(ユーロ/米ドル)
1.2Pips0.9Pips
(0.2Pips)
0.3Pips
GBPJPY
(ポンド/円)
2.45Pips2.15Pips
(1.45Pips)
0.3Pips
GBPUSD
(ポンド/米ドル)
1.57Pips1.27Pips
(0.57Pips)
0.3Pips
AUDJPY
(豪ドル/円)
2.12Pips1.82Pips
(1.12Pips)
0.3Pips
AUDUSD
(豪ドル/米ドル)
1.52Pips1.22Pips
(0.52Pips)
0.3Pips

TitanFXでFX通貨ペアを取引する場合はブレード口座の方がいいですがエネルギーや貴金属などのCFDを取引するのであればブレード口座よりもスタンダード口座の方が取引コストが低くなります。

TitanFXでは1つのアカウトで最大6つまで追加口座を開設することができるので原油や貴金属専用の口座を追加開設することで取引コストを最小限に抑えることができます。

また口座ごとにゼロカットが発動されるようにルールが変更になったため口座ごとにスプレッドの安い商品を取引することをオススメします。

 


海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事