XMに久しぶりにログインしようとMT4を開いたら取引できなくなっていた。

マイページにログインしようとしてもログインができないと表示されるという場合は口座が凍結されている可能性があります。

アカウントが停止される場合は2つの状況があり
・アカウント凍結となっている
・アカウントが休眠状態になっている

これらの2つのうち凍結状態となったアカウントは新規口座開設をする必要があります。

休眠口座の場合には追加で入金をするかもしくは取引を開始すれば自動的に口座は復活します。

では今回はXMの口座が休眠した場合や凍結する原因を初心者向けに丁寧に解説していきます。

関連記事:XMの評判は?ひいきなしで強みと弱みをガチジャッジ!

XMで口座凍結される原因は2つ

XM口座凍結と休眠口座

XMで口座凍結になる場合には2つの可能性があります。

・利用規約違反をした場合
・口座を放置し続けた場合

このうち利用規約違反をした場合には口座を復活させることはできません。

後ほど詳しく説明しますがXMでも利用規約はあり禁止されているトレードというのはあります。

そのトレードを意図的にやると出金停止、利益の没収、口座の凍結などの厳重な処罰にあいます。

関連記事:XMの出金方法と手数料とおすすめな出金方法を丁寧に解説

口座を放置し続けた場合

XMで口座凍結になる原因として最も多いのが『口座を放置し続けていた』という場合です。XMでは休眠口座になってから一定期間の取引がない口座は凍結の対象となります。

具体的に口座凍結になる流れは以下の通りです。

【XMで口座が休眠となり凍結までの流れ】
90日間取引も入金もない状態が続く
→休眠口座になる
→口座維持手数料として5$/月が差し引かれる
→口座残高が0になる
→口座残高が0になってから90日間何もしない場合は口座が凍結される

この仕組みを全て頭に入れておく必要はありません。まずは『90日』という数字だけ覚えておきましょう。

90日間何も取引や入金がない状態が続けばXMの口座は休眠口座となります。

休眠口座とはいえこれまで通りMT4にログインすることもマイページにログインすることもできるため取引はできます。

休眠口座の場合は私たち利用者からすれば普通にこれまで利用していた口座と何が違うのか表面的なことはわかりません。しかし休眠口座になると口座維持手数料が毎月5$(500円)差し引かれてしまいます。

この口座維持手数料は5$未満の場合はその残高がちょうど差し引かれて0になります。

残高が0になったらそれ以上口座維持手数料を請求されることはありませんが口座凍結までの90日間のカウントダウンが始まります。

複数口座を持っている場合は1つのアカウントが動いていれば凍結の対象にならない

XMでは複数口座を開設することができますが複数口座を持っている場合どれか一つのアカウントが動いていれば口座が休眠になったり口座凍結になったりすることはありません。

間違った情報として複数口座を持っている場合は動かしていない口座は90日間放置しておくと休眠口座となり口座維持手数料を取られると流布していますが、アカウント内でアクティブな口座がある限り他の口座も休眠の対象とはならないということです。

複数口座を持っている場合、アカウントのどれか1つでも口座がアクティブに稼働していれば口座凍結になることはありませんが、全口座のどの口座も一切動かないまま90日が経過すると口座凍結の対象となりますので注意してください。

休眠口座の対処方法

XMで口座が休眠化され、口座維持手数料が徴収されてしまったら以下の対処をするようにしましょう。

・休眠している口座に追加入金をする
・(少額でいいから)取引をする

上記の処置をするだけで休眠口座は自動で解除されます。まず休眠口座に入金する場合は『新規入金のみが対象』です。つまり複数口座を持っている場合でも資金移動は休眠口座の解除の対象にはならないので注意が必要です。

休眠口座を解除するためには新たにビットウォレットや国内銀行送金などで新規に入金する必要があります。

上記は口座に残高がない場合の対処法ですが、休眠口座化されたが残高は残っているという人は少額の取引で休眠となった口座を復活させることが可能です。

少額の取引でもいいので口座でトレードを開始すれば休眠口座は解除されるので最小ロットの0.01Lot(1,000通貨)を取引して休眠口座を解除するようにしましょう。

関連記事:XMの入金方法と手数料は?オススメ方法まで一気にまとめてみた

休眠口座になったらボーナスは全部消滅する

休眠口座のデメリットとして毎月5$の口座維持手数料がかかる他にもボーナスが全て消滅します。

最も影響が大きいのはこのボーナスが全て消滅することでしょう。口座開設ボーナスや入金ボーナスだけでなくそれまでコツコツと貯めていたXMPも消滅してしまいます。

ボーナスはノーリスクで取引ができるのでもしXMでボーナスが残っているのであればボーナスを使い切ってしまいましょう。

これはXMを実際に使い続けてきた管理人の知恵ですが、マイクロ口座を1つ開設しておいて、値動きの比較的小さいドル円などの通貨ペアで0.01Lot(10通貨)のポジションを半永久的に保有しておくのも休眠口座を防ぐ方法です。

