XMの日経225のレバレッジやスプレッドなどその他取引環境を丁寧に解説

XMはFX通貨などの為替以外にも『株式指数』や『エネルギー』、『貴金属』と行った多彩なCFD商品も豊富に提供しています。

XMは海外FX業者の中でもFX通貨や商品CFDの取扱ペア数が非常に豊富です。

為替以外に取引したことがないなという人でもXMの口座からFX通貨でも株式指数など取引することができます。

今回は最も日本人が取引している日経225について徹底的に解説していきます。日経225の特徴やそれを使った稼ぎ方など幅広く解説していきますのでぜひ最後までご覧くださいね。

関連記事:XMの評判は?11の強みと4つの弱みを徹底解剖!

そもそも日経225とは

日経225とは『日経平均株価』のことで、株式指数のことをさします。日経平均株価とは日本経済新聞社が発表している株価指数のことで東証一部に上場している約2,000銘柄のうち代表的な225銘柄を元に計算されています。

より具体的にいうのであれば東証1部という株式取引所に上場している中でもソフトバンクやトヨタなどの日本を代表する225の企業の株価を指数化したものです。

日本の株式相場の大きな動きを把握するために利用されており私たちの身近な例としては『投資信託』や『先物取引』などの投資対象としても利用されています。

東証1部の代表的な銘柄を抽出して指標としているため定期的に銘柄の見直しが行われています。

日経225(N225)というのは英語圏での表記の方法になりますが海外FX業者によってはN225と表記されていることもありますがどれも日経225のことです。

また日経平均について知っておくことでドル円市場などのクロス円の取引にも活用することができるので取引する上で有利になることは間違い無いでしょう。

XMの日経225概要

 現物
(JP225Cash)
先物
(JP225-〇〇20)
必要証拠金率0.5%0.5%
レバレッジ200倍200倍
シンボルJP225CashJP225-〇〇20
最低スプレッド12.024.0
MT4)最小取引サイズ/最大取引サイズ最小:1.0Lot
最大:12,500.0Lot
最小:1.0Lot
最大:12,500.0Lot
MT5)最小取引サイズ/最大取引サイズ最小:1.0Lot
最大:12,500Lot
最小:1.0Lot
最大:12,500Lot
買いスワップ−1.76なし
売りスワップ−1.86なし
指値/逆指値レベル10.010.0

日経225は時価総額4兆900億米ドル(約500兆円)の世界で3番目に大きい証券取引所である東京証券取引所の株価指数です。株式の指数の算出方法は株価平均型指数であり、米国のダウ・ジョーンズ工業株価平均指数に相当するものです。

構成される銘柄は『食品・自動車・化学薬品・鉱業・医薬品・銀行・金融サービス・運送業・電気機器・輸送』など滝に渡ります。

関連記事:XMでUS30をトレードする際に必要な証拠金やスプレッドなど取引環境まとめ

XMでは日経225が先物と現物の2種類ある

XMでは日経225は先物と現物の2つの種類があります。

先物とはつまり満期日が決まっている中での取引です。先物取引は危険という認識を抱いている人も少なくありません。先物取引とはつまり『満期日までに必ず決済をしなければならない』取引です。

『JP225-JUN20』のように、シンボル(JP225)の横に英語で満期が書かれているのが先物です。反対に『JP225Cash』と書かれているのがXMにおける日経225の現物取引になります。

両者の違いをまとめると以下のようになります。

 現物取引先物取引
商品シンボルJP225CashJP225-〇〇20
配当金ありなし
スワップあり(両方マイナス)なし
限月なしあり
スプレッド1224

XMの日経225の現物取引はスワップがかかる

日経225のスワップ

※『XM公式サイト>取引>取引商品>株式指数』から現在のリアルタイムのスワップポイントを確認することができます。

XMの現物取引にはスワップがかかります。そして売りも買いもどちらもマイナススワップなので現物取引は長期保有には向いていません。

スワップの計算方法
ロングスワップ:−1.76の場合
1ロット×−1.76(円)=1.76円/日
10ロット×1.76(円)=17.6円/日
100ロット×1.76(円)=176円/日

