この記事でわかること
・TradeViewの法人口座開設の方法【画像で解説】
・必要書類
・TradeViewの法人口座開設の際のよくある質問

TradeViewでは個人口座の他にも法人口座を開設することができます。

法人口座を開設するのはめんどくさいというイメージを持っている方がいるかもしれませんが今回の記事を読みながら一緒に進めていけばTradeViewの法人口座開設がスムーズにできるように記載しました。

TradeViewの口座開設に必要な書類

まず必要な書類を用意しましょう。

TradeViewで必要な書類
・法人確認書類2点
・顔写真付き本人確認書類
・代表者の現住所確認書類
・法人住所確認書類

法人確認書類

法人住所確認書類は
・定款の写し
・全部事項説明書

の両方が必要になります。

顔写真付き本人確認書類

顔写真付き本人確認書類は
・パスポート
・運転免許証
・マイナンバーカード
※学生証などは正式なものではないので不可

代表者の現住所確認書類

代表者というのは法人口座の開設であれば定款に記載されている人であれば問題ありません。1発で通したいという場合には会社の社長の書類を通すのが最も効果的でしょう。

住所確認書類
・公共料金受領証(電気/ガス/水道などの請求書)
・クレジットカード明細書
・住民票
・印鑑証明書
・銀行の取引明細
※発行から3ヶ月以内のもの

法人住所確認書類

法人名義で契約している
・公共料金受領証(電気/ガス/水道料金の請求書)
・住所記載の銀行証明
・印鑑証明書
※発行から3ヶ月以内のもの

TradeViewの口座開設方法

ではTradeViewの法人口座開設方法を画像付きで1つ1つ解説していきます。

まずはTradeViewの公式HPに移ります。

TradeviewHP

画面右上の『新規口座開設』を選択します。

法人口座選択

『Tradeview法人口座』を選択します。

取引プラットフォーム選択

取引プラットフォーム:MT4/MT5/cTrader/バイキングなど
通貨:日本円/米ドル/ユーロなど

通貨というのはMT4に表示される通貨名です。

法人情報入力

会社情報を入力します。

会社の英語表記方法
株式会社の場合
〇〇Ltd.(Limitedの略称=イギリス式)
〇〇Inc(Incorporatedの略称=アメリカ式)
〇〇Co.Ltd(Company Limited=日本式) 
合同会社の場合
〇〇LLC(Limited Liability Company)

個人情報入力

次に法人に関する情報を入力していきます。

設立日:後ほど提出する登記簿に記載されている日にち
株式:ご自身の会社が上場している場合には『公開』を選択
純資産:日本円表記で問題ありません(1000万円の場合→10000000)
役員選択:海外FXで利益を配分する対象となるのが登記簿に記載されている役員だけかどうか

役員情報入力

役員に関する情報を入力します。(登記簿謄本に載っていれば誰でも構いませんが基本的には社長にしましょう)

姓:ローマ字入力
名:ローマ字入力
出生地:Japan
生年月日:後ほど提出する本人確認書類に記載のものと同一である必要がある
パスポート:後から提出するパスポートと同一である必要がある

居住国の入力

居住国に関する情報

国:Japan
都道府県:例)東京→Tokyo
市区町村:例)港区→Minato-ku
住所:例)六本木→Roppongi
住所:例)1丁目1-1の場合→1-1-1
郵便番号:ハイフンを入れる
電話番号:ハイフンなし
Email:Gmailを推奨 
※携帯メール(i.softbankなど)はメールが届かない可能性があるのでGmailにしましょう。

収入源に関する情報入力

米国市民でなければ(c)を選択

収入源に関する情報と破産経験を入力したらチェックボックスにマークを入れて下にスクロールする。

投資経験入力

取引頻度入力

投資の経験を各項目記入していく。

その他情報入力

Tradeviewのレバレッジは200倍です。

Tradeviewで必要な証拠金がどれだけになるか理解したら『はい』を記入します。

上記の画像のように入力したら次に進みます。

身分証明書提出

顔写真付き身分証明書と住所証明書の2つの必要書類のアップロードを行います。

これは先ほど入力した代表者の身分証明書を提出します。

利用可能な証明書類
顔写真付き身分証明書
・パスポート(推奨)
・運転免許証
・マイナンバーカード

住所証明書
・住民票
・公共料金受領証(電気/ガス/水道代金の請求書)
・クレジットカード明細書
などなど

サイン記入

最後にサインを入力してTradeviewの法人口座の開設申請は終了です。

関連記事:Tradeviewの個人口座開設方法を画像で開設

TradeViewの法人口座開設でよくある質問

Q:必要書類は英語でなくても大丈夫ですか?

