XMのサムネイル














【2021年最新版】XMの評判は?専業トレーダーが11の強みと4つの弱みをぶっちゃける

XMはセーシェルに金融ライセンスを保有する海外FX業者です。

2009年にヨーロッパで誕生してから2020年のこれまで、利用者数は250万人以上にのぼり、日本人が最も利用している海外FX業者といえばXMと言われるほどになりました。

これから海外FXを始めてみようと思う方やFXトレードはなんとなくXMの方がいいと耳にした人に対してXMの評判を調査するとともに管理人が実際に5年間利用してきた上での強みと弱みを徹底的に分析していこうと思います。

星の数ほどある海外FX業者ですがXMがなぜ人気なのか。その秘密に迫っていきたいと思います。

XMの会社概要

会社名XMTrading
創業2009年
会社住所Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprus
金融ライセンスセーシェル金融(FSA)
証券ディーラーライセンス番号SD010
口座開設者数250万口座以上
代表取締役不明
資本金不明
サポート連絡先support@xmtrading.com
対応時間メール(平日24時間)

XMは2009年に設立されてから現在11年目の運営歴を誇る海外FX業者ですが全世界に250万人の利用者を誇ります。日本人が最も利用する海外FX業者で利用者も多いことから公式HPやサポートも完全日本語対応しています。

XMはセーシェル金融ライセンスなど複数保有する

私たちが普段利用しているXMTradingは実はTradingPointという世界的な金融プロバイダーの子会社ブランドです。

親会社であるTradingPointは世界的にも金融ライセンス取得が難しいとされているキプロスの金融ライセンスを取得している他に、オーストラリアやセーシェルなど複数の金融ライセンスを保有しています。

法人名ライセンスライセンス番号登録難易度
Trading Point of Financial Instruments Ltd
(本社)
キプロス証券取引委員会(CySec)

英国金融行動監視機構(FCA)
CySec
(ライセンス番号:120/10)
FCA
(ライセンス番号: 538324)
★★★★
Τrading Point of Financial Instruments UK ltd
(ヨーロッパ向け法人)
英国金融行動監視機構(FCA)FCA
(ライセンス番号:705428)
★★★★
XM Global Limitedベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC) IFSC
(ライセンス番号:60/354/TS/19.)
★★☆☆
Trading Point of Financial Instruments Pty Ltd
(オーストラリア向け法人)
オーストラリア証券投資委員会(ASIC)ASIC
(ライセンス番号:443670)
★★☆☆

上記はXMTradingを運営しているTradingPointの保有する金融ライセンスですがキプロスとイギリスのライセンスは非常に厳格であることで有名です。

日本人は日本の金融庁こそ世界で最高ランクの厳格な機関だと思ってしまいがちですが日本の金融庁のモデルこそがこのイギリスの金融庁と同じ役割を果たしているFCAなのです。

イギリス以外にもキプロスなど世界中に金融ライセンスを持っているというのは会社の実態を調べる第三者が存在しているということで客観的な信頼性はあるということでしょう。

関連記事:XMの金融ライセンスの安全性や評価について徹底解説

XMの安全性

XM金融ライセンス

海外FX業者で日本人が最も利用しているとはいえ、ただサービスがいいだけで利用者が増加している場合には信頼性は一切ないと言えるでしょう。

特に海外FXの場合は金融ライセンス未取得のままどこの誰が運営しているかもわからないFX業者すらもいます。

XMはセーシェルに金融ライセンスを保有しているので金融ライセンス未取得ではありません。

もともとXMは金融ライセンス取得が最難関の1つでもあるキプロスのライセンスを保有していましたがESMA(欧州市場証券監督局)からレバレッジを最大30倍まで低下させ、ボーナスも付与することを禁止するように圧力がかかりました。

そして親会社であるTrading Pointはそのままキプロスの金融ライセンスの下、欧州でFX業者として活躍し、欧州以外の顧客はセーシェルの管轄下に移してこれまで通りのハイレバレッジと豪華なボーナス制度を提供しているというわけです。

関連記事:XMがWorld Finance Awardを3年連続で受賞!今年はオーストラリアでも受賞しました

XMの評判は?