しばらくXMを使う予定はないけど若干のボーナスが残っているという人は是非実践してみてくださいね。

関連記事:XMロイヤルティプログラムの効果的な利用方法とは

XMで口座凍結された場合の対処方法

XMの口座凍結解除

XMで口座を放置してしまい、休眠口座となってから口座凍結になってしまったらどうすればいいのでしょうか。

結論から言うとXMに再び口座開設申請をすれば口座凍結を解除することが可能です。

その際に以前登録してあったメールアドレスで問い合わせると比較的簡単な審査で新たに口座開設をすることができますし口座も同じものを利用することができるので確定申告の際に履歴などが必要であればXMに再度身分証を提出するようにしましょう。

XMの口座凍結解除に必要なもの

・メールアドレス
・身分証明書(運転免許証/パスポート/マイナンバーカード)
・住所証明書(住民票/公共料金受領証/クレジットカード請求書)※発行から3ヶ月以内のもの。

XMでは1人1アカウントまでを徹底しています。1人1アカウントまでに徹底している理由としては口座開設ボーナスや入金ボーナスを何度も不正に利用しようと新規でアカウントを作成する人がいるからです。したがってXMでは口座が凍結した際には旧口座での復活を推奨しています。

利用者としてもXMとしても旧口座を復活する方が面倒な申請などを経なくて済むので楽です。

XMで口座凍結になる前の注意点

ボーナスを新たに受け取ることはできない

休眠口座の時点でボーナスは全て消滅しますが口座が凍結となり新しく口座を作成したところで口座開設ボーナスや新たに入金ボーナスをもらうことはできません。

入金ボーナスの場合は上限50万円を使い果たしていない場合には新たに適用されます。

入金ボーナスを再度もらうことが可能になる場合が

XMで口座が休眠状態もしくは凍結状態になるとボーナスのクレジットは全て消滅します。そして口座を復活させた際に不定期的ですがXMが入金ボーナス100%の枠を復活させてくれている場合があります。

不定期的で対象となる条件や期限、期間は未定ですが私も休眠口座から100%入金ボーナスを受け取った一人です。

関連記事:XMの3つのボーナス制度は?ボーナスを最大限受け取る方法とは

XMで口座凍結される不正行為とは

XM禁止行為

XMで口座凍結の対象となる原因は以下の2つが挙げられます。

・一定期間取引をしないで休眠口座から凍結となった場合
・利用規約違反をした場合

上記の2つがありますが今度はXMで『利用規約違反をした場合』の口座凍結となる事例を見ていきましょう。

XMでは利用規約違反をすればルール違反によって得た利益なのでもちろん没収の対象となります。XMの出金停止になる理由もこれらの利用規約違反である可能性が高いのです。

関連記事:XMで出金停止になる10の理由とは?

何度もボーナスを受け取る行為

XMでは口座開設ボーナスや入金ボーナスは原則1人1回までに限定しています。つまりボーナスの上限金額を受け取ったらそれ以上はボーナスをもらうことはできないと言うことです。

過去にXMで、他人の名義で何度もボーナスを受け取ったり友人や家族などの親戚の名義でボーナスをもらって自分がトレードするなど、IPアドレスが何度も同じであれば怪しまれることにもなりますし、調査が入手金の際に不自然なことがあればXMにバレる可能性があります。

このようにボーナスを二重で受け取ったり、ボーナスを不正に取得したりする行為が発覚した場合、不正にボーナスを受け取っていた口座だけでなく、もう1つの口座も凍結の対象となり事実上XMで出禁の処置が取られる可能性があります。

XMで何度もボーナスを受け取ることは利用規約に明確に禁止されているため絶対にやめましょう。

複数口座を利用しての両建て

XMでは最大8つまで追加口座開設をすることができますが、複数口座を利用しての両建て取引は利用規約にて禁止されています。複数口座間での両建てを意図的に何度も繰り返すと口座凍結の対象となるので注意してください。

複数口座間での両建てというのは具体的には以下の通りです。

例)ドル円が1円下落した場合
A口座:5万円+5万円のボーナス
ドル円:1Lotの買い
→1円の値動き
→10万円の損失
→残高:0円
(この中で半分はボーナスのため実際の損失は5万円のみ)

B口座:10万円+ボーナス:10万円
ドル円:1Lotの売り
→1円の値動き
→10万円の利益
→残高:30万円(残高:20万円+ボーナス:10万円)

