XMで取引しようとしたのはいいものの

・XMの1ロットって何万通貨なのか。
・1ロットに必要となる証拠金はいくらなのか。
・取引量ごとの獲得利益はどのくらいになるのか。

そんな疑問を持つ方に向けて今回はXMのロット数の規制やルールを解説するとともに取引に必要な証拠金やロットの調節でリスクを減らす方法まで詳しく解説していきます。

XMのロットについての基礎知識

ロットとはFXの取引単位のことです。FXは2カ国間の通貨を売買しますがその際に1枚ずつ取引することはできません。

全ての数量に単位がつけられているようにFXでの取引量は1つの単位としてロットという言葉が使われています。

XMは1ロット10万通貨

XMの場合1ロットの取引は10万通貨です。

通貨と呼ぶのは色々な国の通貨を取引するため便宜上『米ドル』や『ユーロ』とは呼ばず一般的な総称として『通貨』という言葉を用います。仮にドル円で1ロットの取引をする場合は米ドル10万通貨買い(売り)と読んだりします。

XMのスタンダード口座とゼロ口座は1ロット10万通貨です。

関連記事:XMのスタンダード口座とマイクロ口座の違いとは?

マイクロ口座は1ロット1,000通貨

XMはスタンダード口座とマイクロ口座で1ロットあたりの取引単位が異なります。

 スタンダード口座
ゼロ口座
マイクロ口座
1ロット10万通貨1,000通貨

XMスタンダード口座/ゼロ口座:10万通貨/ロット
マイクロ口座:1,000通貨/ロット

XMスタンダード口座の1ロット=マイクロ口座の100ロット
XMスタンダード口座の0.01ロット=マイクロ口座の1ロット

マイクロ口座とスタンダード口座によって取引量が異なるので口座タイプをしっかり確認してから取引をするようにしましょう。

XMで1ロットに必要な証拠金は?

FXは信用取引なのでドルが100円の場合1ロット(10万通貨)の取引をするからといって1000万円の証拠金が必要ではありません。レバレッジを効かせて取引ができるのでもっと少額から1ロットの取引をすることができます。

1ロットの取引に必要となる証拠金の計算方法は
取引対象の価格×取引数量÷レバレッジ=必要証拠金

XMでドル円を1ロット取引する際に必要となる証拠金(ドル=100円の場合)

【スタンダード口座:レバレッジ888倍:1ロット=10万通貨】
100円(価格)×100,000(通貨)÷888倍(レバレッジ)
=11,261円(必要証拠金)

【ゼロ口座:レバレッジ500倍:1ロット=10万通貨】
100円(価格)×100,000(通貨)÷500倍(レバレッジ)
=20,000円(必要証拠金)

【マイクロ口座:レバレッジ888倍:1ロット=1000通貨】
100円(価格)×1,000(通貨)÷888倍(レバレッジ)
=112円

上記は法定通貨(FX通貨ペア)の取引での必要証拠金の計算方法になりますのでCFD商品などの証拠金の計算方法は異なりますので注意する必要があります。

CFD銘柄の1ロットあたりの必要証拠金なども後ほど詳しく解説していきます。

関連記事:XMのゼロ口座のメリットデメリットを徹底検証!

XMでの最大ロットと最小ロットは?

 スタンダード口座ゼロ口座マイクロ口座
最小ロット0.01ロット0.01ロット0.01ロット(MT4)
0.1ロット(MT5)
最大ロット50ロット50ロット100ロット

※XMの最小ロットは全講座で0.01ロットとなっていますがマイクロ口座のMT5だけは最小ロットは0.1ロット(100通貨)からの取引となります。

最大ロットに必要となる証拠金は?

