XMのストップレベルが高い!その影響と注意点とは














XMのストップレベルは広い?その影響やデメリットをわかりやすく解説

ストップレベルという言葉はFXを始めてばかりの場合はなかなか身近に感じることがなくあまり意識されないポイントです。

しかしスキャルピングトレーダーや専業トレーダーにとってはこのストップレベルが狭いのか広いのかはFX業者を選択する際に非常に重要な指標になってきます。

今回はストップレベルとは何か、それによってどんな影響があるのかという基礎知識からXMのストップレベルを他の海外FX業者と比較しながら丁寧にわかりやすく解説していきます。

XMのストップレベルとは何か

そもそもストップレベルとは?

ストップレベルとは指値(エントリー予約)や逆指値(決済予約)などを入れる際にある程度の間隔がなければ注文が通らないということです。

具体的にいうとストップレベルが1.0Pipsであれば現在のレートから1.0Pips以上離れた場所にしか指値や逆指値を入れることができないということです。

言い換えればストップレベルが1.0Pipsの場合、現行レートから1.0Pips未満では現在の保有ポジションや新規ポジションを入れ直すことができないのです。

ストップレベルが高いことによる影響

ストップレベルが高いことによる影響はとっさの判断をしいられるスキャルピングトレーダーに顕著に影響します。

例えばあと1.0Pips逆行したら損切りをした方がいいなと感じた場合、ストップレベルが1.0Pips以上になっているとずっとチャートをみて手動で損切りを入れなければいけません。

損切りだけでなく利確のシチュエーションでも同じことが起こります。例えばエントリーポイントから5.0Pips下落したら反発されるだろうと予期していたところ以外にも4.0Pipsで反発したとします。

そしてエントリーポイントから4.0PipsにTP(利確ライン)を入れようとしてもストップロスが広ければ新しいTP(利確)やSL(損切り)を入れることができないのでチャートに縛られる状態になります。

トイレにもいけなければ複数口座を扱っている人にとってはその口座に縛られるのでトレード戦略を柔軟に持つことができないのです。

ストップレベルは通貨ペアによって異なる

ストップレベルは通貨ペアによって異なります。基本的にはマイナー通貨であればあるほどストップレベルは広くなります。

自分が取引している通貨ペアがマイナー通貨なのかどうかはドル円とユーロドルを基準にしてどれだけスプレッドが開いているかで判断しましょう。またマイナー通貨でなくてもボラティリティ(値動き)の大きいFX通貨ペアや商品もストップレベルは広くなる傾向にあります。

XMは口座タイプによってのストップレベルに違いはありませんが商品ペアによってストップレベルが異なることは頭の片隅にでも入れておくようにしましょう。

XMのストップレベル一覧

メジャー通貨のストップレベル

通貨ぺあ日本語名ストップレベル
USDJPY米ドル/円40(4.0pips)
EURUSDユーロ/米ドル40(4.0pips)
EURJPYユーロ/円54(5.4pips)
GBPJPYポンド/円108(10.8pips)
GBPUSDポンド/米ドル52(5.2pips)
AUDJPY豪ドル/円99(9.9pips)
AUDUSD豪ドル/米ドル50(5.0pips)

その他メジャー通貨のストップレベル

商品ペアストップレベル
AUDCAD160
(16.0pips)
AUDNZD210
(21.0pips)
CADCHF180
(18.0pips)
CADJPY100
(10.0pips)
CHFSGD280
(28.0pips)
EURCAD140
(14.0pips)
EURHUF600
(60.0pips)
EURNZD220
(22.0pips)
EURPLN540
(54.0pips)
EURSGD140
(14.0pips)
EURTRY300
(30.0pips)
GBPCAD200
(20.0pips)
GBPNZD360
(36.0pips)
GBPSGD340
(34.0pips)
NZDCAD180
(18.0pips)
NZDCHF200
(20.0pips)
NZDJPY140
(14.0pips)
NZDSGD80
(8.0pips)
NZDUSD140
(14.0pips)
SGDJPY52
(5.2pips)
USDCAD520
(52.0pips)
USDHUF700
(70.0pips)
USDPLN140
(14.0pips)
USDSGD280
(28.0pips)
USDTRY260
(26.0pips)
EURDKK260
(26.0pips)
EURHKD520
(52.0pips)
EURNOK620
(62.0pips)
EURSEK560
(56.0pips)
EURZAR2580
(258pips)
GBPDKK600
(6.0pips)
GBPNOK1460
(146pips)
GBPSEK1400
(140pips)
USDDKK340
(34.0pips)
USDMXN1030
(103pips)
USDNOK780
(78.0pips)
USDSEK820
(82pips)
AUDCHF160
(16.0pips)
CHFJPY120
(12.0pips)
EURAUD62
(6.2pips)
EURCHF50
(5.0pips)
EURGBP738
(73.8pips)
EURRUB160
(16.0pips)
GBPAUD178
(17.8pips)
GBPCHF50
(5.0pips)
USDCHF50
(5.0pips)
USDCNH26
(2.6pips)
USDHKD456
(45.6pips)
USDRUB456
(45.6pips)
USDZAR206
(20.6pips)

XMのエネルギーのストップレベル

商品日本語ストップレベル
OILMinWTI原油ミニ10(1.0pips)
OILWTI原油10(1.0pips)
BRENTブレント原油10(1.0pips)
NGAS天然ガス70(7.0pips)
GSOILロンドン経由200(20.0pips)

XMの貴金属のストップレベル

商品日本語ストップレベル
GOLDゴールド100
(10.0pips)
SILVERシルバー140
(14.0pips)

XMの株式指数のストップレベル

商品ストップレベル
NETH25Cash1
SINGCash1
US500Cash1
POL20Cash3
UK100Cash3
US100Cash3
AUS200Cash4
EU50Cash4
FRA40Cash4
GER30Cash4
GRE20Cash4
SWI20Cash4
US30Cash5
JP225Cash10
CHI50Cash15
SPAIN35Cash15
HK50Cash20
IT40Cash30

XMの商品先物のストップレベル

商品ストップレベル
COCOA14
COFFE0.002
CORN0.06
COTTO0.01
HGCOP0.01
SBEAN0.02
SUGAR0.002
WHEAT0.02

XMのストップレベルを他の海外FX業者と比較してみる

XMのストップレベルを他業者と比較検証

 XMFXDDGEMFOREX
USDJPY4.0pips1.0pips2.0pips
EURUSD4.0pips1.0pips2.6pips
EURJPY5.2pips1.0pips2.7pips
GBPJPY10.8pips1.0pips5.4pips
GBPUSD5.2pips1.0pips2.6pips
AUDJPY9.9pips1.0pips5.0pips
AUDUSD5.0pips1.0pips2.5pips

上記のようにXMのストップレベルは他の海外FX業者と比較しても広い傾向にあります。

XMはスキャルピング向きの口座としてゼロ口座を提供していますがそれでも売買手数料は10$/ロットかかるのでXM全体としてスキャルピング向きのFX業者とは言えません。

XMはどちらかというとデイトレーダーやスイングトレーダー向きの業者ということができるでしょう。

関連記事:XMのボーナス制度を徹底まとめ

XMのストップレベルまとめ

XMのストップレベルは他の海外FX業者と比べて2倍〜4倍近く高いことがわかりました。

ストップレベルが高いため急なトレード戦略の変更(利確位置や損切りの位置の調節)をする場合には手動で行う必要があります。

XMでスキャルピングをする人はストップロスの値をしっかり頭の片隅に入れてトレードをするようにしましょう。


海外FX業者の比較はこちら
おすすめの記事