※XMでは100%入金ボーナスの上限額は5万円までですが上記はボーナスを使った両建ての仕組みがわかりやすいように両方ともボーナスは100%と仮定しています。

上記のようにXMで2つの口座にボーナスと現金を用意して、同一通貨ペアに対して同時に両建てを行うとどちらか一方の口座が必ず勝ち、どちらかがロスカットされます。しかし負けた口座の半分はボーナスなので実際に損失を出しているのは残高分の半分だけです。

上記のようにボーナスとゼロカットを悪用するような複数口座間での両建てトレードはトータル的に利益を出すことは可能ですがXMでは明確に禁止しているため調査が入れば口座凍結の対象となります。

また口座凍結にならなくても利益の没収などの厳格な処分が待っている可能性もあるので注意しましょう。

XMが好意で提供してくれているボーナスとゼロカットを悪用することはXMにとってもゼロカット分の補填やボーナス分のコストが回収できなくなってしまいます。XMと長い良好な関係でいるためにも複数口座間での意図的な両建てを頻発するのはやめましょう。

他業者間での両建て

複数口座間での両建てが禁止されているように他業者間での両建ても禁止されています。

XMが他業者間での両建てを禁止しているのは上記で複数口座間での両建てを禁止している理由と同じですが、海外FXでは様々なFX業者がボーナスを提供しています。

両建てをし続けることによって理論上ノーリスクで資産を増やすことが可能になります。
(※ロジックは上記の複数口座間での両建てを参照にしてください。)

・他業者間でのスワップ狙いのアービトラージ
・他業者間でのボーナスの現金化

上記のように複数の海外FX業者を利用する際に禁止されている事項は様々ですが、MT4やMT5を利用している場合開発元のMetaQuotes社には取引が丸見えになっています。

そのような違法行為は自動的に選別されるので他業者だからと言ってバレないというわけではありません。

いずれにせよ、口座凍結のリスクを背負って両建てをするよりも真っ当に安心して取引していた方がいいですね。

グループ間での両建て

これも先ほどと同じくゼロカットとボーナスの盲点を突く取引ですがボーナスを提供している海外FX業者は全て禁止しています。

複数間での両建てや他業者間での両建ては自分1人でやってましたがこれは友人同士で両建てをする方式ですがXMでも禁止されています。

両建ては理論上ノーリスクで利益を出すことが可能ですが他人と共同して行う場合にはエントリーのタイミングや証拠金の大きさ、決済ポイントのタイミングなど難しくなるでしょう。

何れにせよXMはこの行為に対しても厳しく対処しているので口座凍結のリスクを背負って行う分には利益とリスクを考えたときに割りに合わない行為ですね。

窓開き狙いのフルレバトレード

週明け月曜日などの市場が開いたばかりの際には大きな窓が開く可能性があります。この窓空けを狙ったフルレバトレードもXMでは禁止にしています。

どういうことかというと金曜日の市場が閉まる寸前にポジションを保有し、『強制ロスカットになるか利確されるか』というギャンブルトレードになります。

XMはこの窓あけのトレードを禁止しています。というのも月曜の朝などの取引時間は市場の板が薄いため顧客がロスカットとなっても市場で決済ができなければマイナス残高となります。そのマイナス残高はXMが補填することになるのでXMの損失となってしまいます。

窓開けを狙ったトレードはフルレバレッジで取引をしている人は中にはレバレッジが50倍や100倍に規制がかかったという人もいますのであまりにも実行レバレッジが高すぎるとレバレッジ制限や口座凍結の対象となります。

経済指標発表時のフルレバトレード

経済指標発表時のフルレバトレードも窓開けトレードと同じく利用規約で禁止とされています。米国雇用統計や失業者統計などは為替に影響を与え相場を大きく動かすことになりますがその経済指標が発表される前のギャンブルトレードは禁止です。

XMの888倍のレバレッジとゼロカットを利用すればギャンブルが当たれば相当な利益になります。

相場が逆行してロスカットになった場合には私たち利用者にとっては損失は最大で入金額までですがXMがマイナス残高を補填することになります。特に経済指標発表時には相場の売買が傾くためロスカットをしようとしてもなかなか反対売買をすることができないのです。

レイテンシートレード

XMではどのような形でもアービトラージやレイテンシー取引を禁止しています。後ほど詳しく解説しますが、スキャルピングとは比較にならないほど、1分間で何十回と売買を繰り返すようなレイテンシートレードやアービトラージはXMでは利用規約で禁止しています。

XMはNDD方式だからレイテンシーやアービトラージのような売買頻度が高いトレードは儲かるのではないのか?と思うかもしれませんが、アービトラージやレイテンシーほど高速に売買されてしまうとそれだけサーバーに負荷がかかります。世界中に250万人以上の利用者を抱えるXMがレイテンシーを許可してしまうとサーバーがいくらあってもダウンしてしまいます。