XMの評判

世界最大級のFX口コミサイトFPAでは3.023のまずまずの評価

XMのFPAでの評価

海外FXの世界最大の口コミサイトでもあるFPA(Forex Peace Army)でのXMの評価は3.023とまずまずの評判でした。

FPAとはForex Peace Armyの略称ですが世界中のFXトレーダーがその海外FX業者に対して評価をしているので現場の生の声を聞くことができます。

いい評判しかないということは絶対にないのですがそれでもXMの評価は3.023と比較的高い方と言えるでしょう。このFPAをみて確認するべきことは海外FX業者とはいえ日本人のみを対象にしている海外FXもあります。

このFPAで外国人投資家が口コミを入れていることによって本当にグローバルに活動をしているFX業者かどうかも確認することができるのです。

Twitterでの評判は

XMは後ほど詳しく解説しますが他の海外FX業者と比べてサーバーの台数が非常に多くその数約30台弱あります。世界中に利用者がいますが経済指標や要人発言の際などにチャートが大きく動く際に利用者がサーバーへのアクセスが急増しても一切問題なく約定してくれるという信頼性は非常に高いです。

XMでは国内FXとは違ってどれだけハイレバレッジでマイナス残高を出したとしても追証が一切発生しません。追証やゼロカットについては後ほど詳しく解説しますが、つまり入金額以上の損失が発生する可能性がなく、リスクは最大でも入金額までに限定することができます。

FXで借金になることもなければ最悪の場合失ってもいい金額だけ口座に入れておけばそれ以上の痛手を追う必要がありません。

XMの11の強み

口座開設をするだけで3,000円のボーナスがもらえる

XMでは新規口座開設者に対して3,000円の未入金ボーナスを提供しています。この口座開設ボーナスは全ての新規口座開設者に対して常時開催していますがいつXMがこの口座開設ボーナスを提供しなくなるかは誰にもわからないためなるべく早めに口座開設をしておきましょう。

XMで口座開設ボーナスを受け取る流れは以下の通りです。
・XMで口座開設をする
・XMで本人確認書類を提出する
・口座が承認される
・3,000円の口座開設ボーナスが自動で付与される

XMでやることは口座開設をして本人確認書類を提出するだけです。あとは自動で口座に付与されたボーナスでノーリスクトレードを開始することができます。この口座開設ボーナスは付与されたからといってそのまま出金することはできませんが取引に利用することができます。

取引に利用して得た利益は上限や制限は一切なく現金として出金できます。

・XMの取引環境を体感してみたい
・海外FXは初めてだからMT4の扱い方を知りたい
・XMの888倍のレバレッジで取引してみたい

これらのニーズを持っている人はXMで口座開設をしてボーナスを受け取りノーリスクでトレードしましょう。後ほど解説するようにXMではゼロカットという仕組みを採用していることから3,000円で888倍のレバレッジを最大限利用してマイナス残高(追証)を発生させたとしてもXMが全て負担してくれるため、追加入金を求められたり次回からの入金から補填分を差し引かれることはありません。

正真正銘ノーリスクで3,000円から未入金トレードを開始することができます。

関連記事:XMの口座開設方法とボーナスをもらうまでの流れを画像で丁寧に解説します

最大50万円分の入金ボーナスがもらえる

XMでは口座開設ボーナス以外にも上限50万円分の入金ボーナスを全ての人に常時開催しています。

XMの入金ボーナスは以下の2つの種類があります。
・上限5万円までの100%入金ボーナス
・上限45万円までの20%入金ボーナス

ではそれぞれの入金額に対して100%ボーナスと20%ボーナスがどのように付与されるのか具体的に見ていきましょう。

【入金ボーナスの具体例】
ケース1:XMに5万円を入金した場合
・残高       :5万円
・100%入金ボーナス:5万円
・合計証拠金    :10万円

ケース2:XMに10万円を入金した場合
・残高:10万円
・100%入金ボーナス:5万円
・20%入金ボーナス:1万円(5万円×0.2)
・合計証拠金:16万円

ケース3:XMに50万円入金した場合
・残高:50万円
・100%入金ボーナス:5万円
・20%入金ボーナス:9万円(45万円×0.2)
・合計証拠金:64万円

上記のように、まず入金した金額の上限5万円分までは100%の入金ボーナスがつきます。

つまり最初の5万円までは証拠金が2倍になるのです。

5万円以上の入金額に対しては45万円分のボーナスを受け取るまで何度でも20%の入金ボーナスが付与されます。

XMのボーナスのいいところは初回入金だけでなくボーナスを受け取るまで何度でも追加入金に対してボーナスが付与されところです。

入金ボーナス100%であれば実際に入金する金額を半分にすることで自分のお金をリスクにさらす金額が半分で良くなるのでコンサバ(保守的)にトレードしたい人は現金の入金を減らすことができます。