 最小ロット最大ロット最大ロットに必要な証拠金(ドル110円の場合)
スタンダード口座0.01ロット50ロット619,369円
ゼロ口座0.01ロット50ロット1,100,000円
マイクロ口座0.01ロット(MT4)
0.1ロット(MT5)
100ロット12,387円

スタンダード口座の場合
・レバレッジ888倍
・1ロット=10万通貨
・最大取引量=50ロット(500万通貨)
・ドル=110円で計算

110円(ドル円)×500万(通貨)÷888倍(レバレッジ)
=619,369円(必要証拠金)
→スタンダード口座の場合62万円以上の証拠金があれば最大取引が可能となります。

ゼロ口座の場合
・レバレッジ500倍
・1ロット=10万通貨
・最大取引量=50ロット(500万通貨)
・ドル=110円で計算

110円(ドル円)×500万(通貨)÷500倍(レバレッジ)
=1,100,000円(必要証拠金)
→ゼロ講座では110万円以上の証拠金があれば最大取引が可能となります。

マイクロ口座の場合
・レバレッジ888倍
・1ロット=1,000通貨
・最大取引量=100ロット(10万通貨)
・ドル=110円で計算

110円(ドル円)×10万(通貨)÷888倍(レバレッジ)
=12,387円(必要証拠金)
→マイクロ口座では13,000円の証拠金があれば最大取引が可能になります。

最小ロットに必要となる証拠金は?

 最小ロット最小取引数量最大ロットに必要な証拠金(ドル110円の場合)
スタンダード口座0.01ロット1000通貨123.8円
ゼロ口座0.01ロット1000通貨220円
マイクロ口座0.01ロット(MT4)
0.1ロット(MT5)
10通貨(MT4)
100通貨(MT5)
1.2円(MT4)
12.3円(MT5)

XMのマイクロ口座の場合はMT4とMT5によって最小取引量が異なるので注意が必要です。

スタンダード口座の場合
・レバレッジ888倍
・0.01ロット=1000通貨
・ドル=110円で計算

110円(ドル円)×1000(通貨)÷888倍(レバレッジ)
=123.8円(必要証拠金)
→スタンダード口座の場合最小でも124円以上の証拠金があれば取引が可能となります。

ゼロ口座の場合
・レバレッジ500倍
・0.01ロット=1000通貨
・ドル=110円で計算

110円(ドル円)×1000(通貨)÷500倍(レバレッジ)
=220円(必要証拠金)
→スタンダード口座の場合最小でも220円以上の証拠金があれば取引が可能となります。

マイクロ口座(MT4)の場合
・レバレッジ888倍
・0.01ロット=10通貨
・ドル=110円で計算

110円(ドル円)×10(通貨)÷888倍(レバレッジ)
=1.23円(必要証拠金)
→スタンダード口座の場合最小でも1.3円以上の証拠金があれば取引が可能となります。
※MT5の場合は100通貨からなので12.3円(13円)以上の証拠金があれば取引が可能です。

複数口座を持っている人は注意

XMでは1つのアカウントに対して8つの口座を開設することができますが複数口座を持っている場合にはそれぞれの口座タイプによって取引単位が異なりますので注意が必要です。スタンダード口座やゼロ口座が同じ50ロットでもマイクロ口座50ロットとは取引量が異なります。

スタンダード(ゼロ)口座:50ロット=500万通貨(5億5000万円)
マイクロ口座      :50ロット=550万円分の取引

ロット数は同じだとしても取引金額には100倍の違いがあるのでマイクロ口座に慣れすぎているとスタンダード口座やゼロ口座でとんでもない取引をしてしまう可能性があります。

取引する際にはその口座がスタンダード口座かマイクロ口座かをちゃんと確認する癖をつけるのが大切です。

XMで持てるポジションは最大200個まで

口座タイプ最大取引量最大保有可能ポジション数
スタンダード口座50ロット
(500万通貨)
200ポジション
ゼロ口座50ロット
(500万通貨)
200ポジション
マイクロ口座100ロット
(10万通貨)
200ポジション

XMでは最大取引量が決められている以外にも最大保有可能ポジション数も全ての口座タイプで200ポジションまでと決まっています。つまり最大取引金額に達していなくてもポジションが200個に達するとそれ以上はエントリーすることはできません。

スタンダード口座で0.01ロット(1000通貨)のポジションを200個(合計2万通貨)積み上げたら残り480万通貨の取引は可能ではあるのもののポジション数に限界があるのでその口座ではそれ以上のポジションを持つことができません。

