XMでは1つのアカウントで最大8つの口座を開設することができます。

日本のFX業者の場合は複数口座を管理することができないと言ってもいいですがXMでは簡単に口座を追加で開設し管理することができます。

口座開設の際にどの口座にしようかなと迷う人もいますが、どの口座を選択したとしても最大8つまで追加口座開設が可能なのでスタンダード口座、マイクロ口座、ゼロ口座の全ての口座タイプを試すことが可能です。

今回はXMの追加口座開設の方法を画像でわかりやすく解説するとともに追加口座を効果的に使う方法まで解説していきます。

関連記事:XMの評判は?ひいきなしで強みと弱みをガチジャッジ!

XM 追加口座開設方法

XMではスタンダード口座とマイクロ口座、そしてゼロ口座を1つのアカウントで同時に複数個保有することができます。

XMで追加口座開設をする場合はまずXMのマイページにログインします。

XMマイページ追加口座開設

マイページにログインしたら下にスクロールします。

『追加口座を開設する』をクリックします。

口座種類選択画面

次にどの口座タイプを開設するか選択します。(上記画像はゼロ口座の追加開設方法)

※XMゼロ口座を追加口座開設する場合はボーナスを受け取ることはできません。

申請確認画面

次にパスワードを設定します。このパスワードはMT4にログインする際のパスワードになります。

チェックボックスにマークを入れて『リアル口座開設』をクリックすれば追加口座開設申請完了となります。

追加口座のMT4のIDとパスワード発行画面

自動メールにてMT4のIDとサーバー情報が届きますので先ほど設定下パスワードを使ってログインします。

XMで追加口座を作成するメリット

口座タイプごとの特徴を試すことができる

追加口座開設をする理由は口座タイプごとの特徴を試してみたいという人が最も多いでしゅ。

XMではスタンダード口座とマイクロ口座、ゼロ口座の3つの口座タイプを提供していますが1ロットあたりの取引量やスプレッドなどは口座タイプごとに異なります。

マイクロ口座で最小10通貨からスイングトレードをして

スタンダード口座でEAトレードをして

ゼロ口座でスキャルピングトレードをする

というように口座の特徴を生かしてトレードスタイルを分けることが可能になります。

関連記事:XMのスタンダード口座とマイクロ口座の違いとは?最小取引単位以外に何が違うの?

関連記事:XMのゼロ口座のメリットデメリットを丁寧に解説

MT4とMT5の両方が試せる

海外FXのスタンダードとなっているMT4とMT5ですが両者の違いを知りたいという人やMT5の性能を確認したいという人はXMで追加口座開設をすることで実際にトレードを体感することが可能です。

開発元のメタクオーツ社が2010年にMT5をリリースし、それ以降頻繁にアップデートに力を入れていることもあり動作環境的にはMT5の方がサクサク動くため裁量トレーダーはMT5を利用した方がいいでしょう。

しかし10年経った今でもMT4の方が主流となっているのはMT5に対応している海外FX業者は少ないのと、EA(自動売買システム)がMT4上で稼働するように作成されているものが多いからでしょう。

ここ数年でMT5の性能もリリース当時よりも比べ物にならないほど向上し、今後業界のスタンダードがMT5に移っていくことは間違い無いでしょう。

今のうちにXMで追加口座を開設してMT5を体感しておくことをオススメします。

レバレッジで分けることができる

XMで追加口座開設をする際にはレバレッジを設定します。

既に持っている口座のレバレッジを変えることも可能ですが追加口座開設のフローは全て自動化されているのでレバレッジ変更をするよりも追加口座開設をした方がいいでしょう。

複数口座でレバレッジが異なる口座を管理すれば

・ハイレバレッジでアクティブにトレードする口座
・低レバレッジで安定してトレードする口座

口座を複数持ち、1つの口座での取引戦略だけでなく自分の資産全体でのトレード戦略を組み立てる事が可能です。

XMは追証なしのゼロカットなので思いっきりハイレバレッジで取引する事が可能です。

関連記事:XMのレバレッジは888倍がオススメな理由!実行レバレッジの計算方法まで丁寧に解説

リスクを分散して取引が可能

口座を複数持つ事で資金をリスク分散させる事が可能です。

例えばボラティリティの高い商品はそれだけロスカットされてしまう可能性も高いです。

メインの口座でボラティリティの高い商品と普通の商品の取引をしているとボラティリティの高い商品の影響で全てがロスカットされてしまう可能性があります。

複数口座を持たない場合
100万円→リスクは最大100万円

複数口座を持つ場合
20万円→ボラティリティの高い商品でハイリターン狙いのトレード
80万円→リスクを抑えての取引

取扱商品によって口座を分けることによって全ての資金をリスクに晒す必要がなくこの商品には最大でもこれだけのリスクしか背負わないようにしよう。というようにリスクを限定させる事が可能です。