反対に、資金効率を高めてアクティブにトレードしたい人も資金が2倍になるのでそれだけ大きなロットで高いリターンを狙うことができるのです。

少額投資家も大口投資家も恩恵を受けられるボーナスキャンペーンになっています。

少額からでも資金効率を上げて取引できるほかに未入金のままでも取引が可能なのは海外FXを少額から始めたいという人にはピッタリでしょう。

上記で解説した口座開設ボーナスや入金ボーナスは『キャッシュバックサイト』から登録するともらえないので注意してください。

キャッシュバックサイトとは『そのサイトから登録すれば取引に応じて現金を配りますよ』というサイトです。後ほど詳しく解説するXMロイヤルティプログラムなども対象外となってしまうのでキャッシュバックサイトからの登録はやめましょう。

※このサイトはキャッシュバックサイトではなく、XMと提携しているサイトのためボーナスは全て受け取れます。

関連記事:【知らなきゃ損する】XMの3つのボーナス制度を最大限受け取る方法

取引ごとにたまるロイヤルティポイントは無限に獲得が可能

ロイヤルティプログラム

XMのボーナスの中でも最大のメリットがあるのがこのXMロイヤルティプログラムです。一言で言うのであればXMが提供している取引ボーナスのことであり、XMで取引し続ける以上半永久的に付与される取引ボーナスです。

このロイヤルティプログラムで得た取引ボーナスはXMP(XMポイント)と呼ばれていますが、獲得したXMPは証拠金としてトレードに利用することもできれば現金として出勤することも可能です。

名前に『ロイヤルティ(忠誠)』とついているように、XMで取引している期間が長ければ長いほど1Lotあたりに付与されるXMPが多くなっていきます。

【XMロイヤルティステータスの条件とXMP】

XMPグレード条件XMP/ロット
エグゼクティブリアル口座開設完了10XMP
ゴールド口座開設〜30日以上13XMP
ダイヤモンド口座開設〜60日以上16XMP
エリート口座開設〜100日以上20XMP

口座開設ボーナスや入金ボーナスは現金として出金することができません、またボーナスの上限金額が決まっているため最大限受け取ったらそれ以上ボーナスによって証拠金を倍増させることはできませんがXMPはトレードしている限り半永久的にマイページに付与され続けます。

XMロイヤルティステータスはXMで口座開設をした人すべてのトレーダーが対象です。プログラムの参加にあたってサポートに申請したり何かしらの特別な手続きは一切必要ありません。XMで取引をスタートすればすぐにXMロイヤルティプログラムの開始となりボーナスがマイページに自動的にたまっていきます。

溜まったボーナスはいつでも自由に制限なくマイページから出金したり証拠金として振替することができるので証拠金を倍増させて勝負を仕掛けたり、元本を回収する手助けをしてくれるでしょう。

関連記事:XMロイヤルティステータスを最短でELITEまで持って行く方法とは?

XMのレバレッジは最大888倍

XMのレバレッジ範囲

XMのレバレッジは最大888倍まで選択することができます。FXの醍醐味とも言えるレバレッジですが、なぜ日本人FXトレーダーの多くがXMを利用しているのかといえばこのレバレッジの高さにあります。

国内FXの場合、金融商品取引法という法律によってレバレッジは最大でも25倍までしか提供してはいけないというルールがあるため国内FX業者は最大でも25倍までしかレバレッジを提供することができません。

しかしXMの場合、レバレッジは最大で888倍まで選択することができます。レバレッジが高いことによって少額からでも大きなリターンを狙うことが可能になります。

例)10万円の入金の場合
国内FX(レバレッジ25倍)→最大で250万円分の取引が可能
XM(レバレッジ888倍)→最大で8880万円分の取引が可能

つまりレバレッジが高いということはそれだけ大きな金額の取引を可能にします。同じ1.0pipsの値動きでも取引している金額の大きいXMの方がリターンが大きくなるのは明白です。