これではXMで裁量トレードをしている人やEAトレードをしている人たちに大きな影響を与えてしまいます。約定力に力を入れているXMがレイテンシーやアービトラージで自社の強みを阻害されてしまわないようにこれらの取引は明確に利用規約違反であり口座凍結の対象となる可能性があるので注意しましょう。

異なる通貨ペアでのヘッジ取引

FXの複数のチャートを見ていると相関性のある通貨というものがあります。

例えばユーロドルとドル円は比較的相関しやすいのです。例えばユーロドルが下がる(ユーロが売られてドルが買われる)とドル円の相場は上がりやすい(ドルが買われるから)というのが代表的な事例ですがそのように通貨の相関性を資料したリスクヘッジなトレードも意図的にやっていると判断されると口座凍結の対象となります。

これも一種の両建てとも言えますがXMは両建てやアービトラージを禁止しているのです。

国内ではNGだけどXMではウェルカムなこと

スキャルピング歓迎

XMではスキャルピングを認めています。

というのもNDD方式のためスキャルピングをして取引をしてくれた方がそれだけたくさんの手数料収入が入ってくるのでXMとしても利益が上がるのです。

国内FXでスキャルピングが禁止されているのはDD方式の相対業者なのでスキャルピングをされるとディーラーが注文を処理するのに非常に労力がかかります。またそのような呑み業者はサーバーも大した数を設置していないのでスキャルピングされるとサーバーダウンなどにもつながってしまうのです。

しかしXMではNDD方式でSTPなのでスキャルピングはOKです。

なぜアービトラージやレイテンシーは禁止されているのかと言えばNDDの中でもSTP方式だからでしょう。サーバーが一度相対してカバー先に流す場合スキャルピングよりも売買速度の速いレイテンシートレードや高速アービトラージなどをされるといくらXMとは言えサーバーに負荷がかかってしまいます。

したがってスキャルピングは認めていますが数分間で何十回も売買するようなレイテンシーやアービトラージを禁止しています。

関連記事:XMのゼロ口座はスキャルピング向き?メリットとデメリットを徹底解説!

EA取引し放題(ゼロ口座でもOK)

国内の某大手FX業者はEAを使った取引を禁止しています。

EAを使った取引を禁止としているのは国内FX業者の中にいるディーラーがEAを持ちいた高速売買などの注文には対応しきれずディーリングしている間に相場が動いてパンクしてしまう可能性があるからです。

XMではEAの取引も禁止されていません。

しかもスタンダード口座とマイクロ口座、ゼロ口座の全てでEAによる取引を良しとしています。

XMはどの口座タイプもNDD方式のため自動的にカバー先へと注文が流れるようになっているのです。

利用者が高速で取引をするとしてもサーバーが自動的に対応し手数料だけが落ちてくるのでXMとしてはEAを禁止する理由がないのです。

関連記事:スタンダード口座とマイクロ口座は何が違う?オススメな人までご紹介

XMは両建て可能

XMでは複数口座間での両建てや他業者間での両建てなどは禁止としていますが同一の口座内での両建ては禁止にしていません。

ボーナスを悪用した取引ではないためXM側からしても両建てを禁止する必要がないのです。

同一口座内での両建ては口座凍結の対象とはなりませんし、両建てをしたとしても通貨ペアの証拠金は必要となりません。

両建てはリスクヘッジ方法としては有力な作戦ではあるもののスワップポイントは徐々にマイナスになっていく可能性の方が高いので時間との勝負になることになります。しかし両建てを上手に活用することでトレードの戦略が多彩にできるのは嬉しい限りですね。

XMで利益を出しすぎても問題なし

NDD方式のため利益を出して大きな取引をたくさんしてくれた方がXMとしても利益が出ます。

国内FXの場合DD方式の相対業者なので顧客の利益はFX会社の損失となるためあまりに利益を出しすぎてしまうといちゃもんをつけられ口座の出金停止などの処分を受けることにもなります。

しかしXMではそもそも国内FXとはビジネスモデルが違うため顧客が勝つことはXMにとっても喜ばしく利益が一致するのです。したがってどれだけ勝たれたとしても一切問題がないどころかむしろXMにとって利益が出るので喜ばしいのです。

関連記事:XMの金融ライセンスの信頼性は?

XMの口座凍結/休眠口座まとめ

XMでも口座凍結される理由はあります。

それは大きく分けて口座を長らく使っていない場合と利用規約違反をした場合の2つの原因があります。

利用規約違反の場合には新規でも口座を作成することはできないので他の海外FX業者を利用するしかありませんが口座を長らく利用していない場合には少額の取引をするか追加で入金をするかすれば口座は自動的に復活します。

今回紹介したXMでの利用規約違反の事例をしっかりと理解していればXMで出金凍結になるようなこともないでしょう。

海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事