ショートスワップ:−1.85の場合
1ロット×−1.85(円)=1.85円/日
10ロット×1.85(円)=18.5円/日
100ロット×1.85(円)=185円/日
※小数点以下のスワップは四捨五入。水曜日は週末土日分のスワップポイントがかかるため水曜日のポジション持ち越しは3日分のスワップポイントが付与される。

スワップポイントはXMのMT4での表示時間が0時を跨ぐ際にその時保有しているポジションの量によって付与されます。XMのサーバー時間はGMT+3なので、XMのMT4が午前0時を回るのは日本時間の午前7時(サマータイムの場合は午前6時)頃になります。

日経225で長期保有をするならスワップフリーになる先物(JP225-〇〇20)の取引をするようにしましょう。

XMの日経225の現物取引には配当金がある

XMで日経225の現物のポジションを保有していると配当金が付与されます。

・買い→配当金をもらう
・売り→配当金調整金を支払う

配当金計算方法
指数配当金×取引量=配当金調整額

配当金は、日経225を買いポジションで持っている場合に付与されますが、MT4の口座に振り込まれるようになっています。

もし売りポジションで持っている場合には配当金調整額がMT4口座から差し引かれるようになるため日経225を売りポジションで持っている場合にはこの指数配当金や配当金スケジュールに気をつけるようにしてください。

配当金の徴収額や徴収日時はXMの公式HPで確認することができます。
配当金調整額や指数配当金はこちら(XM公式HP)

XMの日経225の先物取引には限月がある

先ほどXMで日経225を取引する場合には現物と先物の2つがあるとお伝えしましたが、先物取引の場合には『限月(げんげつ)』が定められているため永遠と保有することはできません。

XMの日経225の先物取引は3ヶ月ごとに売り出される商品のため3ヶ月以上保有することはできず、満期が来たら必ず強制的に決済されます。

『JP225 - JUN20』のように表記されていますが、1つ1つ解説していくと
JP225:シンボル(日経225ですよという表示)
JUN:June(英語で6月という意味)
20:2020年のこと

つまり上記の『JP225-JUN20』というのは”2020年6月が満期の先物取引です”という意味です。つまり5月からポジションを保有すれば最大で保有できる期間は1ヶ月程度になります。

決済日は必ず3の倍数の月に設定されており、3月,6月,9月,12月の第2週になります。

基本的には第2金曜日に設定されていますがより具体的な満期日に関してはXMの公式HPで随時最新情報が更新されているのでご覧ください。

日経225の満期日はこちら(XMの公式HP)

XMで日経225は稼ぎやすい

最大レバレッジ200倍

XMで日経225を取引する場合、レバレッジは最大200倍で取引をすることができます。

ハイレバレッジだから危険というイメージが強いですが、あくまで追証がある場合はハイレバレッジは確かに危険です。しかしXMは日経225の取引に対しても追証なしのゼロカットのため、ハイレバレッジはメリットでしかありません。

日経225は国内の証券会社でも取り扱っていますが実は毎日微妙にレバレッジが変更されています。相場のボラティリティ(値動き)が激しい場合にはレバレッジは下がり、反対に相場のボラティリティが低い場合にはレバレッジは上がる設計になっていますが、それでもレバレッジは20〜30倍程度しかかけることはできません。

一方でXMはボラティリティによってレバレッジの制限や規制はなく、200倍固定のレバレッジで取引することができます。

最大200倍のレバレッジで追証なしの取引ができるため少ない証拠金で取引ができ、口座に入っている残高までにリスクを限定できるというのはXMのハイレバレッジで日経225を取引する魅力です。