200ポジション以上保有したい場合にはXMで追加口座を作ってそちらで新しいポジションを積み上げていくしかないのです。

関連記事:XMの追加口座開設方法と開設の際に注意するべきこととは

口座残高ごとの最大取引可能金額

スタンダード口座スタンダード口座
(888倍)
ゼロ口座
(500倍)
マイクロ口座
(888倍)
10,000円0.8ロット
(80,727通貨)
0.45ロット
(45,454通貨)
0.8ロット
(80,727通貨)
50,000円4ロット
(403,635通貨)
2.2ロット
(227,272通貨)
4ロット
(403,635通貨)
100,000円8ロット
(807,272通貨)
4.5ロット
(454,545通貨)
8ロット
(807,272通貨)
300,000円24.2ロット
(2,421,816通貨)
13ロット
(1,363,636通貨)
24.2ロット
(2,421,816通貨)
→取引上限オーバー
500,000円80ロット
(8,072,720通貨)
→取引上限オーバー
22.7ロット
(2,272,725通貨)
1,000,000円45.4ロット
(4,545,450通貨)
1,200,000円54.54ロット
(5,454,545通貨)
→取引上限オーバー

1万円で取引が可能な最大料はスタンダード口座で0.8ロット、ゼロ口座で0.45ロットとなっています。

しかしあくまでも実行レバレッジを最大にしてギャンブルトレードに近くなるので少し逆行するだけでロスカットされる可能性があります。

スタンダード口座とマイクロ口座はレバレッジが888倍なので少額でも一定金額に達すると取引上限額を一部オーバーします。最もレバレッジの低いゼロ口座が証拠金120万円を超えると一部取引量が制限されます。

XMと国内FX業者の1ロットの比較

XMだと1ロットあたりの取引量は10万通貨ですが国内の場合は1ロットあたり1万通貨で表記していることがほとんどです。

もしUSDJPY=110円だとすると1ロット(10万通貨)に必要となる証拠金を比較してみると以下の表のようになります。

ドル=110円で計算1ロットレバレッジ10万通貨に必要な証拠金
国内1万通貨25倍440,000円
XM10万通貨888倍12,387円

XMのスタンダード口座の場合(レバレッジ888倍)
110円/ドル×10万通貨÷888倍=12,387円

国内FXの場合(レバレッジ25倍)
110円/ドル×10万通貨÷25倍=440,000円

XMの場合は13,000円あれば10万通貨の取引ができますが国内FXの場合は44万円の証拠金がなければ10万通貨の取引ができません。また国内の場合にはボーナスなども提供していないので44万円は自己資金で用意しなければいけないのも難点です。

関連記事:XMの3つのボーナス制度を最も効果的に受け取る方法とは?

XMで取引する際のロットごとのリターン

1ロット=10万通貨の場合1.0Pips
(0.01円)
10.0Pips
(0.1円)
100Pips
(1円)
1000Pips
(10円)
0.01ロット10円100円1,000円10,000円
0.1ロット100円1,000円10,000円100,000円
1ロット1000円10,000円100,000円1,000,000円
10ロット10,000円100,000円1,000,000円10,000,000円
50ロット50,000円500,000円5,000,000円50,000,000円

通貨ペアによって多少も違いますが1ロットの取引で10Pips(0.1円)の値幅を抜くことができれば1万円の利益を得ることが可能になります。

XMでは最大50ロット(500万通貨)の取引が可能ですが50ロットの取引で10Pips(0.1円)の値幅を抜くと50万円の利益を得ることができます。

FXはPipsをとるのかロット数を上げるのかの駆け引きなのでロット数が上がれば上がるほど利益金額は大きくなりますし、仮にロット数が少なくても獲得Pips数が大きければそれだけ利益を出すことができるのです。

ハイレバレッジの大きなロットはそれだけリスクも伴う

ハイレバレッジで大きなロットを取引すればたった数Pipsの獲得だけでも大きな利益を得ることができます。しかし数pipsの獲得で大きなリターンが来るということは数Pipsの逆光でそれだけ大きなマイナスになるということも忘れてはいけません。

ハイレバレッジ=危険という認識は日本がまだレバレッジを500倍で提供していた際に多くのトレーダーがハイレバレッジで取引をしすぎて追証となってしまったことが原因です。

XMではどれだけハイレバレッジでマイナス残高(追証)を発生させっとしても追加保証金を請求されることはないので確かにハイレバレッジのギャンブルトレードはできるかもしれません。

しかしあまりにも意図的なギャンブルトレードはXMの利用規約では違反となっているため口座の凍結や利益の没収などの可能性があります。あまりに実行レバレッジをかけすぎるのは危険なので気をつけましょう。

関連記事:【知らないと損する】XMで口座凍結の対象となる原因とは?