関連記事:【知らなかったじゃ済まされない!】XMの口座間での資金移動方法とその際の注意点とは

ボラティリティの高いCFD商品もリスク限定で取引が可能

ボラティリティの高い商品として代表的な事例が原油です。

XMではWTIとBRENTの2つの原油商品を取り扱っていますがこれらの商品は大きなリターンを得られる反面ですぐにロスカットされてしまう可能性があります。

ボラティリティの高い商品を取引するのは追加口座開設をしてハイボラリティ専用の口座を作成することをオススメします。

関連記事:原油取引ならXMがオススメ!スプレッドやレバレッジは?

XMPが共有できる

XMで取引をし続ける限り半永久的にもらえる取引ボーナスでもあるXMPは複数口座開設をした場合全ての口座で共有する事が可能です。

追加で口座開設をした場合資金を入金しなくてもXMPを証拠金として換金すればノーリスクでトレードをする事ができます。

このXMPを証拠金として利用して得た利益は上限なく出金する事が可能なので口座開設ボーナスがなくてもノーリスクトレードが可能なのです。

関連記事:XMロイヤルティプログラムとXMPの効果的な利用方法とは?

XMロイヤルティステータスを最短で上げることができる

XMロイヤルティステータスはXMで新規口座開設をしてからアクティブなトレードをしている期間が長いほどステータスが上昇し、1ロットあたりにもらえるXMPが多くなります。

このステータスは上げることによってメリットしかないので最高ステータスのELITEランクまで早急にあげたいものです。

ELITEステータスは口座開設をしてから90日間のアクティブなトレードが必要ですがXMでマイクロ口座を追加口座開設をすることによって最短でELITEランクへ上昇させることが可能です。

マイクロ口座でロイヤルティステータスをELITEまで上げる方法

1:XMでマイクロ口座を追加口座開設をする
2:マイクロ口座で0.01ロット(10通貨)のエントリーをする
3:ポジションを放置する

XMのロイヤルティステータス上昇の条件として『アクティブなトレードをしている日数』とありますがこれはオープンポジション(エントリー中のポジション)も入ります。

マイクロ口座は1ロット=1,000通貨なので10通貨(0.01ロット)の取引から可能です。

マイクロ口座で10通貨のポジションを保有していれば相当な値動きがあってもロスカットされることなくロイヤルティポイントを最短でELITEまで上げることが可能です。

EAの検証が容易になる

複数口座を開設することによってEAの検証も容易になります。

EAの検証をする場合には『バックテスト>デモ口座検証>リアル口座検証』をするのが一般的な流れですがデモ口座とリアル口座の取引環境は違うのでEAの検証は必ずリアル口座が必要になります。

その際にXMで既に口座を持っているのであれば追加口座開設をしてEAの検証用の口座として利用し、EAの純粋なエビデンスをとることが可能です。

関連記事:XMのデモ口座開設方法は?リアル口座との違いやレバレッジの設定方法を紹介

関連記事:【みたい人だけみてください】11ヶ月で258%の利率を出したEAのリアル口座のエビデンスを公開します

追加口座開設のデメリットとは

資金移動する際にボーナスも移動する

XMで追加口座開設をするとその口座に入金もしくは資金移動をする必要がありますが、ゼロ口座に資金移動をする場合はボーナスは消滅します。

またゼロ口座以外にも追加口座開設時にボーナスの受け取りを『希望しない』と選択した口座やキャッシュバック口座開設のリンクから口座を開設した場合ボーナスは移動する事ができません。

あくまでもボーナスごと資金移動する事ができるのはスタンダード口座とマイクロ口座間のみです。

関連記事:【知らなきゃ損する!】XMの複数口座間での資金移動方法とその注意点をまとめてみた

放置すると口座維持手数料がかかる

XMでは最後に取引した日から90日が経過すると毎月5$の口座維持手数料がかかります。

そして口座残高が0になってから90日間が経過すると口座が凍結されます。

追加で口座開設をしすぎて口座が管理できなくなってしまうということもあるので追加口座は必要な分だけ追加するようにしましょう。

※複数口座開設をしていてもどれか1つのアカウントがアクティブであれば口座維持手数料が引かれることや口座凍結になることはありません。

関連記事:XMで口座凍結になる原因と対処法は?