A:日本語のままで大丈夫です。

Tradeviewは日本人サポートも充実しており中に日本人スタッフもいるため日本語の書類をそのまま提出すれば法人口座の開設をすることができます。

しかし必要書類に『登記した日』などの必要項目がしっかりと写った状態で写真を撮るようにしないと何度もやり直しすることになります。

1発で法人口座を開設するためにも役員の名前や法人口座の設立年月日がはっきりと見えるかどうか確認してくださいね。

Q:法人名義の取引口座から役員個人の銀行口座に出金できますか?

A:できません。法人口座からは法人の銀行口座への出金のみが可能です。

法人名義のFX口座からは法人の銀行口座にしか出金をすることができません。Tradeviewで保有している法人口座と同一名義の法人の銀行口座にのみ出金することができます。

仮にグループ企業だとしても別名義の銀行口座には出金できませんし、登記簿謄本に記載されているからと行って役員の個人口座に出金することもできません。

一度法人の銀行口座に出金してそのあとに役員等で分配するようにしましょう。

関連記事:Tradeviewの出金方法と手数料を全てまとめてみた

Q:役員個人の銀行口座から法人口座に入金はできますか?

A:できません。法人の銀行口座からのみ入金をすることができます。

法人口座は出金と同様に同一名義の銀行口座からのみ入金に対応しています。

仮に役員だからと行ってTradeviewの法人口座に直接入金することはできず、一度法人の銀行口座に資金を入れてから口座に入金をする必要があります。

関連記事:Tradeviewの入金方法と手数料、入金時に知っておきたい3つのルールとは

Q:法人口座の場合の税金はいくらですか?

A:利益に対して最大30.3%の法人税がかかります。

海外FXの口座開設をする際には個人口座と法人口座の2つの方法があります。

個人口座の場合は雑所得なので最大55%の税金がかかります。しかし法人であれば日本の法人税率が適用されるため最大30.3%の税率が課されます。

年間の利益額によって個人でやったほうがいいのか法人でやったほうがいいのかこちらの記事にわかりやすく記載したので税金のことはこちらをご覧いただけたらと思います。

関連記事:海外FXの法人口座の税金は?個人口座よりもお得と思っていたら大間違い?!

Q:法人口座のレバレッジは何倍ですか?

A:200〜500倍です。口座のタイプによって変動します。

TradeviewはMT4スタンダート口座やMT5,Currinex,cTraderなど様々な取引プラットフォームを提供しています。取引プラットフォームによってレバレッジが違います。

口座タイプ最大レバレッジ
MT4スタンダード500倍
MT5口座200倍
MT4(ILC口座)200倍
cTrader口座400倍
Currinex口座400倍

関連記事:Tradeviewの最大レバレッジは500倍!制限や規制までわかりやすくまとめてみた

Q:レバレッジの制限はありますか?

A:1口座1000万円以上の口座残高は最大レバレッジ100倍です。

Tradeviewの公式は『残高が1000万以上になるとレバレッジ制限として100倍になる場合がある』ということですが残高が1000万円以上でも実行レバレッジが低ければレバレッジ制限はかからない場合があるかもしれません。

しかし残高が1000万以上になったらレバレッジが100倍に低下すると考えておいたほうがいいでしょう。

1000万円を超えたら出金すればレバレッジを保つことは可能です。

Q:レバレッジの変更はできますか?

A:できます。レバレッジ変更申請フォームから申請する必要があります。

Tradeviewのレバレッジ変更はマイページからは行えず

こちらのレバレッジ変更申請フォームからレバレッジの変更を依頼する必要があります。

しかしレバレッジを変更する場合には基本的にポジションが何もないときに行うのが賢明です。オープンポジションがある状態でレバレッジを変更すると証拠金維持率が圧迫されてロスカットされる可能性もあります。

くれぐれもレバレッジ変更の際には証拠金維持率との兼ね合いに注意してください。

海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事