この記事をご覧になっている方の中にはこれまで国内FXで活躍してきた方もいるかと思います。これまで25倍のレバレッジで取引してきたのにいきなり888倍のレバレッジで取引するのは怖いという人はレバレッジを引き下げることも可能です。

あくまでもXMは最大888倍のレバレッジで取引することが可能なだけであり、レバレッジは最低1倍に設定することも可能なのです。

後ほど詳しく解説しますがXMには追証がないのでハイレバレッジで取引しても失うのは最大でも入金額までです。国内FXで追証に怯えているくらいであればXMで25倍のレバレッジにして追証なしの取引環境でトレードする方がよほどトレードに柔軟性と勢いが出るでしょう。

関連記事:XMのレバレッジが888倍が絶対お勧め!その理由と根拠をわかりやすく解説

XMは追証なしのゼロカット

ゼロカットの仕組み

XMが日本人利用者に大変人気を誇っているのはXMがゼロカットを採用しているからです。ゼロカットを採用していることによってどれだけハイレバレッジで追証を発生させたとしてもマイナス分は全てXMが負担してくれます。

国内FXの場合はレバレッジと同様に金融商品取引法にて『FX会社が顧客のマイナス残高を補填することを禁止』していますが、XMは日本の法律に制限されることはないため顧客のマイナス残高を補填しても違法ではないのです。

つまりXMを利用している以上ゼロカットとなりどれだけマイナス残高を発生させても追証を請求されることはありません。口座残高がマイナスになっても残高を0にリセットしてくれるためXMが888倍のレバレッジを提供していても利用者としてはハイレバレッジだからと言って危険ではありません。むしろメリットづくしです。

国内FXを利用している人はロスカットされて運用資金を失っただけでなくさらに追証という形で入金を迫られます。またこの追証というのも法的に支払い義務があるのですから最悪の場合裁判沙汰になる可能性があります。

少額からFX取引を始めたい人や入金額以上に損失を出したり借金をしたくないという人は、そもそも追証を発生させない取引環境でFXをするのが一番です。

関連記事:XMでマイナス残高がリセットされない時の原因と対処法を丁寧に解説

NDD方式を採用しているためスキャルピングもEAもOK

NDD方式とDD方式

XMはNDD方式を採用しています。

NDD方式とは
”No Dealing Desk(ノーディーリングデスク)”の略称で、FXトレーダーとカバー先の間にディーラーを介さないことによってFX業者と私たちの関係値はWin-Winの関係になります。透明性の高い取引として海外FXのスタンダードとなっています。
DD方式とは
”Dealing Desk(ディーリングデスク)”の略称でFX業者の内部にいるディーラーが私たちの注文をカバー先に流すか自社で呑むかを判断します。このディーラーが私たちの注文を呑んでいる場合、利益が相反するため『スリッページ』『リクオート』『出金停止』などの意図的な介入が入る可能性があります。DD方式はFX業者とその利用者の関係が完全ブラックボックスなのです。国内FX業者のほとんどがこのDD方式を採用しています。

NDD方式やDD方式という言葉を聞いたことや馴染みのない人もいるかもしれません。簡単に言えば『FX業者が注文をどのように処理するかの違い』を表現しています。

NDD方式を採用している場合、私たち利用者が出した注文はFX会社がインターバンク市場にそのまま流すことで手数料を得ています。つまりFX会社としては利用者が勝ち続けてくれて取引をしてくれた方が手数料が発生し続けるため利用者が勝ちやすいようにサービスを向上させようと頑張ります。

しかしDD方式(相対取引)の場合、利用者とFX会社の利益は不一致となるため、利用者の利益はFX会社の損失となります。FX会社としても損失を出すわけにはいかないので勝っている利用者に意図的な介入を行いリクオートや約定拒否、スリッページやサーバーダウンなど意図的に介入を行い負けさせなければ自社の不利益になってしまうのです。