複数口座開設をする際の注意点

複数口座間での両建ては禁止

XMでは複数口座を使っての両建ては禁止しています。XMはボーナスとゼロカットを提供しているので複数口座を開設して同じ商品を同じタイミングで両建てをすればボーナス分だけ利益を得ることも可能です。

しかしこのようなゼロカットとボーナスの盲点を突くような悪質なトレードはXMでは禁止事項として明記されており、判明し次第利益の没収や口座の凍結などの厳格な処分が行われます。

※XMでは同一の口座内での両建て(ヘッジ)取引は可能です。

関連記事:【知らなきゃ損する】XMで禁止されている10のこと

ボーナスは追加口座に新たに付与されることはない

追加口座開設の際にボーナスの受け取りを希望するかどうかを選択することがありますが新たにボーナスが付与される訳ではありません。

XMの口座開設ボーナスは1つのアカウントに対して1回までなので追加口座開設の際にボーナスの受け取りを『希望する』と選択した場合は資金移動の際にボーナスごと資金移動の対象となるということです。

スタンダード口座とマイクロ口座の追加口座開設をする際にボーナス受け取りを『希望しない』と選択した場合、もしくはゼロ口座の場合は資金移動をしてもボーナス分は反映されずに消滅します。

関連記事:XMの3つのボーナス制度と最も効果的に受け取る方法とは?

XM追加口座開設に関するよくある質問

Q:もう使わなくなった口座の解約の方法はどうすればいいですか?

A:XMの会員ページから削除することが可能です。

口座を解約する条件は以下の通りです。
・口座が有効化(本人確認が承認)されている
・出金処理(申請)中ではない
・口座内に残高がない
・オープンポジション(エントリー中のポジション)がない

上記の条件を満たしていないと口座を解約することはできません。また解約するとその中にあるボーナスも全て消滅するのでボーナスが残っている場合には全て使い切ってから口座を解約するようにしましょう。

関連記事:XMの口座を解約する手順を画像で解説

Q:追加口座開設のメリットはなんですか?

A:追加口座開設をすることで以下のような有効的な活用方法が可能です。

・XMロイヤルティステータスを最短で最高ランクまで上げられる
・XMPを共有してボーナスのみで取引が可能になる
・リスクを限定することができる
・レバレッジや商品ごとに口座を分けることができる
・口座タイプごとの違いやMT4とMT5の違いを体感できる

などがありますが詳しくはこの記事の上部から解説しているので再度見直してみてください。

Q:追加口座開設の際に書類の提出は必要ですか?

A:必要ありません。既にXMで口座が有効化されていれば改めて書類を提出する必要はありません。

XMで最初に口座開設をした際に本人確認書類を提出して口座を有効化させていれば追加口座開設の際に書類提出を求められることはありません。

Q:追加口座開設に要する時間はどのくらいかかりますか?

A:30秒程度で追加口座開設が可能です。

XMの追加口座開設はマイページから行われますが全て自動化されているので口座番号やサーバー情報も自動で送られてきます。必要情報を入力して30秒程度で口座情報が届きます。

Q:資金移動の反映はどのくらいの時間がかかりますか?

A:10秒以内に反映されます。

XMで複数口座開設をしている場合、資金移動をすれば全て自動化されているので一瞬で反映されます。

Q:別名義の口座に資金移動は可能ですか?

A:できません。マネーロンダリング防止を徹底しているXMは同一名義の口座にしか資金移動はできません。

自分以外の名義の口座に資金移動をすることはできません。

移動先の口座と移動元の口座名義が一致している必要があります。

Q:XMのロイヤルティステータスはどうなりますか?

A:継続されます。XMロイヤルティステータスは口座ごとではなくアカウントごとに管理されています。

XMロイヤルティプログラムは複数口座開設をしても全ての取引量が合算されてステータスが上昇します。

例えば1つの口座でロイヤルティステータスを『ELITE』まで上げた場合には追加口座開設をすると新たな口座も『ELITE』ステータスから始めることが可能です。

A口座で得たXMPを証拠金に振替してB口座に資金移動をすればノーリスクでボーナスのみでの取引が可能です。

XMの追加口座開設に関するまとめ

XMの追加口座開設をする方法を解説しました。複数口座を持っていると商品ごとにトレードする口座を使い分けられたりレバレッジを変えたりすることができるので資産運用の戦略が多角的になります。

XMPなどを証拠金として換金すればノーリスクでトレードを開始することができるので少額投資家やFX初心者の方こそ追加口座を解説した方がいいと言えます。

XMに慣れてきたら自分の運用スタイルや今後の運用方針を一度再考してみて追加口座開設をするかどうか考えてみてくださいね。

関連記事:XMの口座開設とボーナス受け取るまでの流れを画像で丁寧に解説

海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事