関連記事:XMのレバレッジは888倍がお得!実行レバレッジや制限まで徹底解説

日経225の取引に必要となる最低証拠金は100円程度

XMで日経225を取引する際には口座の中に最低200円程度入っていれば日経225を取引することができます。

XMでの最低入金額が500円なので誰もが日経225を取引することができます。

XMで口座開設をしていない人はこの機会に3,000円の新規口座開設ボーナスを受け取ればノーリスクで未入金のまま日経225を取引することができます。

関連記事:XMで口座開設をしてボーナスを受け取るまでの流れを画像で解説

追証なしのゼロカット

XMで日経225を取引をしてどれだけハイレバレッジでマイナス残高(追証)を出したとしても一切請求されることはありません。

つまり日経225のようにボラティリティの高い商品を取引してもリスクは最大でも入金額に限定されているため自分がリスクを許容できる範囲の金額のみを口座に入金して取引をすれば被害も最小限ですみます。

口座を複数作成して日経225専用の取引口座を作成してもいいですし、200倍のレバレッジで取引ができるため200円程度の残高があれば日経225は取引ができるので少額からアクティブにトレードができるのもXMで日経225を取引するメリットですね。

関連記事:XMでゼロカットされない?原因や対処法をわかりやすく解説

関連記事:追加口座を開設する方法とXM公認の複数口座を利用した活用方法とは

日経225の損益計算方法

日経225の損益額はそれぞれのポジションの横に青字(損失の場合は赤字)で表示されています。

先物(JP225-JUN20)の場合
オープン価格(約定した価格)が20,000円の時に1ロットの買いポジションを入れる
→現在価格が20,100円
→100円が利益

現物(日経225Cash)の場合
オープン価格(約定した価格)が20,000円の時に1ロットの買いポジションを入れる
→現在価格が21,000円
→差額(21,000円−20,000円)の1,000円が利益になる

FXのように1ロット10万通貨のような場合は値動きに対して自分が保有している枚数を計算しなければなりませんが、日経225の場合は1ロット1枚というようにシンプルで値動き分が利益として反映されるので、初心者でも値動きとリターンの利益がわかりやすいのが特徴です。

関連記事:XMの1ロットの計算や必要証拠金の計算方法をわかりやすく解説してみた

スプレッドが狭い

XMで日経225を取引するメリットとして何と言ってもスプレッドの狭さはどの海外FX業者や国内証券会社よりもメリットになるでしょう。

XMのスタンダード口座の場合、最も流動性が高くスプレッドが狭いドル円やユーロドルでは実際のスプレッドが1.6pips程度ですが、日経225は現物の場合1.2pips、先物の場合は2.4pips程度になっています。

スプレッドが大きく変動することもなく初めてCFD取引をしてみたいという人でも比較的取引しやすいのが特徴です。

原油などもスプレッドは狭いですがファンダメンタル情報などは入って来にくいため、日本国内の企業の動向が反映される日経225の方がスプレッドと情報量ともに取引対象として人気となっている1つの理由ですね。

関連記事:原油取引ならXMがダントツでオススメな理由

トレンド相場を反映しているから

XMの公式HPにはトレーダーダッシュボードがあり、日経225も魁斗売りのどちらの勢いが強いのかを表しています。15分ごとに更新され、やく1時間前のデータを見ることができます。

買い勢は緑で表示され、売り勢は赤色で表示されています。売買トレンドを確認しておくことでテクニカル分析以外でも役に立つこと間違い無いでしょう。

XMで日経225の取引に必要となる証拠金の計算方法

XMでは証拠金の自動計算ツールしか用意されていないため日経225のような株式指標に必要となる証拠金は自動で計算することはできません。通貨ペアの取引はこちらのXMの自動計算ツールを利用してみるのがいいでしょう。

XMの必要証拠金自動計算ツールはこちら

日経225の計算は手動でも簡単にできるのでこの機会に計算方法を覚えておくようにしましょう。

CFD商品(日経225)証拠金計算方法
必要証拠金=ロット数×コントラクトサイズ×オープン価格×証拠金率

ロット数:エントリー数
コントラクトサイズ:1ロットあたりの取引量(日経225の場合は”1”)
オープン価格:約定した価格(その商品の現在価格)
証拠金率:その取引に必要となる証拠金率(日経225の場合は0.5%)