XMはNDD方式のためどれだけ勝ったとしてもXMとしては手数料がずっと入り続けるためなんら問題はないのです。NDD方式で手数料が主な収益になっているため売買頻度の高いスキャルピングやEAでの取引も可能です。

自分が利用するFX業者との利害が相反するところをわざわざ利用する必要はありません。

実際、国内FX業者のほとんどがDD方式(相対方式)を採用していると言われていますが、XMを利用している以上私たちが勝ち続けることはXMにとっても手数料が入り続けることなので良好な関係でい続けることができるのです。

EAトレードもOK

ロボット/オートトレーダーまたはエキスパートアドバイザーを使用できますか

XMは裁量取引だけでなくEAでの取引も可能です。EAとはExpartAdvisor(エキスパートアドバイザー)の略称で自動売買システムのことですが、XMはMT4を採用しており、かつNDD方式でもあるため売買頻度の高いEAを制限する意味はありません。

上記の画像はXMでEAトレードが可能かどうかに対するXMからの返答ですが、丁寧にEAの設定方法まで解説してくれています。

私もXMでEAトレードをしてきましたがSTP方式のスタンダード口座だけでなくECN方式のゼロ口座でもEAトレードができるのはXMならではの特徴です。

スキャルピングもOK

スキャルピングを認めていますか?

XMはNDD方式であるためスキャルピングを禁止していません。スキャルピングのように短期間に売買を繰り返すようなトレードの方がXMにとってもそれだけ手数料が発生するので自社の利益が膨らみます。

国内FXの場合はスキャルピングをされてしまうとディーラーが注文を捌くことができずパンクしてしまうためスキャルピングを禁止していますがXMのNDD方式は全てサーバーが自動的にカバー先へと発注しディーラーも介在しないのでパンクすることがないのです。

関連記事:XMのスキャルピングは少額投資家にしか向いていない理由とは?

全注文の99.35%が1秒以内に執行される約定力

XMの公式イメージキャラクターを務めていた陸上世界記録保持者のウサインボルト氏を採用したのはXMが高速で約定するということをアピールするためでした。

XMでは全注文の99.35%が1秒以内に執行されていますがサーバーの強度や約定速度の速さは業界でもダントツです。

XMの約定力が強い理由としてはサーバーの数が他の海外FX業者よりも圧倒的に多く、MT4においては10個以上のサーバーを提供し、それとは別にMT5のサーバーも提供しています。

サーバー数が豊富であることからどれだけ多くの利用者がログインしたとしてもサーバーダウンやサーバーの遅延が起きずらくなっています。

経済指標発表時や取引高が大きくなる夜の22時〜翌2時までのゴールデンタイムでは多くのトレーダーがサーバーにログインするためサーバーダウンが起こると多くの利用者が追証に巻き込まれてしまいますがXMではサーバーが強いので取引に支障が出るようなことはありません。

ロスカット水準が20%と低い

XMのロスカット水準は証拠金維持率が20%を下回るまで発動されることはありません。これは世界中の海外FX業者を見渡してもロスカット水準はかなり低いです。

通常国内FXであればロスカット水準は50%〜100%に設定されており、海外FXの相場としては20%〜50%です。海外FX業者の中にはロスカット水準0%を設定しているところもありますが、そのようなFX会社はレバレッジはせいぜい400倍程度です。

XMがゼロカットで追証が発生しない以上、ロスカット水準が低くてデメリットになることは一切ありません。ロスカット水準が低いことによって『レバレッジギリギリまでトレードすることが可能』になったり『ロスカットギリギリの含み損まで耐えることができる』のですから初心者から上級者までロスカットが低いことによるメリットを享受することができます。

Bitwallet入金に対応している

Bitwallet

XMはビットウォレット入金を提供しています。昨今多くの海外FX業者がビットウォレットとの提携を解除している中でXMがビットウォレットを提供してくれているのは私たち利用者にとっても入出金手数料のコストを節約することができ、かつ入出金手段に困ることはありません。

ビットウォレットとは
シンガポール法人『Bitwallet.PTL.LTD』が運営するオンラインウォレットです。オンラインウォレットというのはインターネット上にある財布のことですが銀行の窓口に行かなくても携帯やパソコンからいつでも海外FX業者に入出金することができます。

