TRADEVIEWのレバレッジは?制限や規制を口座タイプごとに丁寧に解説

Tradeviewのレバレッジは最大500倍まで設定することが可能です。

しかし口座タイプによっては最大でも200倍までしかレバレッジをかけることができないのでレバレッジと口座タイプは密接に関わってきます。

自分が利用したいレバレッジによって口座タイプを選択する必要がありますので今回はTradeviewのレバレッジ事情に関してとことん深掘りして解説していきたいと思います。

Tradeviewの口座タイプとレバレッジ

口座タイプ最大レバレッジ取引プラットフォーム
XLeverage500倍MT4/MT5
cTrader400倍cTrader
バイキング400倍currinex
ILC口座200倍MT4/MT5
MT5100倍MT5

Tradeviewは代表的な5つの口座タイプがあります。口座タイプによって最大レバレッジが異なってくるのでレバレッジをしっかり理解したのちに口座開設をする必要があります。

X Leverage口座の最大レバレッジは500倍

Tradeviewを利用する上で一番レバレッジを効かせて取引したい場合にはX Leverage口座を選択するといいでしょう。

X Leverage口座の取引プラットフォームはMT4/MT5の2つを選択することができるので裁量トレーダーの場合はMT5の方を、EAトレーダーの場合はMT4の方をオススメします。

cTraderのレバレッジは最大400倍

cTrader口座の最大レバレッジは400倍です。

cTraderは"Spotware system"という会社が作ったFX取引専用プラットフォームです。Tradeview以外にも多くの海外FX業者が採用していますがMT4ほどはまだ浸透していません。

cTraderを利用することによって約定力が早く最初から日本時間が表示できます。MT4との最大の違いは板情報をリアルタイムで観ながら取引することができるのでインターバンク市場での売買がどちらに傾いているのかを見ることができます。

完全ECNの取引環境なのでガチガチの裁量トレーダー向きの講座です。

このcTrader口座は最大400倍のレバレッジですが口座開設時にはレバレッジが200倍になっているのでサポートに申請してレバレッジ変更を依頼する必要があります。

関連記事:TradeviewのcTrader口座以上の透明性ある取引環境はない!スペック全まとめ

バイキング口座のレバレッジは最大400倍

バイキング口座の最大レバレッジはcTraderと同じく400倍です。

取引プラットフォームがCurrinex社が開発している銀行やヘッジファンドが使用するプロ向けのmののです。

板情報の閲覧も可能で完全ECN口座から取引することができます。

Currinex口座もcTraderの口座同様にレバレッジ変更申請をしないと400倍のレバレッジで取引できないのでサポートに申請するようにしましょう。

ILC口座のレバレッジは最大200倍

ICL(Inovateve Liquidity Connector)口座の最大レバレッジは200倍です。他の海外FX業者のレバレッジと比較すると少々物足りないように感じるかもしれませんがILC口座はレバレッジに特化した口座ではなくスプレッドに特化した口座になっています。

ILC口座の平均スプレッドは0.2Pipsと業界最低水準なのである程度の資金力がありレバレッジ200倍で十分だという人にはILC口座の利用がおすすめです。

関連記事:Tradeviewの口座タイプを徹底比較!ILC口座が人気な理由とは

MT5のレバレッジは最大100倍

MT5口座のレバレッジは最大100倍です。

ILC口座と同様に平均スプレッドが0.2Pipsというメリットがありますがレバレッジが最大100倍なのは利用する意味がないでしょう。MT5を提供していて100倍以上のレバレッジを提供しているところはたくさんありますのでTradeviewでのMT5口座の利用はオススメしません。

Traeviewのレバレッジ制限は?

Tradeviewのみならずほとんどの海外FX業者では証拠金の増加に伴いレバレッジが制限されることが多々あります。

レバレッジが制限されるということはそれだけ取引に必要となる証拠金が多くなるのでこれまで取引できていた金額を取引できなくなってしまうということになります。

100万円で1000倍のレバレッジと200万円で500倍のレバレッジではどちらも10億円分の取引が可能ですがリスクにさらしている資産は200万円の方が大きいのでゼロカットを提供している海外FX業者では証拠金を少なくしてレバレッジを高めた方がメリットになります。

Tradeviewでも一定の証拠金に達するとレバレッジ制限がかかってしまうので注意する必要があります。

Tradeviewのレバレッジ制限は10万ドル以上から

Tradeviewでは公式HPではレバレッジ制限に関して明言していませんがサポートに問い合わせをしてみたところ口座残高が10万ドル以上になるとレバレッジは100倍まで制限がかるということです。