ロット数×コントラクトサイズとはつまり取引量のことです。コントラクトサイズ(契約サイズ)というのはつまり1ロットにつきどれだけの取引量のことかを表します。

FXにおけるコントラクトサイズというのは10万通貨です。日経225のコントラクトサイズは”1”なので、1ロットのエントリーに対して1つの日経225を購入するということです。

仮に100ロットの日経225を購入するとすると必要証拠金は以下のようになります。

100(ロット数)×1(コントラクトサイズ)×20,000円(オープン価格=約定価格)×0.5%(証拠金率)
=2,000,000×0.5%
=10,000円

つまり日経225で100ロットの取引をする場合には約10,000円の証拠金があれば取引することができるということです。

XMの日経225の取引時間

FX通貨は平日24時間いつでも取引することができますが日経225などの株式インデックスはメンテナンス時間などが入るためいつでも取引できるわけではないということを覚えておきましょう。

XMは夏時間と冬時間で取引時間が異なるため注意してください。

日本時間冬時間夏時間
日経225月曜07:05〜土曜05:10月曜06:05〜土曜04:10
平日の取引時間早朝08:05〜翌06:15
翌06:30〜06:55
早朝07:05〜翌05:15
翌05:30〜05:55

プレ・クロージングタイムとは

XMで日経225の取引時間は先物取引も現物取引も取引時間は共通しています。

夜間セッションもあり取引時間が24時間いつでも可能だと思いがちですがそうではないことに気をつけるようにしましょう。

取引できる時間は
・朝08:05〜朝06:15(日本時間)
・朝06:30〜朝06:55(日本時間)←プレクロージングタイム

取引できる時間は朝の8時から翌朝の6時までの約22時間です。6時半から7時前までの25分間はプレクロージングタイムと呼ばれ、この時間帯には新規の注文を入れることはできず、注文予約のみが可能です。

ポジションを持っていて決済をしたい場合にはプレ・クロージングタイム以前に決済するようにしましょう。

日経225の年末年始の取引時間には気をつけること

XMではクリスマスから年末年始にかけて取引時間が毎年ガラッと変わります。特に日経225のような株式指数の取引時間は毎年イレギュラーのように変わるためクリスマス前にはXMからの取引時間通達メールを必ず確認するようにしましょう。

もっとも、クリスマス休暇や年末年始の休暇のためトレードしていないというのであれば確認する必要はありません。欧米でもクリスマス休暇や新年は取引量も薄く相場が急騰急落することも多々あります。

クリスマス以降はポジションをからにして年末年始を過ごすのがいいでしょう。

関連記事:XMの年末年始の取引時間まとめ

日経225の特徴

トレンドが強い

日経225の特徴としてトレンドが継続しやすいということが挙げられます。

一度トレンドが発生すると天井や底まで一方的に流れることも多々あるため市場がトレンドに乗ると比較的利益を上げやすいというのが特徴です。

また、XMの日経225はCFD取引(差金決済取引)のため『売り』からも入ることができます。

逆張りでも順張りでもどちらの取引からでも入ることができるのはメリットですが、売りも買いもどちらもスワップがマイナスになっているという点には注意するようにしましょう。

日経225のまとめ

日経225は日本人にとって馴染みのある株式インデックスであり世界で3番目に大きい東京証券取引所に上場する上位225銘柄を取引するようなものです。

日経225の取引は日本人を含め世界中で取引されていますが日経225を取引対象としているだけでも日本の経済情勢やそれぞれの企業の株価動向まで色々な勉強のきっかけになるでしょう。

日経225は日本人なら必ず相場を見ておく指標の1つであることは間違いありません。この機会にXMで日経225の取引にデビューしてみるのはいかがでしょうか。


海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事