・口座開設費:無料
・口座維持費:無料
・出金手数料:一律824円以下

ビットウォレットは全てのクレジットカードブランドに対応しているためXMの入金手段でもあるVISAやMASTER以外のクレジットカードを使ってXMに入金したいという人でもビットウォレットを経由することによってスムーズに入金することが可能です。

またビットウォレットと提携している海外FX業者同士であれば、業者間資金移動もビットウォレットを経由することによって手数料は一切無料のまま資金を移し変えることができます。

今後XM以外の海外FX業者を利用する予定のある人はビットウォレットの口座を最低1つは保有していた方がいいでしょう。

またビットウォレット入金であればXMと1対1での入出金のやりとりになるため透明性が高く安心です。XMは国内銀行送金や海外銀行送金、そしてクレジットカード入出金に対応していますが、どれも私たち利用者とXMの間に第三者が介入してきます。

これでは何か問題が起きた時に責任の所在が不明確になったり、入出金の反映が遅いといった場合にもどこでつまづいているのか把握することができません。ビットウォレットを利用してXMと直接的に入出金のやりとりをすることで入出金手数料が無料でかつ迅速な入出金が可能となります。

関連記事:Bitwalletの口座開設方法を画像でわかりやすく解説してみた

豊富な商品数

XMはFX通貨ペア以外にもコモディティ(商品)や株式指数、貴金属やエネルギーなどの多彩な商品ペアも提供しています。

【XMが提供する各商品ペアの取り扱い数】
・FX通貨ペア:57種類
・コモディティ:8種類(ココア,小麦,コーヒー,砂糖など)
・株式指数 :18種類(日経225,NASDAQ,ダウジョーンズなど)
・貴金属  :2種類(ゴールド,シルバー)
・エネルギー:5種類(ブレント原油,WTI原油,天然ガスなど)

FX通貨ペア以外にも上記の多彩な商品がXMの口座1つで取引することが可能です。特にゴールドや原油商品はFX通貨とは異なりハイボラティリティ(値動きが大きい)のでアクティブに利益を重ねていきたいという人にはスリリングで楽しいでしょう。

もちろんこれらの商品全てゼロカットなのでどれだけハイボラティリティの商品をハイレバレッジで取引してマイナス残高を出しても追証を請求されることは一切ありません。

FX通貨ペアの値動きだけでは満足できないという人はXMでゴールドや原油などの値動きの激しい商品をリスク限定でリターンを最大にして取引してみるのがいいでしょう。

関連記事:原油取引ならXMがベストである理由とは?他の海外FX業者と取引条件を徹底比較してみた

MT5に対応している

MT5の特徴

XMの取引プラットフォームはMT4とMT5に対応しています。

MT4に対応している海外FX業者はたくさんありますがMT5を導入しているのは大手海外FX業者ばかりです。(おそらく導入コストがかかるため小規模な海外FX業者では無理なのでしょう)

MT4とは
MT4とはロシアのメタクオーツ社が提供するFX専用取引プラットフォームです。MT4を利用することによって自動売買システムの開発や販売、インジケーターの独自開発や販売が可能です。またプロトレーダーも利用するインジケーターがセットで入っているので完全無料でテクニカル分析ツールを利用することができます。

MT5とは
MT5は同じくロシアのメタクオーツ社が提供するMT4の上位互換バージョンのようなものだと思ってください。2010年にリリースされてから大手海外FX業者が採用していますが近年アップデートの回数や取扱商品などでも裁量トレーダー向けの取引プラットフォームがMT5といえます。

MT4とMT5の違いとは

 MT4MT5
スピード普通早い
時間足9種類21種類
気配値わかりやすい
使いやすい
両建て可能可能
(2016年5月から)
ワンクリック注文
ストラテジー
テスター
カスタム
インジケータ
豊富
EAの数豊富
仮想通貨取引×
(FX業者による)
株式取引×
(FX業者による)
指標CFD
貴金属
対応業者ほぼ全て一部海外FX業者

XMで口座開設をする際に取引プラットフォームをMT4にするかMT5にするか選択する必要があります。特に違いがわからないという場合はMT4を選択しておけば問題ありません。実際にXMでMT4を利用してみて使いにくいと感じたのであれば後から追加口座開設をしてMT5に切り替えれば問題ありません。