ロット数を調節すればハイレバレッジはむしろ安全

先ほどはハイレバレッジが危険と言われるようになったことをお伝えしましたが実はハイレバレッジ=リスクが大きいというのは大きな誤認識です。

確かにレバレッジが高いことはリスクですがそれは実行レバレッジを極限までかけている場合のみで、表面レバレッジが高いことはなんらリスクではないのです。

表面レバレッジが高いことによって少ない証拠金での取引が可能となります。

例えば1ドル=110円の場合に10万通貨の取引をする場合

 10万通貨に必要な証拠金10Pipsの変動
レバレッジなし11,000,000円1万円
レバレッジ100倍1,100,000円1万円
レバレッジ500倍22,000円1万円
レバレッジ888倍12,387円1万円

上記は全て1ロット(10万通貨)の取引の際に必要となる証拠金と損益ですが証拠金が違ってもロット数が同じであれば同じ損益になります。

確かに約13,000円で1ロットの取引をするのはかなり危険ですがハイレバレッジが危険なのではなく取引に実際に利用する実行レバレッジがハイレバレッジだと少しの損失でロスカットになります。

レバレッジを理解しないまま限界まで取引していると危険ですがロット調節をすればハイレバレッジはそれだけ利用する証拠金が少なくなりリスクが低くなります。

関連記事:XMのレバレッジが888倍なのがオススメな理由と実行レバレッジの計算方法とは

XMで取引をする際のロットの調節方法

XMのMT4にログインをしたら気配値表示に表示されている通貨ペアを選択します。

MT4通貨ペア選択画面

『MT4にログイン>取引通貨ペアの選択』

取引量調節

『取引数量を選択>成行売り/成行買い』から注文を出すことができます。

XMのMT4をまだダウンロードしていない場合にはこちらの記事にて解説しているのでご覧ください。
XMのMT4ダウンロード方法から取引通貨の出し方まで丁寧に解説してみた

XMのロットに関するよくある質問

Q:XMで1ロットは何通貨ですか?

A:スタンダード口座とゼロ口座の場合は10万通貨、マイクロ口座の場合は1,000通貨になります。

スタンダード口座:10万通貨/ロット
ゼロ口座:10万通貨/ロット
マイクロ口座:1,000通貨/ロット

Q:XMの最大ロットと最小ロットはいくつですか

A:最大ロットは50ロット(500万通貨)、マイクロ口座は100ロット(10万通貨)までです。

 スタンダード口座ゼロ口座マイクロ口座
最小ロット0.01ロット0.01ロット0.01ロット(MT4)
0.1ロット(MT5)
最大ロット50ロット50ロット100ロット

Q:1ロットで10Pipsの値動きでどれだけの損益になりますか?

A:1ロットのエントリーで10Pipsの利益を得た場合は1万円の利益となります。

1ロット=10万通貨の場合1.0Pips
(0.01円)
10.0Pips
(0.1円)
100Pips
(1円)
1000Pips
(10円)
0.01ロット10円100円1,000円10,000円
0.1ロット100円1,000円10,000円100,000円
1ロット1000円10,000円100,000円1,000,000円
10ロット10,000円100,000円1,000,000円10,000,000円
50ロット50,000円500,000円5,000,000円50,000,000円

XMのロットに関するまとめ

XMはスタンダード口座とマイクロ口座によって1ロットあたりの取引数量が異なります。また最大取引量も100倍違ってくるので自分の資金や取引スタイルと照らし合わせながらどれだけの実行レバレッジをかけて取引するかを考えてみるといいでしょう。

特に複数口座を持っている場合にはマイクロ口座とスタンダード口座、ゼロ口座で同じ取引量でも必要となる証拠金やレバレッジ、そして取引通貨単位がそれぞれ異なるので取引する前に口座タイプを確認する癖をつけるようにしましょう。

 

関連記事:【2020年最新版】XMの口座開設方法とボーナス受け取り方法までを画像で解説

海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事