口座残高が10万ドルに達していなくても証拠金がある程度大きく、実行レバレッジをかけすぎてトレードをしている場合も個別にレバレッジ低下の連絡が来ることもあります。

レバレッジ制限をされたくない場合には10万ドルに達する前に資金を出金するか、もしくはその都度Tradeviewと相談していく必要がありますが滅多にレバレッジ制限をかけられることはないのであまり気にする必要もありません。

レバレッジが制限される理由

Tradeviewのみならず多くの海外FX業者では証拠金によってレバレッジが制限されます。そもそもレバレッジというのは元本以上の金額を取引可能にする仕組みですがあまりに証拠金とレバレッジを高くすると市場で決済することが難しくなります。

例)1000万円で1000倍のレバレッジ=100億円分の取引
→FX業者もしくはカバー先がインターバンク市場で100億円分の調達をしなければいけない
→ロスカットする場合も100億分の反対売買の板が出るまで決済ができない(=追証が発生しやすい)
→マイナス残高が膨らんでFX業者が補填する金額が大きくなる

このようにあまりに証拠金が大きくレバレッジもかけすぎるとインターバンクでの資金調達も難しいですし、万が一ロスカットするとしてもこれだけ大きな金額のロスカットをするのは難しく決済できない間はマイナス残高が発生し、FX業者が補填しなければいけなくなります。

これはFX業者にとっては赤字なので証拠金が高くなるとマイナス残高の発生を抑えるためにレバレッジを低くするのです。

関連記事:Tradeviewの法人口座解説方法と税制面での3つのメリットをわかりやすく解説

Tradeviewのレバレッジ変更方法

Tradeviewのレバレッジを変更する場合にはTradeviewのサポートにレバレッジの変更を申請する必要があります。

レバレッジの初期設定に注意!

Tradeviewのレバレッジは口座開設時に最大にはなっていないので初期レバレッジから最大レバレッジに変更する場合にはサポートに申請をする必要があります。

口座タイプ初期レバレッジ最大レバレッジ
X Leverage口座400倍500倍
ILC口座100倍200倍
MT5口座100倍100倍
cTrader口座200倍400倍
バイキング口座200倍400倍

レバレッジ変更申請

Tradeviewのレバレッジ変更申請はこちらから行います
Tradeviewレバレッジ変更申請画面はこちら

Tradeviewレバレッジ変更申請

・お名前:口座に登録してある名前(ローマ字)
・Eメール:口座開設時に登録したメールアドレス
・口座番号:レバレッジを変更したい口座
・レバレッジ:変更後の希望レバレッジ(口座タイプごとに上限がある)

上記の情報を入力したらチェックマークを入れて『送信する』をクリックします。

1〜3営業日でレバレッジが変更されます。

※レバレッジを変更する場合には口座に残高がある必要があります。まだ入金をしていない口座やロスカットで全て溶けてしまった口座はレバレッジ変更されません。

Tradeviewのレバレッジと他の海外FX業者と比べてみた

Axiory400倍
Tradeview500倍
TitanFX500倍
XM888倍
Gemforex1000倍
FBS3000倍

海外FX業者の中には1000倍のレバレッジを提供しているところもありますが平均的なレバレッジは500倍程度なのでTradeviewのレバレッジは平均と言えるでしょう。

Tradeviewのレバレッジ制限を他業者と比べてみた

 最大レバレッジレバレッジ制限
Axiory400倍1000万円以上で300倍
Tradeview500倍1000万以上で100倍
TitanFX500倍レバレッジ制限なし
XM888倍200万以上で200倍
Gemforex1000倍200万以上で500倍
FBS3000倍300万以上で500倍

XMGEMFOREXなどの利用者が多い海外FX業者は数百万円程度でレバレッジ制限が入ります。

それ以上の大きな証拠金で取引をするのであればTradeviewとAxioryの2択でしょう。

Tradeviewは証拠金1000万円まではレバレッジ制限は基本的にないので証拠金が大きい人ほど他の海外FX業者よりも大きなレバレッジで取引することができます。

レバレッジが大きいだけでなく低スプレッドで取引制限なしに取引できるのでレバレッジだけでなく総合的な面でメリットに働くでしょう。

Tradeviewのレバレッジまとめ

Tradeviewのレバレッジ制限は1000万円以上の証拠金に達しない限り制限されることはないのである程度の資金力のある中上級者向けのFX業者です。

レバレッジは口座開設時には最大になっていないので一度サポートに申請をしてレバレッジを最大まで引き上げる必要があります。

レバレッジは大きければいいというものではありませんがやはり少額から資金効率を高められるのがレバレッジの魅力でもあります。

国内FXの25倍のレバレッジと比べれば非常に大きなレバレッジで取引することができますので追証なしの完全NDDの取引環境でトレードをするならTradeviewがいいでしょう。


海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事