強いていうならMT4はどちらかというとEAを使ってトレードがしたい人向けでありMT5はガチガチの裁量トレーダー向きなので自分の取引スタイルに合わせて選択することをお勧めします。

関連記事:XMの追加口座を作成する方法と複数口座を利用するメリットとは

サポートが日本語対応している

XMでは平日24時間いつでも日本人サポートを実施しています。

もちろん問い合わせも日本語のままで一切問題ありません。XMが海外FX業者とはいえ現地の日本人スタッフが常駐してサポートに対応してくれているため言語による障壁は一切ないといっても過言ではありません。

XMのサポート連絡先
サポート連絡先:support@xmtrading.com
サポート営業時間:平日24時間

XMのライブチャット連絡先
ライブチャット:XMの公式HPから
サポート営業時間:平日24時間

関連記事:XMのライブチャットとは?問い合わせ方法やライブチャットを利用するメリットを解説します

XMの4つの弱み

スプレッドは広め

XMのスプレッドは特別狭いということはできませんが広いというわけでもありません。海外FX業者の中では平均的と言えますがドル円スプレッドは平均1.6Pips程度です。

スプレッドは変動制でドル円の平均スプレッドはスタンダード口座で1.6Pips、ゼロ口座で1.1Pips程度となっています。

国内FXを利用していた人からするとスプレッドを広く感じますし、スプレッドだけを考える場合は他の海外FX業者の方が狭いスプレッドを提供しているところもあります。

関連記事:XMのスタンダード口座とマイクロ口座の違いとは?どんな人にオススメ?

関連記事:XMのゼロ口座のメリットデメリットを徹底解剖!

200万円以上はレバレッジ200倍に制限される

XMレバレッジ制限

XMはNDD方式のため一定の証拠金に達するとレバレッジ制限がかかります。というのもレバレッジを提供しているのはカバー先もしくはFX業者なのであまりにも大きな金額にハイレバレッジを提供してしまうともしマイナス残高を発生させた場合にゼロカットで補填する金額が大きくなってしまいます。

XMではボーナスも含めて200万円以上の証拠金に達するとレバレッジは200倍に制限されるのでもしレバレッジを制限されずに取引をしたい場合には出金をして証拠金を200万円未満にすればレバレッジは引き続き888倍で取引をすることが可能です。

出金手数料が高い

XMから出金する場合にはBitwalletもしくは海外銀行送金にて出金をする必要がありますが海外銀行送金の場合は出金手数料が4,000円〜5,000円程度かかります。

出金手数料なども考えるとこまめに出金することができないので利益は口座においておく必要がありトレードをしている間リスクにさらすことになります。

しかしBitwalletであれば出金手数料無料で即日出勤されるのでおすすめです。Bitwalletのアカウント1つ持っていればこまめに出金しても手数料は0円のままですし、そのまま出金するとしても一律824円の手数料しかかからないのでBitwalletを持っている人はBitwalletを利用しての出金にしましょう。

関連記事:XMの出金方法と出金できなくなる前に知っておきたい出金ルールを徹底解説

休日のスプレッドが高いためロスカットの危険性

XMの弱みとして休日のスプレッドが開くことが挙げられます。XMはNDD方式なのでインターバンク市場が休みの期間は市場参加者が非常に少ないのでスプレッドがワイドになっています。

スプレッドがワイドになってるためあまりにも含み損が大きいと休日のスプレッドでロスカットになることもあります。金曜日の夜に両建てをして証拠金維持率を保ったとしてもスプレッドがワイドになることによってロスカットが発動される可能性があります。

XMのみならずFXを利用する場合には含み損を持ちすぎないように注意するようにしましょう。

XMの評判まとめ

XMは日本において最も有名で信頼性のある海外FX業者ですが2009年から営業を開始し11年目の実績を誇るFX業者です。

888倍のレバレッジと追証なしのゼロカットは海外FX初心者の方でも安心して利用することができますし、取引ボーナスや入金ボーナスは中上級者も満足できる制度になっているでしょう。

XMは日本人利用者も多いため何か問題があればツイッターなどでリアルタイムで検索できるので日本人利用者が多いこともXMを利用するメリットとも言えるでしょう。


海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事